健康

一日15分のウォーキングで、チョコの消費量が半分になる。

投稿日:

walkS
ダイエットがしたいけど、なかなかチョコレートが止められない、
そういう女性は多いように思えます。

そのような人には、朗報と言える実験結果が、英国で発表されました。

実験は、普段はチョコレートを食べているが、2日間は、
チョコレート断ちした78人を対象として実施されました。

78人を4群に分けて、2群には、早足で15分歩いた後、
難しい仕事か優しい仕事を作業させます。

もう2群では、運動なしで、同じように仕事をさせました。

その結果、ウォーキングした2群は、チョコレートの消費量が、
15gだったのに対し普通に仕事をした2群のチョコレートの消費量は、
28gと、ウォーキングの有無でチョコ消費量が半分になったそうです。

因みに、難しい仕事と簡単な仕事で、チョコレートの消費量に
違いはなかったそうです。

ストレスとチョコレートの消費には因果関係が
認められないのですね。

これを考えると、15分間のウォーキングをしてから、仕事に取り組めば、
チョコの消費量を半分に抑えられる事になります。

英エクセター大学の研究グループを率いた、アドリアン・タイラー氏は
「軽食が、作業能率を高める事はあるが、一面では癖になる事で、
長期的には体重増加をもたらす事になる日々の楽しみを減らすのは難しいが、
短時間のウォーキングで、チョコの消費量を減少させる事が出来る。」
とコメントしています。

普段、チョコレートが止められないという方、昼休みの休憩時間に
軽いウォーキングというのは、いかがでしょう?

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

美容と健康のための正しい食事

人は誰でも、健康には無関心ではいられません。 確かに若く健康な人であれば、一時期は無関心かもしれません。 しかし、美容も健康の一種であると考えれば、とても 無関心ではいられないでしょう。 実際、本当の …

no image

炭水化物ダイエットは身体に大きな支障をもたらす

ダイエットをして、今以上に美しい身体を手に入れたいと 考えている方は多いはずです。 世の中には色々なダイエット方法が提唱されており、 その中でも効果的なものがいくつも実証されてきています。 しかし、近 …

no image

子どもの乾燥肌について

今年の冬、子どもが乾燥肌だったみたいで初めて お腹や背中に湿疹が広がりました。 去年は生まれてそんなに経っていないので慎重にお風呂に入れたり、 保湿クリームを塗っていましたが、今年は1歳も過ぎてある程 …

no image

肥満と命にかかわる病気

肥満はなぜ問題になるのでしょうか? それは、肥満がさまざまな生活習慣病を引き起こす大きな 要因となることがあるからです。 私達のエネルギーとなる物質の一つに糖(グルコース)があります。 糖は細胞が働く …

no image

ダイエットを成功に導く食事のポイント

ダイエットを成功させるために食事としては以下のことを 意識すれば効果的です。 ・脂肪の多い食材は調理法で脂を落とす  フライパンで炒めるよりも煮ることによって脂肪分が落ちる料理も多いです。 ・糖質の摂 …

アーカイブ