健康

皮膚の乾燥対策 子どもの場合

投稿日:

fd879d06
我が家は戸建住宅ですが、24時間全館空調を使用しているので
冬は乾燥がひどいです。加湿器は常にフル稼働状態でも、
湿度40%前半がマックスです。

悩みはやはり皮膚の乾燥。特に子どもですね。
子どもはみずみずしいお肌を持っているけれど、皮膚がうすいせいか、
すぐにカサカサになってしまうのですよね。

本人たちは今のところなんとも思っていないようですが、
親としてはなんだか可哀相にみえてしまうのです。

皮膚の乾燥対策として、うちでは以下の4点を気をつけています。
特に就寝前の乾燥ブロックが大切です!

1)部屋がどんなにポカポカでも長袖長ズボンを着用して、
皮膚を直接露出しないこと

2)お風呂上りにすぐに保湿剤をつけること。
お風呂上りにまだ肌に水分が少し残っている状態で
しっかりすりこむのがポイントです。
うちは子どもが3歳1歳とやんちゃざかりでじっとしてないので、
クリームはあきらめてローションをさーっと塗って、逃げてしまう
子どもを追いかけっこするようにして遊びながらすり込んでいます。

3)寝床の近くに洗濯物を干す。
お部屋に干すだけではなく、ベビーベッドの
近くや枕元にハンガーをかけておくだけで
朝起きたときの感触がだいぶ違います。

4)モンステラなど肉厚な葉の観葉植物をおいておく。
お水やりをすると、土から自然に水分が葉に行き、
また蒸発するので、結露などになりにくい。

いかがでしょう? 皆さんも実行してみてくださいね。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

肩こりに半身浴はNG!?

雑誌でもう肩こりを我慢したくない!というような コラムを見つけて何気なく読んでいたところ、 こんな内容が書いてありました。 半身浴は肩~クビが冷えて筋肉が緊張してしまい 逆効果。 あごまで浸かるか、温 …

no image

基礎代謝の低下

同じ量しか食べていないのにどんどん太っていく、 全く痩せる気配がない・・・。 これらは基礎代謝の低下から起こっていることが 考えられます。 基礎代謝のピークって知っていますか? なんと15歳~17歳の …

no image

質の良い睡眠は、美容と健康の要

美容と健康にかかせない要素はたくさんあると思います。 睡眠・食事・運動どれも大切ですが、中でも睡眠は1日 の疲れを心身共に回復する力を持っています。 睡眠によって細胞分裂が盛んになり、昼間活発に働く …

no image

赤ちゃんの便秘と原因

赤ちゃんにはいろいろな健康トラブルがあり、 まだ体がデリケートな状態のためいろいろと気になる ところがあります。 その中でも身近なトラブルとしては「便秘」というものが あります。 赤ちゃんの場合、どれ …

no image

漢方製薬会社の青汁

いろいろな企業が青汁を販売しています。 健康食品を開発販売している企業は、青汁に目をつけることが 多いと考えられます。 山本漢方製薬株式会社は漢方の会社ですが、病気を未然に 防ぐということを目的として …

アーカイブ