健康

風邪に負けないために!

投稿日:

fd879d06
風邪が流行っていますが、この時期からにんにくを
ネットに入れ台所の隅に吊るしておきます。

皮をつけたままなのでクサイにおいはありません。

にんにくに含まれる殺菌成分が、知らず知らずのうちに
部屋のウイルスをやっつけているようです。

もっともお手軽で風邪知らず方法なので
助けられていますお確かめ下さい。

風邪のひき始めにゾクゾクと悪寒を感じたら紫蘇湯を作ります。

青紫蘇2枚位を細かく刻み湯のみに熱湯を注ぐだけです。
青紫蘇の好きな私は、風邪気味でなくても時々飲みます。
普段から青い葉物は食事の時意識して摂る様にしています。

そのおかげかこの何年間か風邪を引いた事はありません。
紫蘇に入っている葉酸はとくに記憶力の衰え(認知症予防)にも
良いようです。

風邪が長引いてなかなか治りにくい時は、肉厚の梅干しを
焼き網の上で焦げ目をつけすぎない様に弱火であぶり、
熱いお茶に入れ身をほぐしながら飲みます。

子供の頃あまりおいしいと思わなかったので少し砂糖や蜂蜜等を
加えても良いと思います。それと体の温まりの早いしょうが湯もお勧めです。

朝までぐっすり眠る事が出来、体力も回復します。
最近は、ノロウイルスなど悪性のものが流行り特に
高齢者や小さな子供さんに気をつけなければいけません。
やはり基本は、手洗い、うがいが良好です。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

冬の暖房による乾燥

冬の乾燥と言うと、肌の渇きなど、美容系、皮膚系に 特化しがちですが、外側が乾くということは、当然、 体の中も乾燥状態になるのです。 そういう理由により、実は高齢者の水分補給は、 夏より冬を、より気を付 …

no image

熱中症予防のため、厚生労働省は国民に注意喚起を行なっています

今年もまた、例年より早く真夏日や猛暑日が日本中で記録し、 熱中症予防対策の必要性が叫ばれています。 厚生労働省では、5月28日に国民への熱中症予防への理解と 対策を進めるため、注意喚起パンフレットを作 …

no image

赤ちゃんのあせも対策

赤ちゃんというのは汗を大量にかきます。 そうした時に適切な対処をしていないと、 あせもに発展してしまう事があります。 対処というのは赤ちゃんのかいてしまった汗を綺麗にするという事で、 すぐに適切な方法 …

no image

臭わない汗を出す生活習慣の方法

人間ですので誰もが汗をかきますし、体臭は誰にもあるものです。 しかし、臭いの少ない人、きつい人の違いは何が原因なのでしょうか。 それは、生活習慣にあります。 たとえば臭う人の原因は数々ありますが、例を …

no image

食事療法+運動療法で肥満を解消

肥満を解消するためのダイエット方法は、大きく以下の2つに 分類されます。 ・食事療法 ・運動療法 どちらにしても、正しい目標を設定して、無理なくできるように していくことが重要です。短期間での過激な原 …

アーカイブ