雑記

吉田秀和と丸谷才一

投稿日:

news05
文学とりわけ評論分野で戦後日本を代表する知識人、吉田秀和氏と丸谷才一氏
が今年亡くなりました。新聞での扱いも特別で、各紙に大きな追悼関連記事が
掲載されました。どちらも亡くなる直前まで現役として活動されていました。
その永年にわたる創作活動、その作品の質の高さという点において、今後
このふたりを超える人物が果たして現れるのだろうかと考えてしまいます。

吉田秀和は戦後日本の音楽教育に携わる一方、音楽評論というあたらしい分野を
開拓して行きました。出世作「主題と変奏」をはじめ、斬新な視点を論理的に展開
し、それを的確に表現する文章は、吉田氏の独壇場です。国際結婚をし英・仏・独
の3ケ国語を自在にあやつる国際人でもありました。その広い交友関係と視点
から、日本を見ることのできる人でした。その視点は音楽だけにとどまらず、
芸術一般にまで及びました。

丸谷才一は小説家としても一家をなしていますが、やはり日本語についての数々
の評論にその才能が遺憾なく発揮されています。代表的な評論「文章読本」
は明治以来日本で書かれた「文章読本」の最高峰といえるのではないでしょうか。
小説家としての才能を十分に生かして、古今東西の珠玉の文章を選び上げ
存分に的確な解説を加えています。作家としての才能はその文章にも遺憾なく
発揮されています。

戦後日本が生んだ最高の知識人ふたりが亡くなったことは、日本にとって
大きな損失です。今後このような才能をどう生み出していくのかは日本
の大きな課題です。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

気のめぐりを良くするための波動修正法

この世界には目には見えないけれど、気(波動)といったエネルギーが流れています。 人間の体内にも、経絡といって気、血、水が絶えず体全体を 巡りながら、生命を維持しているのです。 今回は、そんな気のめぐり …

no image

娘に連れていかれたジーユー今では私がはまっています

ジーユーには家族揃ってお世話になっています。 娘は中学三年生。 かなり小柄な娘はまだジュニアサイズで十分なのですが、 大人の格好に興味がある年頃。 ジュニアのお洋服には全く興味がなく、 最近は自分の好 …

no image

フリーエージェントの罠!?詐欺?実態を確かめよう

フリーエージェント関連について 気になるブログ記事がありました。 今や有吉ジャポンや笑っていいともに出演した 与沢翼氏。 とにかく金持ちのイメージでブランディングし、 本も発売してかなりのプロモーショ …

no image

写真を撮る時、何て言う?

写真を撮る時、多くの人が「はい、チーズ」と言うと思います。 これは、アメリカで「Say cheese」と声をかけるのを、 そのまま和訳してしまったんですね。 英語で「cheese」を発音すると最後の「 …

no image

ハンドメイドの需要と人気

最近ハンドメイドが人気があります。 それは、作家さん一人一人の個性で作られるものであり、 すべてにおいて一点ものであるからです。 人とは違った物を持ちたい。市場に自分の気に入るアイテムがない、 そうい …

アーカイブ