健康

職場でうつ状態を繰り返す人への対応方法

投稿日:

009640
職場内でうつ病の診断を受けて休職を余儀なくされる人は多いです。

過労などのために生きるエネルギーが枯渇してしまっている人には
従来通りの対応方法である「服薬と十分な休養」で、3~6ヶ月もすると
状態が好転することが多いです。

しかし、抗うつ剤をしっかり飲んでいるのに好転しない、
仕事に復帰して少しするとまた状態が悪化する、という波を繰り返している場合、
「単極性うつ病」ではなく、「双極性障害2型」を疑って対応しないと
病状を悪化させることにもなりかねません。

双極性障害2型ですと、躁状態はあまり目立ちません。
本人の認識も「ちょっと今日は調子がいいな」くらいの感覚しかありません。
しかし、良い時もあるために、落ち込んだ時は単極性うつ病に比べて
一気にどーんと落ちてしまう感覚があり、起伏があるために
自殺率も高くなると言われています。

双極性障害2型への対応方法としては、まず抗うつ剤は使わずに
気分安定薬を中心に処方してもらうことと、本人の中で落ち着いている時に
「自分の気分が上がった時のサイン」と「自分の気分が落ちた時のサイン」を
しっかり書き出してもらい、そのサインに家族や職場の人達が
いち早く気づいてあげることがとても重要になります。

サインに気づいたら、声を意識的にかけたり、定時で帰れるよう
周りがフォローしたり、という配慮が必要です。

また、双極性障害は、再発をすればするほど躁状態、あるいはうつ状態になる間隔が
短くなる傾向があると言われていますので、本人、家族、職場の人達、主治医で協力し、
再発を防ぐための配慮と、状態が良くなった後も服薬を継続させるよう促していくことが
調子を崩さないためにとても重要になってきます。

上記のポイントを押さえて双極性障害の人への対応をしていくと良いと思います。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

のどの乾燥対策

湿度が下がってくると、喉の調子に異常を感じ、食事も 喉を通らないほど痛み出すことがあります。 秋から冬にかけ、乾燥してきますが、特に寝ている時に 無意識に口を開けている人にとっては、翌日の体調にまで影 …

no image

栄養バランスを考えるよりまずは、品目を増やすことを考えよう

バランスよく食べ物を食べるということは 重要で、中性脂肪が高い人等は、栄養バランスを 意識する必要があります。 栄養素別に分類すると6つの基礎食品群と いうものがあります。 1.たんぱく質 摂取目安1 …

no image

冬の暖房による乾燥

冬の乾燥と言うと、肌の渇きなど、美容系、皮膚系に 特化しがちですが、外側が乾くということは、当然、 体の中も乾燥状態になるのです。 そういう理由により、実は高齢者の水分補給は、 夏より冬を、より気を付 …

no image

ダイエットを成功に導く食事のポイント

ダイエットを成功させるために食事としては以下のことを 意識すれば効果的です。 ・脂肪の多い食材は調理法で脂を落とす  フライパンで炒めるよりも煮ることによって脂肪分が落ちる料理も多いです。 ・糖質の摂 …

no image

グルテンフリーダイエットで痩せる

数あるダイエット法のなかで、最近かなり注目されている方法を紹介します。 グルテンフリーダイエットです。 グルテンとは炭水化物に多く含まれている成分で、大量に 摂取しすぎると、カロリーオーバーを起こしや …

アーカイブ