社会

2013年の為替相場と株価について

投稿日:

news05
2012年も残り僅かとなった頃、日本では自民党と公明党の
連立政権が誕生して、低迷する日本経済の立て直しを声高に
叫んでいます。

それは非常に頼もしく感じる一方で、
「所詮は掛け声だけに終わるのではないか」との
冷めた見方も国民の間に広がっているのではないかと思います。

しかし、世界のマーケットを冷静に分析してみると、諸外国は
日本経済の力強い復活に期待を寄せています。

それが最も顕著に表れているのが、最近の為替相場の変動です。
つい数か月前まで一ドル七十円台の円高に喘いでいた日本円は、
この年末には遂に一ドル八十六円台にまで達したのです。

それは日本の新政権が声を大にして表明している
「経済成長二パーセント」や、「一ドル九十円から百円」と
いう目標に、世界のマーケットが敏感に反応したからに他なりません。

それは確かに無条件に信じるわけにはいかない目標ではありますが、
大切なことは、「出来るか出来ないか」ではなく、「やる」と
いう気持ちです。

その気持ちにこそマーケットは反応したのです。

2013年の日本経済は、それでも決して明るいとは言えません。

しかし、最悪の底は打ったのではないかという見通しは立ちました。
それは東京株式市場の年末の活気を見ても感じられます。

日本経済にも大きな影響のあるアメリカ経済も、財政の崖問題を
乗り越えれば力強く浮上するのは間違いありません。

何事も悲観的に考えると切りがありません。
今は日本経済の回復を願いつつ、
希望的に新年を迎える方が得策です。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

藻における日本の可能性

2010年、日本の大学教授が従来の植物より20倍以上の石油生産力をもつ藻がある事を発表しました。 これにより日本は将来石油産油国として生まれ変わる可能性が出たのです。 この藻は、深さ1メートル、広さ1 …

no image

円安は日本を救うのか

自民党が優位ということが世論調査などで 明らかになってくるに従って円安が進んできています。 自民党の総裁などは否定していますが、やはりどう考えてみても 自民党の総裁の発言が今の円安を誘導しているとしか …

no image

最低賃金は良いのか悪いのか

最低賃金を無くすという話を橋本さんが 提案していて、今話題になっています。 これはいいのか、悪いのかということ、 凄く難しい問題です。 もちろん最低賃金が無くなると単純に 給料は下がるに決まっています …

no image

エンジョイライフのために、、、紙おむつのススメ

紙おむつの需要は、今や乳幼児より成人に多くあるようで、 今年は大人用の紙おむつが子供用の生産を上回る勢いなのだそうです。 少子高齢化がますます深刻化するのに伴い、大人用紙おむつは ドラッグストア等の棚 …

no image

イギリスの高校教育について

イギリスの高校では日本教育とは違い、実力主義に基づく、 自己管理にゆだねられた教育といえます。 通常の日本では特定の科目に対する出席率やレポート、 そしてテスト結果によって、卒業資格を得る形になってい …

アーカイブ