健康

音楽で老化防止できる!

投稿日:

011049
音楽といっても聴くほうではなく楽器を演奏する方の話です。

アメリカの研究ですが、59~80歳の音楽家と音楽家ではない人の
70人を集めてテストした結果、知力、視覚空間判断力、言葉の記憶、
言語想起、運動の機敏さにおいて音楽家の方が高かったということが
わかったという話が出ています。

出典元(英語)
Musicians’ Brains Might Have an Edge on Aging
http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=667292

良い話ですが、この実験結果は小児期に音楽を学んで
相当の期間続けていた人の結果であって大人になってから
始めた人がどうなったかを表したものではありません。

ただ、実際に音楽をやっている人って生き生きしていませんか?
高齢者に限らず、一般的なサラリーマンであったとしても
余暇・レジャーに音楽を演奏している人は何か目の輝き・
バイタリティーが異なるような傾向があるように思います。

これは音楽に限らず趣味に没頭しているということで
仕事に追われる生活を送っている人とは違うというところが
大きいのかもしれません。

音楽を演奏することは指も動かしますし、インスピレーションや
タイミングをあわせる等さまざまな要素があり、また他の人と
演奏する場合はコミュニケーション等本当にいろいろな要素が
絡んできます。

そういった要素がだんだんと年をとっていくという要素を
防ぐ役割があっても、大人になってからであっても老化防止の
役割を果たしても全くおかしくないと思います。

眠ってしまっている楽器がある人は思い切って
掘り起こしてみるなんていかがでしょうか?

最初は面倒くさいと思ってしまいますが、
やってみると楽しいのは間違いありません。
そして楽しいだけでなく、こうしたことが体や心を
良い状態に持っていけるのだと思います。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

豆乳でダイエットと美肌効果

豆乳に含まれている大豆イソフラボンは、ホルモンを整えて 脂肪を燃焼させる効果があります。 ダイエット効果だけでなく美肌にも効果があるといわれているので 女性には特におすすめの飲料で、良質の油が含まれて …

no image

熱中症予防のため、厚生労働省は国民に注意喚起を行なっています

今年もまた、例年より早く真夏日や猛暑日が日本中で記録し、 熱中症予防対策の必要性が叫ばれています。 厚生労働省では、5月28日に国民への熱中症予防への理解と 対策を進めるため、注意喚起パンフレットを作 …

no image

グルコサミンを補給して関節痛を軽減

最近、グルコサミンという成分が脚光を浴びています。 グルコサミンには、肘や膝、腰などの関節痛を改善する効果があります。 関節痛に悩む多くの人にとって、頼りになる成分なのです。 グルコサミンとは、グルコ …

no image

体を中からメンテナンスできる「半日断食」

忘年会・お正月に続き、新年会等で体重増加された方、 胃腸が何となく弱っていると感じる方が多いのではないでしょうか。 また寒さも加わり、体中の血の巡りも滞っている状態かもしれません。 増加した体重を元に …

no image

有酸素運動をしようとしても

ダイエットには有酸素運動、ということで 結構歩くことをしてきたんです。 隣駅まで歩いたりとか、休みの日には 2~3駅歩いてみたりとか。 1時間以上は歩いたりとか結構歩いていたと 思います。 最近では携 …

アーカイブ