芸能

中村勘三郎~歌舞伎の名跡の継承

投稿日:

memo1228
亡くなった中村勘三郎は十八代目。

これはすべての歌舞伎の名跡の中でもっとも多い代の数字です。
江戸荒事の宗家と呼ばれる市川団十郎でさえ、現団十郎が十二代。

将来、市川海老蔵が襲名すれば十三代目ということになります。

初代勘三郎は「猿若勘三郎」といって、舞の演者でした。
それが江戸時代に歌舞伎興行が確立していくなかで、
座元(興行主)となり、時代を下るにしたがって、役者ではなく
座元の名前となりました。

明治にって興行形態も変わり、名前を継ぐ人がいなくなって、
新しい興行主の松竹が名前を長くあずかっていました。

それを、昭和に入ってから、亡くなった勘三郎のお父さんが
十七代目として襲名しました。ですから、当然十七代、十八代親子と、
初代との血縁はまったくありません。
十七代目から、新たに世襲が始まったわけです。

同じような昔の座元名にはほかに「守田勘彌」があり、
本来でしたら先代の芸養子である坂東玉三郎が継ぐべき
ところなのですが、どうやら玉三郎は現在の名前のまま
役者人生をまっとうするつもりのようです。

江戸の座元の大きな名前にはもう一つ「市村羽左衛門」があり、
その十五代目は戦前、歌舞伎史上に残る二枚目俳優として
活躍しましたが、その死後七十年近くも継承者は現れていません。

歌舞伎の名跡は血縁による世襲というイメージがありますが、
先代勘三郎の例のように、必ずしもそうではなく、今年話題に
なった香川照之の歌舞伎デビューで、彼が襲名したのは「市川中車」ですが、
彼と先代の中車との間に血縁関係はありません。

「宗家」の市川団十郎でさえ、明治に「劇聖」と謳われた九代目が
亡くなった段階で、江戸以来の血筋は絶えました。

現団十郎の祖父が、九代目の弟子だった関係から、その子が
団十郎を継ぐことになり、孫が現、十二代目として継いでいるのです。

途中で絶えた名跡の世襲が、戦後になって新たに始まった、
と言っていいかもしれません。

adsense

adsense

-芸能

執筆者:

関連記事

ASKAの新レーベル設立は大丈夫なのか?成功できる?

ASKAが新レーベルを設立するということを 発表して、またネット上では大きな話題に なっています。 不起訴になったということで司法上は容疑は 晴れたということでどんな活動をしようと 自由であるはずです …

no image

小森純のペニオク謝罪について

タレントの小森純がサンデージャポンに生出演した際に、問題となっている ペニーオークションの詐欺事件に関わっていた件で涙ながらに謝罪をしたようですね。 しかし謝罪をすれば済むという話でもなくこれは詐欺な …

no image

きゃりーぱみゅぱみゅと遊び仲間の仲が気になる

1月14日は成人式ですね。 2013年は注目の有名人がたくさん成人を迎えるそうです。 女優さんでは忽那汐里や剛力彩芽、スポーツ界では卓球の石川佳純、 そしてモデル界ではきゃりーぱみゅぱみゅなんか20歳 …

no image

AKB48 15期オーディション開催と今後の勝ち上がり方

AKB48が15期のオーディションが開催するという 発表が出ています。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ●応募期間 2012年12月20日(木)0:00:00~2013年 …

8.6秒バズーカはまやねん ラッスンゴレライの次は不倫。ひどい話。

【中古】DVD▼ラッスンゴレライ 8.6秒バズーカー▽レンタル落ち【お笑い】 8.6秒バズーカーのはまやねんに ついて話題になったと思ったら 不倫騒動です。 ラッスンゴレライが全く面白くもないのに リ …

アーカイブ