健康

上手な病院の選び方

投稿日:

009640
薬剤師からのアドバイスです。

色々な病院の前で働いていると医師の良し悪しも見えてきます。
この先生、やめた方が良いかも・・・と思っても患者さんに
直接は中々言えませんが、何例かご紹介したいと思います。

1.慢性疾患なのに処方日数が14日
総合病院では長期処方は当たり前ですが、個人の診療所ではお願いしても
何だかんだと短期の日数しか処方してくれないことがあります。

お医者さんも商売ですから、個人のクリニックではどうしても
回数を稼ぎたい心情は仕方ありません。ですが、高血圧で症状が
安定している場合などは28日分は処方してくれても症状の急変はないでしょう。

雇われのお医者さんでも、クリニックではお給料が歩合制のことも
あるのでやたらと少ない日数で受診を勧めてくる場合は商売っ気が強いでしょう。

ただ、この場合は商売人なだけで直接腕が悪いといったわけではないので
時間とお金に余裕があれば問題ないと思われます。
医療費がパンクしそうな日本経済を考えると良くはありませんが。

2.大きな病院を紹介してくれない
一人で最後まで責任をもって治療する、と言えば聞こえは良いですが、
個人のクリニックではお医者さんの腕に関係なく限界はあります。
本当の名医はいち早く病状を見極めてくれる人でしょう。
自分の手には負えないから、総合病院を紹介するなどとすぐに言われれば
責任感のないお医者さんと思われるかもしれません。
しかし、手遅れになる前に回してくれる良心的な意医師なのです。

③薬をやたらと使う
強い薬を出してくれると確かに症状はすぐ良くなりますし
名医との評判がたちます。
しかし薬剤師の立場からみると大変危険です。
例えば大したことのない風邪で抗生剤を使い続けた子供。耐性が出来てしまい、
いざ症状がひどくなったとき既に薬が効かなくなることがあるのです。
本当に患者さんのことを考えるならば、本人の免疫を最大限
活かしてあげることが大切でしょう。

以上の点に気を付けてお医者さんを選んでください。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

健康食品に囲まれていれば自然ときれいになれる

美容と健康に関心が高い方が最近では多いと思うのですが、 どうしたら簡単に美しさと丈夫な体を手に入れる事ができると思いますか? それは実は簡単な事なのです。 健康食品に囲まれて生活していれば、自然と摂取 …

no image

肩こりに半身浴はNG!?

雑誌でもう肩こりを我慢したくない!というような コラムを見つけて何気なく読んでいたところ、 こんな内容が書いてありました。 半身浴は肩~クビが冷えて筋肉が緊張してしまい 逆効果。 あごまで浸かるか、温 …

お酒に合う青汁とは?

青汁はかなり以前からブームにはなっていて 健康志向から飲むという人は多くいたと 思います。 ただ、お酒に合う青汁となるとなかなか なかったのではないでしょうか。 数多くの青汁が発売されていますが、 そ …

no image

風邪に負けないために!

風邪が流行っていますが、この時期からにんにくを ネットに入れ台所の隅に吊るしておきます。 皮をつけたままなのでクサイにおいはありません。 にんにくに含まれる殺菌成分が、知らず知らずのうちに 部屋のウイ …

no image

肩甲骨ストレッチ

以前健康番組で肩こり解消に、肩甲骨ストレッチが良いというのを観ました。 肩甲骨が柔らかい人は、腕を上に上げた時耳の後ろに腕がきます。この 姿勢の状態で自分の肩甲骨が柔軟でよく開いているかが判断できるの …

アーカイブ