健康

目的別ウォーキング健康法

投稿日:

jogS
健康のためにウォーキングに取り組んでいるという
方は多くいらっしゃるでしょう。

漠然と健康のために、とにかく歩くという方法では
せっかくの努力があまり報われないこともあります。

そこで目的として一番多いと思われるダイエットのケースと
血糖が高めでお医者様にウォーキングを勧められている
ケースについてお話ししたいと思います。

ダイエットをするためには「20分以上の有酸素運動をして
脂肪を燃やす必要がある」と言われてきました。
しかし、近年は「脂肪を消費するのに20分以上という時間は
必要でない」という説が有力になってきています。

運動をする時、エネルギー源として、「脂肪」と「血中の糖」の
両方が使われますが、運動の時間が長くなると
「脂肪」消費の比率が高くなるので20分以上と言われてきたと
考えられます。

しかし最初から少ない割合ながら脂肪も消費されるので、
無理をして20分以上の運動にこだわる必要はなく、
少しずつでもできる時に、できる分だけ運動することが
推奨されるようになりました。

また空腹時の方が脂肪燃焼効果が高いと言われますが、
これは空腹時の血糖値が低い状態にあるので、
エネルギー源として脂肪が使われやすいことから
そのように言われるようです。

しかし「血糖が高すぎる」ことと「血糖が低すぎる」ことの
どちらの方がより怖いかというと、「低すぎる」ことの方が
身体には即効性の害があります。
「高すぎる」ことは長い目でみると様々な弊害を生みますが、
即座に命にかかわることは少ないものです。

したがって、脂肪燃焼のために空腹で長時間運動することは
あまりお勧めできません。

それよりはウォーキングの際、ストロークを気持ち長めにする、
少し大きめに腕を振るなどして、筋肉を鍛えて、
基礎代謝量を上げる方が、運動していない時にも
エネルギーを多く消費するので効果的です。

また、血糖値が高めでお医者様からウォーキングを勧められている
方は、「毎日○分以上歩くように」「毎日○歩以上歩くように」などの
指示が出されることが多いと思われますが、
血糖コントロールの為のウォーキングは「いつ歩くのか」が重要です。

特に薬で血糖値を下げている方は、食事前の運動は血糖値を下げすぎる
可能性があるのでお勧めできません。
歩くのは食後がお勧めです。食後は血中の糖が急激に増えますが、
この時に運動することで、増えた糖をすぐに消費できるため、
血中コントロールに有効です。
可能であれば毎食後30分程度歩くようにするとよいでしょう。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

青汁とコレステロール

青汁とコレステロールの関係について説明します。 青汁の商品説明の中にはコレステロールにおすすめとされている 商品も多くあります。 コレステロールというのは無くなって良いものではなく、 人間が生きていく …

no image

「冬うつ」は症状が普通のうつと違う

日経新聞で特集されていた「冬うつ」。 うつ病のなかでも症状が違っていて、 「眠くてたまらない、甘いものを食べ過ぎる」と いう症状が出るようです。 通常のうつ病が ・やる気が出ない ・体が思い ・眠れな …

no image

ウォーキングで心身ともにリフレッシュ

運動不足解消のためにウォーキングを行っているという人は 少なくないはずです。 もちろんタラタラと歩くだけではダイエット効果につながることは 少ないようですが、以前は家から出て歩くことは全然なかったと …

no image

陰部に出来るあせも

あせもの原因は汗を大量にかいた時に汗が皮脂の中に たまってしまうのが原因です。 水ぶくれや炎症を起こし、激しいかゆみを伴うこともあります。 特に夏になると警戒しなければならない皮膚の病気のひとつです。 …

no image

男の乾燥肌に

女性が乾燥肌を気にするのは当たり前のようですが、 最近では男性も乾燥肌に悩まされる事が多いようです。 巷のドラッグストアでは、男性用のスキンケアアイテムも多く、 「たかが乾燥」とやせ我慢するだけでなく …

アーカイブ