雑記

地球滅亡ブーム

投稿日:

memo1228
2012年もマヤ暦の滅亡論がありましたけど
結局何も起きず、まあそんなことだろうとほとんどの
日本人はそう思っていたと思いますが、まだまだ
地球滅亡の予言は続くようです。

2015年9月 マヤ暦の終り、エジプトの伝説
2017年 旧約聖書・ダニエル書の予言
2020年3月20日 マヤ暦とインド暦の終り
2030年 聖徳太子「未然本紀」の予言
2060年 ニュートンの予言
3797年 ノストラダムスの予言範囲の終り
45億年後 プーチン露大統領の予言

出典元)
マヤ暦の終わり実は2015年?2020年? エジプト「伝説」も登場、「空前の滅亡ラッシュ」
http://news.livedoor.com/article/detail/7278251/?utm_source=m_news&utm_medium=rd

これはもう地球滅亡ブームではないでしょうか?

日本人は1999年のノストラダムスの大予言で
もう懲りましたよね。

結局、こんな滅亡を信じて行動していたり、自暴自棄に
走っても何もメリットはありません。

そして科学的には何も証明しようは無いでしょう。
たとえ大地震が起きることがあっても、日本全体が
いきなり全てダメになったり、世界が消滅するようなことは
現実的には考えられません。

それでも地震すら正確に予測できない現在の科学力では
何が起こっても不思議ではないということもいえるかも
しれませんが、そんなことを考えてもどうしようもありません。

あえていうのであればいつ何が起こって、その日
全てが終わったとしても文句のない生き方をするしかないと
いうことでしょうか。

悲観するくらいであれば前向きに生きたほうが良いですよね。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

カタログギフトの実用性

最近、冠婚葬祭やお歳暮、お中元にカタログギフトが利用されることが 増えてきています。カタログギフトというのは、まず贈る人がギフトの 予算を決め、予算に応じた商品がラインナップされたカタログを 受け取る …

no image

キーシンの「ショパン前奏曲」はジェットコースター

生涯のすべてをピアノに捧げたともいえるフレデリック・ショパン。 当然数多くの傑作があります。 専門家の評価はいろいろですが、「前奏曲」の評価は際立っているようです。 ほかにも「練習曲」「ソナタ3番」「 …

no image

タブレットPCを購入する意味

2012年に話題沸騰となったタブレットPCは、 2013年も引き続きその人気を維持しそうです。 そこで、これからタブレットPCを購入しようと 考えている人にすこしのアドバイスです。 それは、タブレット …

no image

図書館利用のすすめ

最近、本を読んでいますか? 日常的に見る活字は雑誌と新聞ぐらい・・・、という方多いのではないでしょうか。 活字離れが取りざたされるようになり久しいですが、 今や大学生でさえ図書館の利用方法がわからない …

no image

部屋の家具の配置について

部屋の家具の配置は新居に引っ越してきた時に 一番悩むことだと思います。 今持っている家具が新しい部屋に入るのか、足りない 家具を買い足すならばどのような寸法のものならばおけるのか、 またそもそもどうい …

アーカイブ