健康

上手な病院の選び方

投稿日:

009640
薬剤師からのアドバイスです。

色々な病院の前で働いていると医師の良し悪しも見えてきます。
この先生、やめた方が良いかも・・・と思っても患者さんに
直接は中々言えませんが、何例かご紹介したいと思います。

1.慢性疾患なのに処方日数が14日
総合病院では長期処方は当たり前ですが、個人の診療所ではお願いしても
何だかんだと短期の日数しか処方してくれないことがあります。

お医者さんも商売ですから、個人のクリニックではどうしても
回数を稼ぎたい心情は仕方ありません。ですが、高血圧で症状が
安定している場合などは28日分は処方してくれても症状の急変はないでしょう。

雇われのお医者さんでも、クリニックではお給料が歩合制のことも
あるのでやたらと少ない日数で受診を勧めてくる場合は商売っ気が強いでしょう。

ただ、この場合は商売人なだけで直接腕が悪いといったわけではないので
時間とお金に余裕があれば問題ないと思われます。
医療費がパンクしそうな日本経済を考えると良くはありませんが。

2.大きな病院を紹介してくれない
一人で最後まで責任をもって治療する、と言えば聞こえは良いですが、
個人のクリニックではお医者さんの腕に関係なく限界はあります。
本当の名医はいち早く病状を見極めてくれる人でしょう。
自分の手には負えないから、総合病院を紹介するなどとすぐに言われれば
責任感のないお医者さんと思われるかもしれません。
しかし、手遅れになる前に回してくれる良心的な意医師なのです。

③薬をやたらと使う
強い薬を出してくれると確かに症状はすぐ良くなりますし
名医との評判がたちます。
しかし薬剤師の立場からみると大変危険です。
例えば大したことのない風邪で抗生剤を使い続けた子供。耐性が出来てしまい、
いざ症状がひどくなったとき既に薬が効かなくなることがあるのです。
本当に患者さんのことを考えるならば、本人の免疫を最大限
活かしてあげることが大切でしょう。

以上の点に気を付けてお医者さんを選んでください。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

明日葉の青汁

ここでは、明日葉の青汁がどれくらいあるのか見てみましょう。 明日葉一筋で40年のあしたば本舗では「あしたば青汁みどり」を販売しています。 伊豆諸島の契約農家で、無農薬栽培をされた明日葉を使っています。 …

no image

ヤクルトの青汁

ヤクルトといえば、乳製品のイメージが強いかもしれません。 実はヤクルトでも、青汁を販売しています。 ヤクルトは他メーカーと比較した場合、価格面でお得商品となっています。 「ヤクルト青汁のめぐり」という …

no image

中性子治療が新たながん治療の切り札となるか

がん細胞だけを狙い撃ちして破壊する先端技術「ホウ素中性子捕捉療法」 (BNCT)が、本格的な普及に向けて動き出したという記事を見ました。 今までも重粒子線というものを使った治療は行われていたそうですが …

no image

ファーストフードはダイエットにNG

ファーストフード、おそらく嫌いな人は そんなにいないと思います。 このファーストフード、なんとか 普通に食べながらもダイエットできる方法が ないかと調べてみたりしましたが、残念ながら ファーストフード …

no image

お風呂は足のむくみを解消します

足のむくみで悩んでいる方は多いのではないでしょうか。 特に女性の方に多い悩みだといわれています。 たちっぱなしでも、座りっぱなしでもどちらの状態が多くても むくみを誘発しやすくなります。 ベストな方法 …

アーカイブ