健康

目的別ウォーキング健康法

投稿日:

jogS
健康のためにウォーキングに取り組んでいるという
方は多くいらっしゃるでしょう。

漠然と健康のために、とにかく歩くという方法では
せっかくの努力があまり報われないこともあります。

そこで目的として一番多いと思われるダイエットのケースと
血糖が高めでお医者様にウォーキングを勧められている
ケースについてお話ししたいと思います。

ダイエットをするためには「20分以上の有酸素運動をして
脂肪を燃やす必要がある」と言われてきました。
しかし、近年は「脂肪を消費するのに20分以上という時間は
必要でない」という説が有力になってきています。

運動をする時、エネルギー源として、「脂肪」と「血中の糖」の
両方が使われますが、運動の時間が長くなると
「脂肪」消費の比率が高くなるので20分以上と言われてきたと
考えられます。

しかし最初から少ない割合ながら脂肪も消費されるので、
無理をして20分以上の運動にこだわる必要はなく、
少しずつでもできる時に、できる分だけ運動することが
推奨されるようになりました。

また空腹時の方が脂肪燃焼効果が高いと言われますが、
これは空腹時の血糖値が低い状態にあるので、
エネルギー源として脂肪が使われやすいことから
そのように言われるようです。

しかし「血糖が高すぎる」ことと「血糖が低すぎる」ことの
どちらの方がより怖いかというと、「低すぎる」ことの方が
身体には即効性の害があります。
「高すぎる」ことは長い目でみると様々な弊害を生みますが、
即座に命にかかわることは少ないものです。

したがって、脂肪燃焼のために空腹で長時間運動することは
あまりお勧めできません。

それよりはウォーキングの際、ストロークを気持ち長めにする、
少し大きめに腕を振るなどして、筋肉を鍛えて、
基礎代謝量を上げる方が、運動していない時にも
エネルギーを多く消費するので効果的です。

また、血糖値が高めでお医者様からウォーキングを勧められている
方は、「毎日○分以上歩くように」「毎日○歩以上歩くように」などの
指示が出されることが多いと思われますが、
血糖コントロールの為のウォーキングは「いつ歩くのか」が重要です。

特に薬で血糖値を下げている方は、食事前の運動は血糖値を下げすぎる
可能性があるのでお勧めできません。
歩くのは食後がお勧めです。食後は血中の糖が急激に増えますが、
この時に運動することで、増えた糖をすぐに消費できるため、
血中コントロールに有効です。
可能であれば毎食後30分程度歩くようにするとよいでしょう。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

ペットボトルの飲み残しと細菌の問題

ペットボトルの飲み残しに注意と ヤフーのトップニュースで出ています。 ニュースで取り扱った内容のようで、 この猛暑の中でペットボトルに直接口を つけて飲むと8時間経ったあとの ペットボトルから細菌が検 …

no image

乾燥肌を防ぐL_アスコルビン酸リン酸マグネシウム

乾燥肌、敏感肌を防ぐ第一歩は、保湿を中心とした スキンケアです。 そこで、L_アスコルビン酸リン酸マグネシウム塩という 持続活性型ビタミンCを使用した美容クリームがオススメです。 このビタミンCの最大 …

no image

口臭と外科

口臭外来を実施ている医院の治療として 外科的治療を行うというケースがあります。 口臭だけというよりは口腔内の治療のための外科手術です。 虫歯や歯周病が口臭の原因となっていてその治療というところでしょう …

no image

石鹸で乾燥肌対策

乾燥肌でお悩みの方は冬場の空気の乾燥している時期は辛いですよね。 少しでも日々の生活の中で乾燥肌対策が立てられたら…と思いませんか。 そこで乾燥肌対策の石鹸を紹介したいと思います。 石鹸は日々の生活で …

no image

肥満にならないための対策

肥満にならないための対策としてはどのようなことが 考えられるのでしょうか。 以下のことを意識することによって肥満になることを 防ぐことができます。 1.1日3食食べること 1日2食にすると、その分のエ …

アーカイブ