雑記

玉三郎の「ふるあめりかに袖はぬらさじ」

投稿日:

memo1228
正月3日に、NHKが舞台「ふるあめりかに袖はぬらさじ」をオンエアします。
これは2012年に赤坂のACTシアターで上演された舞台の録画放送です。

この作品は有吉佐和子が文学座の杉村春子(いずれも故人)のために
書き下ろしたもので、幕末の横浜の遊郭を舞台に、そこで働く芸者と
遊女を中心に描いています。

ドラマは喜劇仕立てですが、ラストに遊郭の女の悲しみが鮮烈に表現され、
深い感動を呼びます。有吉戯曲の白眉といっていいでしょう。

主人公の年増芸者が杉村春子の当たり役。口八丁手八丁で、三味線を
聞かせたり、講談調で長台詞を語る、という見どころもあります。

杉村はそのセリフ術、所作の美しさで鳴らした女優。
リアルでありながら様式的でもある彼女の持ち味が、最大限に
発揮された舞台でした。

これを歌舞伎の女形坂東玉三郎が継承し、これまでに何度も
上演しています。当たり役の一つになりつつありますが、
ただこれまでは、杉村とちがい玉三郎は「絶世の美人」なため、
対照的に描かれている美人遊女よりもどうしても美しく見えてしまい、
役のリアリティに難がありました。

この芝居は遊女は絶世の美人、芸者は年増で容貌はぱっとしない、
という見た目の対比がでないと、成立しないのです。

リアリティに難があった、というのはそのためです。

それが今回は相手役の遊女が初役の壇れい。おそらく現役女優の中でも
最高の美貌の持ち主でしょう。一方の玉三郎は還暦を過ぎ、美しさは
相変わらずですが、以前のような他を圧する美貌からは少し別種の
味わいに変わってきていますので、その分、リアリティの難はこれまでより
ずっと克服されています。

二人の役のバランスが、杉村版のリアリティに近づいたと言っていいでしょう。

必見とは言いませんが、明るくにぎやかで、最後に感動が
あるという作品ですから、正月に茶の間で楽しむにはうってつけです。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

雪国での車との付き合い方

先日関東地方で大雪があって交通が麻痺してしまったのは 記憶に新しいと思います。 電車も結構止まってしまいましたが、それよりも目立ったのが 道路交通での麻痺だったと思います。 なかなか車庫からは出られな …

no image

甲殻類・エビも痛みを感じる可能性あり

エビやカニなどの甲殻類。 私たちは調理するときに、普通に生きたままの仕入れてきて それをさばく、茹でる等を行っていますが、実は痛みを 感じている可能性があるなんてことが発表されたようです。 ・・・・・ …

no image

山田五十鈴の「たぬき」。そのモデルの人生

昨年亡くなった名女優山田五十鈴。女優というより「最後の女役者」と 呼んだほうがしっくりきます。 本領はもともと映画ですが、後年舞台にシフトしていきました。 舞台の代表作は「たぬき」。山田五十鈴が演じる …

no image

洗濯物の臭いの消し方

毎日洗濯しているのに、たまに衣服からプーンと 臭う時ってありませんか? 特に、濡れた時などは臭ってきます。 周りに人がいると恥ずかしくなってしましまいますよね。 バスタオルも例外ではなく、洗濯したばか …

no image

疲れている時に気をつけたい事

疲れている時というのは、一番人間関係のトラブルが起きやすい時だと思います。 イライラするのは自分に余裕がない時です。 そして相手にも余裕がなければ、雰囲気が悪くなるのは当然です。 職場や家庭等、特に同 …

アーカイブ