雑記

子規、漱石、百閒~小鳥好きな文豪たち

投稿日:

memo1228
正岡子規と夏目漱石は学校の同窓で、同い年の親友。
内田百閒は漱石の弟子です。

ただし、子規は三十五歳で亡くなっており、漱石が「吾輩は猫である」で
作家デビューしたのはその三年後ですから、百閒と子規は一度もあっていません。

子規と漱石には寄席や俳句といった共通の趣味がありましたが、
それとは別に「小鳥好き」という意外な共通点がありました。

漱石の作品に「文鳥」という小品がありますが、実際に飼っていて、
死んだ文鳥は自宅の庭に、例の小説のモデルとなった「猫」といっしょに
埋められたといいます。

一方の子規は若くして肺結核を患い、晩年は自宅でほとんど寝たきりの状態でした。
その苦痛を慰める意味もあって、庭に大きな鳥かごを設け
(友人が子規のために用意してあげたといいます)、そこに10種類もの
小鳥を飼い、座敷からながめるのを楽しんでいました。

籠は自宅用のものではなく、動物園の「小鳥コーナー」で使うような大きなもので、
たくさんの違った種類の鳥たちが飛び回る光景は圧巻だったろうと思います。

子規の死を、親友漱石は留学先のロンドンで知ります。留学中、漱石は
ノイローゼのようになって、帰国後も精神の安定しない時期を過ごしました。

その「気晴らしに」と小説を書くことを勧めたのが、俳句仲間の高浜虚子。
その勧めを受けて漱石は「吾輩は猫である」を書いて、たちまち人気作家に
なったのです。

成功した漱石を慕って、多くの若者が門を叩きました。
芥川龍之介もその一人。そして、内田百閒も同門となりました。

百閒の小鳥好きは、また桁違いで、狭い自宅に40羽もの小鳥を
飼っていました。

小鳥は種類もまちまちですので、一羽ずつ別の小さな竹籠に
入れていました。

その大量の籠を大八車に乗せて引っ越しをした時、
それを見た近所の人が「鳥屋さんが越してきた」と思ったそうです。

その百閒が、自分の飼っているいる小鳥を着物の懐に入れて、
漱石に見せにいったという、ほほえましいエピソードも残っています。

以上、3人の文豪の意外な「小鳥好きつながり」の話でした。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

カンニングは無意味です

テストのときのカンニングですが真剣にカンニング方法を 考える人はいるのでしょうか? 最強のカンニング方法って何なの? http://vippers.jp/archives/6887587.html こ …

no image

タイヤの空気圧とエコとの関係

最近は猫も杓子もエコブームでして 自動車の世界も例外ではなくエコカーにエコタイヤと エコが重要視されています。 また、景気の悪化と燃料代の高騰により ドライバーの方も燃費を気にする方が多いようです。 …

no image

法律から見た小銭の使い方

最近、スーパーマーケット等のレジで「小銭は20枚までの使用をお願いします」 といったメッセージを見かけることが多くなりました。 確かに、混雑時に何十枚も小銭を出して会計するのは、お店にはもちろん、 後 …

no image

交番と派出所、駐在所の違い

テレビの刑事ドラマで「交番」だとか、「駐在所」がよく画面に出てきますが、 その役割の違いを知らない人が多いようです。 交番とはその名のごとく、「交」代で「番」をするところで、 警官が24時間体制で詰め …

no image

有田焼の万華鏡の挑戦

有田焼は日本を代表とする焼き物ですが、平成2年のピーク時と比べ、 現在はその時の7分の1まで売り上げが減っています。 このことから有田焼や化粧品などの高級品を梱包する業者に携わっている人が、 有田焼の …

アーカイブ