美容

肌をいかに若く保つか

投稿日:

026812
食事療法、高い化粧品、美容液などを使うという方法も
あるかと思いますが肌を若く保つ為のポイントは水分です。

年齢を重ねていくと水分が失われるなどという話
はよくみなさん耳にするだろうかと思うのですが
まさにその通りで、水分がなくなるイコール肌の
キメが荒くなる、シワ、ほうれい線がでてくるという結果に
なってしまいます。

高額な金額を出してセラミドを保持したりという方法は、
やはり一部のセレブさんにしかできませんし、
手軽に、なおかつ簡単に肌を若く保つ方法を
みなさん探しているかと思います。

私もそのうちの一人なのですが、水分を保つ為の方法として、
皮膚科に相談して、自分の肌に適した薬を処方してもらう、
これが一番お金がかからない方法だと私は思います。

それと肌に合った化粧水をたっぷり使いとにかく
肌をうるうるに保つことです。

いろいろ試してきた結果はその結果にたどり着きました。
水分が足りないとシミも出ますし、粉が肌の表面に出ていて
見た目も悪いですしね。

外から水分補給ももちろん、体の内部から水分を肌に保てるような
体をつくることも若さを保つ秘訣かと思います。

新陳代謝を上げるためにサウナへ通ったりもしましたが
やはり体を動かし汗をかかないと肌の活性化には繋がらないと
いうこともわかりました。
面倒くさくても運動したりしないといけないものなのです。

adsense

adsense

-美容

執筆者:

関連記事

no image

乾燥肌対と体

乾燥するこの季節、ボディークリームや化粧水は 私の生活には欠かせません。 お風呂から上がったあと顔のツッパリが大変で 化粧水を一回つけ、ドライヤーをしたあとにも 化粧水は欠かせません。 ボディークリー …

no image

基礎化粧品をより効果的に使用する方法

現在では日本産だけでなく、世界中のすばらしい美肌に効 果的な基礎化粧品がインターネットやデパート、 ドラッグストア、通信販売等で簡単に手に入れる事ができるようになりました。 そしてそれらの基礎化粧品に …

no image

レーザー脱毛で美しい素肌作り

最近はショートパンツやミニスカートなど、 肌を見せるファッションが流行しているので、 毎日の無駄毛処理は欠かせないケアとなっています。 また室内の空調がきいている為、真冬でも薄着になる 機会が多く、無 …

no image

花嫁のラストスパートに、お家で美顔器

挙式前の花嫁にとって、1~2か月前は1日1日が美への真剣勝負。 中でも、一番注目を浴びる「お肌」のお手入れは、絶対に手を抜けませんよね。 「今は調子がいいけれど、直前で荒れてしまったらどうしよう」など …

no image

肌本来の力を最大限に引き出す方法

美しくなりたいと願う反面、私たち女性の肌は何もせずに 放って置くとどんどん劣化してきます。 劣化に負けないようにするには、肌には本来の力があるので、 失われつつあったり、眠っている肌の力を最大限に呼び …

アーカイブ