社会

2050年の未来予測

投稿日:


先ほど本屋に行きましたら
2050年の世界、なんて本が平積みで思いっきり
宣伝されていました。

英エコノミストの予測ということで
非常に気になるところです。

2013年をいよいよ迎えるというときに
2013年流行るのこれだ!とか2013年の経済大予測とか
そういった来年予想が妥当なところだと思いますが、
いきなり2050年、37年間も先の話を持ってきている
ところが斬新だと思います。

レビューを見てみると

・会社の中期業務企画を行うような職業の方には
 必読

・恣意的に切り取られた期間の統計を元にした未来図

・中立的でわかり易い説明、ある面常識的な結論

・今後私たちがどうするべきか考えさせられる貴重な本

といった評価がされているようです。

2050年、当たるはずがありません。

そもそも近い将来であってもエコノミストの言うことが
あたったことが果たしてどれだけあるというのでしょうか。

絶対に読めるわけがないですし、科学技術の飛躍等で
世の中が変わる可能性も十分にあります。

それは分かっていても、こういう話は
ある意味未来を知る、想像するということで
面白いと思います。

adsense

adsense

-社会

執筆者:


  1. 通りすがり より:

    “未来予測”の検索で辿り着きました。
    自分もこれ読みましたよ。興味深いですよね。

    ただ、おっしゃる通り技術発展は未来予測において重要な位置を占めます。
    多くの未来予測は環境経済学的なものであって、科学技術が軽視されがちです。
    特に長期的予測になるほど科学技術の影響は大きくなります。

    しかし科学技術を主軸においた予測もあるのです。
    良かったら「技術的特異点」あるいは「収穫加速の法則」で検索するか、少し古いですが「ポストヒューマン誕生」という書籍を読んでみて下さい。
    非常に面白いものが見られると思います。

  2. admin より:

    コメントありがとうございます。
    ご紹介いただいた本もそのうち
    読んでみたいと思います。

関連記事

no image

消費税と所得税について

野田内閣の時に消費税の税率アップが決まりましたが、 安倍内閣になったら、今度は震災復興を進めるためとして、所得税の税率アップが決まりました。 ちなみに、税金の分類からすると、所得税は「直接税」で、 消 …

学歴も格差社会となってきている 子どものためには大卒!?

学歴で分断される日本のリアルと いうような記事が出絵いました。 学歴の格差があるという話ですが 以前から●●大の出身かどうかで 就職や出世に響くというような話は ごく当たり前に起こっていますが、 実態 …

no image

横浜市の待機児童ゼロについて

今朝のニュースで横浜市の待機児童がゼロになる 見通しについて報道されているのを見た。 かつては待機児童数日本一という不名誉な称号を掲げた 横浜市であるが、3年前今の女性市長に変わってから 大きくその問 …

no image

いろいろな点で便利な電子マネー

お金の支払いに、電子マネーを利用している人も中にはいるでしょう。 電子マネーは、クレジットカードのように人々にそれほど 普及しているイメージはあまりありませんが、利用している人も いらっしゃいます。 …

no image

スターバックスにはケチになってほしくない

スタバがコーヒーの量を減らしていたなんてことで 話題になっています。 「器いっぱいに注ぐとこぼれやすく、またミルクを入れる  スペースがないなどとの指摘に応えたものだと説明」 という話にはなっています …

アーカイブ