社会

工業製品の磁石業界について

投稿日:

memo1228

最近の磁石業界について詳しいことが判らないため、
磁石について一応調べてみまして少々驚きました。

それは磁石の種類と用途の広さです、先ず素人が
よく知っている、鉄にくっつくと思っている磁石には、
強い順にネオジウム磁石、サマリウムコバルト磁石、
異方性フエライト磁石の順であり、その特徴は、ネオジウムは
力が強いが錆びに弱い、サマリウムはそこそこの強さで
耐熱性が抜群であるが衝撃に弱い、と言う特徴があり
価格面を考慮して、それに向いた作業用に使用されているとの事です。

利用についてはその形態からは、キャップマグネット、ラバーマグネット、
ステンレスに内臓した産業界用のバーフイルター、重量鋼材持ち上げのリフト用かです。

さてその応用となれば、壁にねじで固定し工具整理のマグネットハンガー、
強力で事務所使用のマグネットフック、子供の頃から親しい方位磁計コンパス、
理科実験やパズル用の鋼球、鉄くず分離のマグネットキャチャ-、
掲示板への貼り付け用のパーマグネット、鳥除用フック付き磁石と大別でき、
更にマッチした各形態に分けられる為、結果として相当な種類の製品が、
生産販売されれいる事推定できます。

それにより家庭や各産業界で応用使用されてきて、特に材料の選別や移動、
それに工場関係の整理整頓による安全維持分野に大きく貢献し、
日本経済の工学分野の発展のしたささえとして、大きく寄与されてきた事と思います。

日本人はこのようなアイデア分野は得意であり、今後とも
更に新規開発商品が、開発されていく事をも期待しております。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

経済学から見る環境問題解決の難しさ

経済学においては通常、生産と消費の2つを観点に進められています。 しかし、先進国においては、生産力の高さから多くのゴミが発生し、 無視できない状態へとなっています。 特に日本においては、リサイクル技術 …

学歴も格差社会となってきている 子どものためには大卒!?

学歴で分断される日本のリアルと いうような記事が出絵いました。 学歴の格差があるという話ですが 以前から●●大の出身かどうかで 就職や出世に響くというような話は ごく当たり前に起こっていますが、 実態 …

no image

老齢厚生年金保険料の具体的計算

老齢厚生年金の保険料は、標準報酬月額×保険料で算出されますが、 実際どれくらいの保険料になるのでしょうか。 計算方法を説明します。 厚生年金保険の保険料率は、平成23年9月分から、 0.354%に引き …

no image

何事にも囚われずに常に成長し続ける方法

何事にも囚われずに日々成長し続けられたら、 どんなにすばらしいでしょう。 日本のような先進国で生活していたら、そんなにお金をかけなくても 何かしらの方法で、日々様々な事を学びながら、100歳まで ノン …

no image

リサイクルする困難とリサイクル製品を販売する大変さ

通常リサイクルはゴミを増やさない目的として行われるため、 営利目的としては合わないビジネススタイルだと言えます。 紙を例に考えてみます。通常紙は新聞紙や古紙などを用いて、 全く新しい紙へと再資源化しま …

アーカイブ