芸能

中村勘三郎~歌舞伎の名跡の継承

投稿日:

memo1228
亡くなった中村勘三郎は十八代目。

これはすべての歌舞伎の名跡の中でもっとも多い代の数字です。
江戸荒事の宗家と呼ばれる市川団十郎でさえ、現団十郎が十二代。

将来、市川海老蔵が襲名すれば十三代目ということになります。

初代勘三郎は「猿若勘三郎」といって、舞の演者でした。
それが江戸時代に歌舞伎興行が確立していくなかで、
座元(興行主)となり、時代を下るにしたがって、役者ではなく
座元の名前となりました。

明治にって興行形態も変わり、名前を継ぐ人がいなくなって、
新しい興行主の松竹が名前を長くあずかっていました。

それを、昭和に入ってから、亡くなった勘三郎のお父さんが
十七代目として襲名しました。ですから、当然十七代、十八代親子と、
初代との血縁はまったくありません。
十七代目から、新たに世襲が始まったわけです。

同じような昔の座元名にはほかに「守田勘彌」があり、
本来でしたら先代の芸養子である坂東玉三郎が継ぐべき
ところなのですが、どうやら玉三郎は現在の名前のまま
役者人生をまっとうするつもりのようです。

江戸の座元の大きな名前にはもう一つ「市村羽左衛門」があり、
その十五代目は戦前、歌舞伎史上に残る二枚目俳優として
活躍しましたが、その死後七十年近くも継承者は現れていません。

歌舞伎の名跡は血縁による世襲というイメージがありますが、
先代勘三郎の例のように、必ずしもそうではなく、今年話題に
なった香川照之の歌舞伎デビューで、彼が襲名したのは「市川中車」ですが、
彼と先代の中車との間に血縁関係はありません。

「宗家」の市川団十郎でさえ、明治に「劇聖」と謳われた九代目が
亡くなった段階で、江戸以来の血筋は絶えました。

現団十郎の祖父が、九代目の弟子だった関係から、その子が
団十郎を継ぐことになり、孫が現、十二代目として継いでいるのです。

途中で絶えた名跡の世襲が、戦後になって新たに始まった、
と言っていいかもしれません。

adsense

adsense

-芸能

執筆者:

関連記事

no image

週刊文春 今度は柏木由紀のスキャンダル

先日、AKB48の峯岸みなみの件を掲載して 話題になっていた習慣文春ですが、今度は 柏木由紀を狙い打ちしたようです。 合コン関連だとか。 うーん、私自身はコアなファンではありませんし、 アイドルが影で …

no image

団十郎さんの訃報に接し、願うこと。

歌舞伎俳優の市川団十郎さんが亡くなりました。 中村勘三郎さんに続き、歌舞伎界はまた大きな柱を一本失ったことになります。 テレビのワイドショーで団十郎さんの訃報を取り上げているのを いくつか見ましたが、 …

no image

剛力彩芽 Mステは生歌でした

本日出演した剛力彩芽。 剛力彩芽のアーティストとしての第一歩となるべき 音楽番組だったわけですが、始まってみてびっくり。 声が震えまくっていました。 生であるだけ良かったのかもしれませんが。 そして決 …

ガルネク 芸能界引退の理由

ガルネク(girl next door)のボーカルの千紗が 北島康介との結婚で専業主婦になるため、 芸能界を引退するということがニュースに なっています。 決して話題性が高い話ではなく、 なんともいえ …

no image

前田敦子がお酒のCM出演、なぜスポンサーに好まれるのか?

前田敦子が麦とホップのイメージキャラクターに 起用されたという話が先日上がりました。 この件、不思議で仕方がありません。 確かに今21歳で、二十歳を超えたということで 人気あるメンバーの一人の成長とし …

アーカイブ