健康

上手な病院の選び方

投稿日:

009640
薬剤師からのアドバイスです。

色々な病院の前で働いていると医師の良し悪しも見えてきます。
この先生、やめた方が良いかも・・・と思っても患者さんに
直接は中々言えませんが、何例かご紹介したいと思います。

1.慢性疾患なのに処方日数が14日
総合病院では長期処方は当たり前ですが、個人の診療所ではお願いしても
何だかんだと短期の日数しか処方してくれないことがあります。

お医者さんも商売ですから、個人のクリニックではどうしても
回数を稼ぎたい心情は仕方ありません。ですが、高血圧で症状が
安定している場合などは28日分は処方してくれても症状の急変はないでしょう。

雇われのお医者さんでも、クリニックではお給料が歩合制のことも
あるのでやたらと少ない日数で受診を勧めてくる場合は商売っ気が強いでしょう。

ただ、この場合は商売人なだけで直接腕が悪いといったわけではないので
時間とお金に余裕があれば問題ないと思われます。
医療費がパンクしそうな日本経済を考えると良くはありませんが。

2.大きな病院を紹介してくれない
一人で最後まで責任をもって治療する、と言えば聞こえは良いですが、
個人のクリニックではお医者さんの腕に関係なく限界はあります。
本当の名医はいち早く病状を見極めてくれる人でしょう。
自分の手には負えないから、総合病院を紹介するなどとすぐに言われれば
責任感のないお医者さんと思われるかもしれません。
しかし、手遅れになる前に回してくれる良心的な意医師なのです。

③薬をやたらと使う
強い薬を出してくれると確かに症状はすぐ良くなりますし
名医との評判がたちます。
しかし薬剤師の立場からみると大変危険です。
例えば大したことのない風邪で抗生剤を使い続けた子供。耐性が出来てしまい、
いざ症状がひどくなったとき既に薬が効かなくなることがあるのです。
本当に患者さんのことを考えるならば、本人の免疫を最大限
活かしてあげることが大切でしょう。

以上の点に気を付けてお医者さんを選んでください。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

デスクワークは健康に良くない

デスクワークは健康に良くありません。 1分間のデスクワークで22分縮むあなたの寿命、なんて 記事も出ています。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ オーストラリアの国民調査によるデータ …

no image

質の良い睡眠は、美容と健康の要

美容と健康にかかせない要素はたくさんあると思います。 睡眠・食事・運動どれも大切ですが、中でも睡眠は1日 の疲れを心身共に回復する力を持っています。 睡眠によって細胞分裂が盛んになり、昼間活発に働く …

no image

コラーゲン青汁とは

青汁にコラーゲンを配合したという商品が発売されています。 青汁は健康サポートということ女性の美容アイテムとしても 積極的に取り入れられてきていますが、さらにコラーゲンを追加する ことにより、一度に多く …

no image

酵素の力で体の中から美しくなろう

近年、美容と健康に高い効果を持つとして酵素が注目されています。 酵素は人間や動物、植物など生命活動を行っているものの 体内に必ずある物質です。 酵素を体内に取り入れる事でダイエット効果、デトックス効果 …

no image

ウォーキングを楽しむちょっとしたコツとは

ウォーキングが全国的な大ブームになっていますね。 運動不足解消に始めてみようという方も多いと思います。 しかし、「健康に良い、ダイエットになる、手軽に行える」と 言われるウォーキングですが、続けるとな …

アーカイブ