健康

音楽で老化防止できる!

投稿日:

011049
音楽といっても聴くほうではなく楽器を演奏する方の話です。

アメリカの研究ですが、59~80歳の音楽家と音楽家ではない人の
70人を集めてテストした結果、知力、視覚空間判断力、言葉の記憶、
言語想起、運動の機敏さにおいて音楽家の方が高かったということが
わかったという話が出ています。

出典元(英語)
Musicians’ Brains Might Have an Edge on Aging
http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=667292

良い話ですが、この実験結果は小児期に音楽を学んで
相当の期間続けていた人の結果であって大人になってから
始めた人がどうなったかを表したものではありません。

ただ、実際に音楽をやっている人って生き生きしていませんか?
高齢者に限らず、一般的なサラリーマンであったとしても
余暇・レジャーに音楽を演奏している人は何か目の輝き・
バイタリティーが異なるような傾向があるように思います。

これは音楽に限らず趣味に没頭しているということで
仕事に追われる生活を送っている人とは違うというところが
大きいのかもしれません。

音楽を演奏することは指も動かしますし、インスピレーションや
タイミングをあわせる等さまざまな要素があり、また他の人と
演奏する場合はコミュニケーション等本当にいろいろな要素が
絡んできます。

そういった要素がだんだんと年をとっていくという要素を
防ぐ役割があっても、大人になってからであっても老化防止の
役割を果たしても全くおかしくないと思います。

眠ってしまっている楽器がある人は思い切って
掘り起こしてみるなんていかがでしょうか?

最初は面倒くさいと思ってしまいますが、
やってみると楽しいのは間違いありません。
そして楽しいだけでなく、こうしたことが体や心を
良い状態に持っていけるのだと思います。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

小さいお皿で食事してもダイエットには効果がない

よく、食べるお皿を小さくしたらたくさん食べたような 気がするため、一つのお皿を食べきったという気がするので ダイエットには効果的だ、大皿はいくらでも食べてしまうので 止めた方がいい、なんて話があります …

no image

フルーツでダイエットする方法

数え切れないほどのダイエット方法がある中、毎朝フルーツを 摂取することによってダイエットをするという方法があります。 フルーツをいつ食べるか、どんな食べ方をするかによって、 フルーツに含まれているビタ …

no image

腰痛の原因と改善方法

人間は二本足で歩くようになった時から、腰痛に悩まされる宿命にあったと言われています。 二本足で生活し、両手が空いたことで道具を生み出し、脳はどんどんと発達して行きました。 その代償とはいえ、腰痛は本当 …

no image

栄養バランスを考えるよりまずは、品目を増やすことを考えよう

バランスよく食べ物を食べるということは 重要で、中性脂肪が高い人等は、栄養バランスを 意識する必要があります。 栄養素別に分類すると6つの基礎食品群と いうものがあります。 1.たんぱく質 摂取目安1 …

no image

子供のあせもの治し方

発汗は人間が体温調節をするためには、とても大切なことです。 しかしたくさん汗をかくことで皮膚に炎症が起こり、 赤くかゆみを伴うブツブツが出来てしまうことがあります。 これがあせもです。 子供は大人に比 …

アーカイブ