雑記

心の声を言葉へと表して書くという事の大切さ

投稿日:

現代では、ブログやフェイスブックといった便利なツールがあるので、
日々自分が思った事を言葉に表しながら、世界中へと発信する事が
簡単にできるようになりました。

心の声を言葉へと表して書いていくという作業は、自分の内面を
改めて見つめ直すいい機会になると思うのです。

ここで大切な事は、言葉でも文字でもエネルギー持っているという事です。

だから誹謗中傷的な言葉や他人を陥れる言葉、そして読んだ
相手が気分を害するような言葉ばかりを並べていくと、いつの間にか
自分がその言葉が持つマイナスのエネルギーに巻かれてしまって、
がんじがらめになってしまうリスクがあるという事です。

そして逆に人の心を和ませる言葉、優しさと希望に満ち溢れた言葉を
日々コツコツと紡いでいる人は、何が起こっても冷静にその場を
判断し対処できる力やプラスのエネルギーが自然と具わってくるのです。

たぶん多くの方々は、ここまで考えずにただなんとなく
書いている方が多いと思います。

心で感じた事をきちんと文章として表す事ができれば、それは常に
自分を冷静に見つめながら適切な行動を取って行くための、準備体操にも
なりうるのです。

だから想いをきれいな言葉へと昇華させる習慣を身に付けていくと、
自然とどうしたらプラスのエネルギーを掴んだり、発したりする事が
できるか、といった気づきへと繋がるのです。

こういった事をきちんとふまえながら、今一度、自分の心の声を
浄化させて、美しい言の葉へと繁らせていってはいかかですか?
 

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

阿蘇市で成人式「ももクロ」PR・選曲が絶妙の市長

阿蘇市の市長が今年も成人式で歌を披露、 今年は ・ももいろクローバーZの「サラバ、愛しき悲しみたちよ」 ・AKB48の「ギンガムチェック」の2曲を歌ったということです。 流行りものを歌ってウケを狙うと …

no image

食のこだわりは器で分かる

好きなもの食す。 それだけで心は満たさせるものですが、食器によって、より満足を感じる事があります。 例えば、温かい料理がガラスの器に盛られていたら、温かいはずなのに冷たいように感じ、 逆に、冷たいジュ …

no image

目標を100個立てること

私は毎年お正月になると目標を100個たてるようにしています。 始めたきっかけは本で読んで私もやってみようという気持ちに なったからです。 そして、新年の目標を立てるのに一番よいとされるお正月に毎年やっ …

九十八で「にたらず」さんと読むか?

今週号の少年マガジン新連載の CHARON(カロン)では主人公の苗字が 九十八で「にたらず」と読ませるというものでした。 そんな苗字があるんだ! 九十九でつくもであればよくありますが にたらずさんとい …

no image

ビジネスジャーナルの人気記事がビジネスではない

最近検索でよく出てくるビジネスジャーナル。 http://biz-journal.jp/ 人気記事がサイドバーに並んでいるのですが、 その内容を見てみると ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ …

アーカイブ