雑記

吉田秀和と丸谷才一

投稿日:

news05
文学とりわけ評論分野で戦後日本を代表する知識人、吉田秀和氏と丸谷才一氏
が今年亡くなりました。新聞での扱いも特別で、各紙に大きな追悼関連記事が
掲載されました。どちらも亡くなる直前まで現役として活動されていました。
その永年にわたる創作活動、その作品の質の高さという点において、今後
このふたりを超える人物が果たして現れるのだろうかと考えてしまいます。

吉田秀和は戦後日本の音楽教育に携わる一方、音楽評論というあたらしい分野を
開拓して行きました。出世作「主題と変奏」をはじめ、斬新な視点を論理的に展開
し、それを的確に表現する文章は、吉田氏の独壇場です。国際結婚をし英・仏・独
の3ケ国語を自在にあやつる国際人でもありました。その広い交友関係と視点
から、日本を見ることのできる人でした。その視点は音楽だけにとどまらず、
芸術一般にまで及びました。

丸谷才一は小説家としても一家をなしていますが、やはり日本語についての数々
の評論にその才能が遺憾なく発揮されています。代表的な評論「文章読本」
は明治以来日本で書かれた「文章読本」の最高峰といえるのではないでしょうか。
小説家としての才能を十分に生かして、古今東西の珠玉の文章を選び上げ
存分に的確な解説を加えています。作家としての才能はその文章にも遺憾なく
発揮されています。

戦後日本が生んだ最高の知識人ふたりが亡くなったことは、日本にとって
大きな損失です。今後このような才能をどう生み出していくのかは日本
の大きな課題です。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

足が太いブーツ

世の中はブーツの季節になっていますが 足が太いという悩み用語で検索すると 「足が太い ブーツ」と出てきて みなさん足が太い人はブーツも悩みがあるということが わかります。 ショートブーツにそてタイツの …

no image

チリも積もれば山となるのでゴミをためない

2013年、新しい年が始まりました。 お正月はどこへ出かけてもにぎやかで、またテレビをつけてもにぎやかです。 にぎやかで楽しいお正月を迎えるために、年末の大掃除は欠かせないものですが、 この年末の大掃 …

no image

鏡餅とのし餅、小餅の硬さの違い

東京の武道館にある大きな鏡餅は よくニュースに流れますが この鏡餅は、普段私達が食べ小餅やのし餅と 硬さが違うようにつかないといけないのです。 最近の市販されている小餅は 餅粉が入っているために ゆで …

no image

名前の持つ力をきちんと認識する大切さ

最近では子供が生まれた時に、よく当て字のような奇妙な 名前を付ける親御さんが多いようですが、彼らは名前が持つ力と いうものをきちんと理解して名付けているのでしょうか? 音韻学など専門的な知識はなくとも …

ブログがネタ切れしないためには?

ブログを書いているとネタがいつか尽きてしまうときが くると思います。 このブログも然りですが、他のブログでもいいことを書いていても 途中で更新が止まってしまうことは少なくありません。 面倒くさくなった …

アーカイブ