健康

音楽で老化防止できる!

投稿日:

011049
音楽といっても聴くほうではなく楽器を演奏する方の話です。

アメリカの研究ですが、59~80歳の音楽家と音楽家ではない人の
70人を集めてテストした結果、知力、視覚空間判断力、言葉の記憶、
言語想起、運動の機敏さにおいて音楽家の方が高かったということが
わかったという話が出ています。

出典元(英語)
Musicians’ Brains Might Have an Edge on Aging
http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=667292

良い話ですが、この実験結果は小児期に音楽を学んで
相当の期間続けていた人の結果であって大人になってから
始めた人がどうなったかを表したものではありません。

ただ、実際に音楽をやっている人って生き生きしていませんか?
高齢者に限らず、一般的なサラリーマンであったとしても
余暇・レジャーに音楽を演奏している人は何か目の輝き・
バイタリティーが異なるような傾向があるように思います。

これは音楽に限らず趣味に没頭しているということで
仕事に追われる生活を送っている人とは違うというところが
大きいのかもしれません。

音楽を演奏することは指も動かしますし、インスピレーションや
タイミングをあわせる等さまざまな要素があり、また他の人と
演奏する場合はコミュニケーション等本当にいろいろな要素が
絡んできます。

そういった要素がだんだんと年をとっていくという要素を
防ぐ役割があっても、大人になってからであっても老化防止の
役割を果たしても全くおかしくないと思います。

眠ってしまっている楽器がある人は思い切って
掘り起こしてみるなんていかがでしょうか?

最初は面倒くさいと思ってしまいますが、
やってみると楽しいのは間違いありません。
そして楽しいだけでなく、こうしたことが体や心を
良い状態に持っていけるのだと思います。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

乾燥肌とワセリン

結婚してから手指の乾燥がとんでもないことになりました。 ハンドクリームは、添加物でかえって荒れてしまうので、 オイルばかり塗っていましたが、いくら塗っても追いつきません。 指紋認証機能が全部使えなくな …

no image

副作用も引き起こす薬との向き合い方

病気になった時や体調がすぐれない時に行く所と言えば病院です。 病院では医師の診察を受けた上で薬を処方されるわけですが、この薬の 種類や量が適正でないと思わぬ副作用に苦しむことになります。 もちろん、一 …

no image

乾燥肌を治して湿疹予防

膚が乾燥してきて、それと同時に体調が悪くなると いつも湿疹ができてしまいます。 首のあたりだったり、両手首だったり、神出鬼没なその湿疹に いつも苦しめられていました。 湿疹に効く漢方薬を処方してもらい …

no image

ファンケルの青汁

化粧品メーカーの「ファンケル」も、青汁を販売しているのです。 化粧品が事業の中核でありながら、青汁のラインナップも結構豊富です。 ファンケルの契約農家で育てた国産ケールを使用した「ケールまるごと搾り( …

no image

隠れ「睡眠障害」を治す方法は??

ヤフーニュースでここ数日間 隠れ“睡眠障害”にご注意!というタイトルの 記事が掲載されています。 参照 隠れ“睡眠障害”にご注意!(元ネタはR25) http://r25.yahoo.co.jp/fu …

アーカイブ