雑記

インテリアレイアウトのコツ

投稿日:

yorokobiS
今回は簡単なインテリアレイアウトの方法を
ご紹介したいと思います。

このポイントさえ抑えておけば大丈夫、という簡単な
方法なので良かったら参考にしてみてください。

まず、一番に色と素材の相性を考える事です。
ベージュとラスタカラー、原色のような明るい色ってなんだか
あまり相性が良いとは思えませんよね。

ベージュの暖かみが消されてしまうような感じがします。
ですが、原色でも素材をうまく使えばベージュにもマッチします。

例えばベージュのふわふわのラグに、原色でも同じように
ふわふわした物を置いてみたらどうでしょうか。

なんだかお子様がそこで遊んでいるようなイメージがありますよね。

このように、この色とこの色は合わない!と簡単に決めつけないで
素材との相性を考える事も大切です。

では、逆に赤や黄色のような派手な色をラグに用いた際にベージュの
クッションをそこに置いてみたらどうなるでしょうか。

同じ素材を使っていてもなんだかちぐはぐな印象になってしまいます。

そこで色の使い方に悩んだときには、まずは布製品の
使い方を考えてみましょう。

布製品は占める面積も大きいですし、例えばカーテンだと
風に揺られて毎回違う見え方になりますよね。

こういった布製品は淡い色を使うようにして濃い色は
ポイント的に使うようにしてみましょう。

また、その逆も可能ですがどちらかというと壁紙に合わせるには
前者を選んだ方がうまくお部屋に調和します。

このように、ちょっと色の使い方を考えるだけでもっともっと
インテリアレイアウトは楽しくなります。
お悩みの方は是非取り入れてみて下さいね。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

シンメトリーを嫌う日本人

昨年末歌舞伎役者中村勘三郎が57歳の若さで亡くなりました。 ちょうど京都の南座では息子の中村勘九郎の襲名公演が開かれており、 あわせて話題にのぼりました。次男の七之助も襲名公演に出演していました。 こ …

no image

絵画にツッコミしてみませんか

絵画というものにどんな印象があるでしょうか。 美術館に収蔵される高級品、家に飾るインテリアと いったようなものだと考える方が多いでしょう。 美術館も日常的に行く場所ではありませんし、 家にある絵画とい …

no image

ネイルは化粧と同じくらい大切なこと

ニューヨークの町には、ネイルサロンがあちこちにあります。 そして、値段も、10ドル前後というリーズナブルな値段で、 通いやすい値段設定ですので、ニューヨークの女性はよくネイルに行きます。 アメリカでは …

no image

大相撲の「引き分け」は日本の精神文化

現在ではちょっと考えられませんが、昔は大相撲に「引き分け」がありました。 大相撲の歴史は古く、遠くさかのぼれば「日本書紀」の野見宿祢と 当麻蹴速の力比べにまで行き着きますが、これは伝説。 職業相撲は江 …

no image

サブブログとしてブログスタートです。

サブブログとして当ブログを新たにスタートすることに しました。 というのも、メインで書いていたブログが突然 グーグルの変動によって急激にアクセスが なくなってしまったからです(ノДT) そのまま待って …

アーカイブ