健康

皮膚の乾燥対策 子どもの場合

投稿日:

fd879d06
我が家は戸建住宅ですが、24時間全館空調を使用しているので
冬は乾燥がひどいです。加湿器は常にフル稼働状態でも、
湿度40%前半がマックスです。

悩みはやはり皮膚の乾燥。特に子どもですね。
子どもはみずみずしいお肌を持っているけれど、皮膚がうすいせいか、
すぐにカサカサになってしまうのですよね。

本人たちは今のところなんとも思っていないようですが、
親としてはなんだか可哀相にみえてしまうのです。

皮膚の乾燥対策として、うちでは以下の4点を気をつけています。
特に就寝前の乾燥ブロックが大切です!

1)部屋がどんなにポカポカでも長袖長ズボンを着用して、
皮膚を直接露出しないこと

2)お風呂上りにすぐに保湿剤をつけること。
お風呂上りにまだ肌に水分が少し残っている状態で
しっかりすりこむのがポイントです。
うちは子どもが3歳1歳とやんちゃざかりでじっとしてないので、
クリームはあきらめてローションをさーっと塗って、逃げてしまう
子どもを追いかけっこするようにして遊びながらすり込んでいます。

3)寝床の近くに洗濯物を干す。
お部屋に干すだけではなく、ベビーベッドの
近くや枕元にハンガーをかけておくだけで
朝起きたときの感触がだいぶ違います。

4)モンステラなど肉厚な葉の観葉植物をおいておく。
お水やりをすると、土から自然に水分が葉に行き、
また蒸発するので、結露などになりにくい。

いかがでしょう? 皆さんも実行してみてくださいね。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

栄養バランスを考えるよりまずは、品目を増やすことを考えよう

バランスよく食べ物を食べるということは 重要で、中性脂肪が高い人等は、栄養バランスを 意識する必要があります。 栄養素別に分類すると6つの基礎食品群と いうものがあります。 1.たんぱく質 摂取目安1 …

ほぐれっち

体のコリの悩みに「ほぐれッチ」通販 ~体をほぐす~

体がこってしかたがない、体全体が 硬くなって困っている人は結構多いと 思います。 一時的なものなら湿布を貼ってとかで 対策も出来ますが、慢性的なものだと どうしようもなくて参っていたりすることも ある …

no image

妊娠に 青汁から「葉酸」「鉄分」「カルシウム」を摂取

きっかけは一人目の妊娠でした。 元々「葉酸」が妊娠初期にはとても重要であるという 情報は知っていましたが、サプリで補えばいいやくらいの 気持ちでいました。 しかしつわりが思った以上にひどく、食事もまと …

no image

緑黄色野菜の抗酸化物質が動脈硬化に効く

細胞の酸化を防ぎ、動脈硬化を予防することが できる効果があるのが抗酸化物質というものになります。 この抗酸化物質として有名なものがビタミンC、 ビタミンE、ビタミンAを摂取できる緑黄色野菜に なるので …

no image

節電して熱中症になってはシャレになりません

2013年もまだまだ猛暑が続くということが わかってきました。 この夏の暑さ、みなさんも実感して ヤバさがわかっていますよね? 猛暑が危険なのは、家や建物の中であっても 変わりません。 ちょっと暑くて …

アーカイブ