社会

2050年の未来予測

投稿日:


先ほど本屋に行きましたら
2050年の世界、なんて本が平積みで思いっきり
宣伝されていました。

英エコノミストの予測ということで
非常に気になるところです。

2013年をいよいよ迎えるというときに
2013年流行るのこれだ!とか2013年の経済大予測とか
そういった来年予想が妥当なところだと思いますが、
いきなり2050年、37年間も先の話を持ってきている
ところが斬新だと思います。

レビューを見てみると

・会社の中期業務企画を行うような職業の方には
 必読

・恣意的に切り取られた期間の統計を元にした未来図

・中立的でわかり易い説明、ある面常識的な結論

・今後私たちがどうするべきか考えさせられる貴重な本

といった評価がされているようです。

2050年、当たるはずがありません。

そもそも近い将来であってもエコノミストの言うことが
あたったことが果たしてどれだけあるというのでしょうか。

絶対に読めるわけがないですし、科学技術の飛躍等で
世の中が変わる可能性も十分にあります。

それは分かっていても、こういう話は
ある意味未来を知る、想像するということで
面白いと思います。

adsense

adsense

-社会

執筆者:


  1. 通りすがり より:

    “未来予測”の検索で辿り着きました。
    自分もこれ読みましたよ。興味深いですよね。

    ただ、おっしゃる通り技術発展は未来予測において重要な位置を占めます。
    多くの未来予測は環境経済学的なものであって、科学技術が軽視されがちです。
    特に長期的予測になるほど科学技術の影響は大きくなります。

    しかし科学技術を主軸においた予測もあるのです。
    良かったら「技術的特異点」あるいは「収穫加速の法則」で検索するか、少し古いですが「ポストヒューマン誕生」という書籍を読んでみて下さい。
    非常に面白いものが見られると思います。

  2. admin より:

    コメントありがとうございます。
    ご紹介いただいた本もそのうち
    読んでみたいと思います。

関連記事

no image

ついにNHK総合も見る番組が無くなってきた

NHK総合テレビに見るべき中身のある番組が極端に 減ってきました。NHKの視聴者迎合は、自らの質を どんどん落としているように感じます。 放送法で定められた高い視聴率を徴収しているから、 過去のように …

給食を残す問題  4割の児童が残すということ。

給食を今の児童は食べないということで ニュースとして挙がっていました。 4割が残すとかちょっと異常な 数値になっているように思えます。 これは好き嫌いの問題というか、 残さないで食べるというような 教 …

no image

地震の避難方法は具体的状況を想定して考えるべき

地震に遭遇したときにまず取るべき行動は我が身の安全確保です。 そして、そのための一般的な避難方法は以下のようなものです。 ①まず、タンスや食器棚などの重くて危険な物から身(特に頭部)を 守るために堅い …

no image

インターネット浸けだとスキルが身につかない? Google世代の創造性とスキル

英国の発明家ベイリストリバーの発言で、インターネット浸けに なってしまうと創造性とスキルが育たなくなってしまうという ものが出ています。 自らの手で何かをすることができなくなってしまうと いう話です。 …

残業が強制的に月80時間までになる?政府調整。

政府調整として長時間労働対策として 月80時間までの上限規制をするということを 始めるようです。 今も残業は原則禁止ですが、36協定で 時間制限を外すことができるように なっていたということ。 この8 …

アーカイブ