健康

小さいお皿で食事してもダイエットには効果がない

投稿日:

memo1228
よく、食べるお皿を小さくしたらたくさん食べたような
気がするため、一つのお皿を食べきったという気がするので
ダイエットには効果的だ、大皿はいくらでも食べてしまうので
止めた方がいい、なんて話がありますが、それを否定する
研究結果というのが出ていました。

実験によると太っている人に対して
小さい皿を出した人と大きい皿で出した人の
食事量を調べても変わらなかったという内容が書いて
あります。

参考URL(英語)
http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=660928

結局、脳が満足(お腹が満足?)するのは見た目のお皿が
減った量ではなく、単純にその人個人の食べるエネルギー量が
一定値にならないといけなくて、見た目のお皿の量では
ないということでしょうか。

そうすると食欲が無くなるように部屋の色を変えるとか
そういうダイエット方法も怪しいという話になって
しまいますよね。

本人がどこまでダイエットを意識していたのか、
ただお皿を小さくするだけではなくて、実際に食べる量も
減らそうとしているとどこまで意識しているかにも
よると思うので、一概にそれを信頼するわけにも
いかず実験結果の一つでしかないと思います。

これだけでは何ともいえませんが、
自分の意思も重要だと思われます。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

食事療法+運動療法で肥満を解消

肥満を解消するためのダイエット方法は、大きく以下の2つに 分類されます。 ・食事療法 ・運動療法 どちらにしても、正しい目標を設定して、無理なくできるように していくことが重要です。短期間での過激な原 …

no image

深い眠りにつく方法

睡眠には浅い眠りと深い眠りの2種類がり、 浅い眠りをレム睡眠、深い眠りをノンレム睡眠と いいます。 レム睡眠とノンレム睡眠はそれぞれ交互に繰り返し 1セット90分となっています。 この90分の周期が朝 …

no image

肥満と命にかかわる病気

肥満はなぜ問題になるのでしょうか? それは、肥満がさまざまな生活習慣病を引き起こす大きな 要因となることがあるからです。 私達のエネルギーとなる物質の一つに糖(グルコース)があります。 糖は細胞が働く …

no image

老人性乾燥肌の対策について

50歳代の方の話を掲載します。 50代後半男性です。50代に入った頃から冬場の入浴後から寝るまでの時間に、 背中や脚が痒くなる症状が現れました。最初は何が原因なのかわかりません。 痒み止めの軟膏を塗っ …

no image

スムージーと青汁

スムージーは今は、店頭でも普通に見かけるようになり、 コンビニ等でも飲むヨーグルトなどと一緒に並ぶ定番商品となりました。 スムージーは、基本は果物と氷、乳製品等をブレンダーで 混ぜ合わせて作ったものと …

アーカイブ