ビジネス

一寸先は闇を生きる

投稿日:

2013年が始まりました。

2013年に生き抜くことのできる人材とは
何だろうか?

ということで、文書をいろいろと見ていたところ
元NTTドコモでiモードを開発したあの夏野氏の
言葉で、一寸先は闇なんです、というものを
見つけ出しました。

「一寸先は闇なんです。だとしたらどう生きればよいのか?
 簡単なんですよ。今、見えている間を悔いなく生きる。
 その先に何があるかは闇だから」

いい意味でも悪い意味でも一瞬先は闇。
この先何が起こるかなんて誰も予測できません。

ビジネスにおいてもそれは同じ。
急にライバルが出現するかもしれませんし、
今の自分の仕事がそのまま続けられる保障なんて
どこにもありません。

できることは今は一生懸命に生きる。
そしてできれば、何かが起こってもそれに
耐えられるような体制をつくっていく。

できることをしていくしかないけど、それは
意識するかどうかによって大きく変わっていくはずなんです。

どうなるかわからない時代、一生懸命頑張っていきましょう。

adsense

adsense

-ビジネス

執筆者:

関連記事

中国にある韓国ロッテが閉鎖 政治リスクが大きすぎる国では?

中国にある韓国ロッテが 20店舗以上も閉鎖になったという話が 出ています。 韓国ロッテが何かしたという話ではなく THAAD配備計画への反発のため 民間企業が影響を受けているという 状態。 ちょっと中 …

no image

「女性スタッフが活躍中!」の募集と男女雇用機会均等法

最近のバイト募集雑誌を見ていると 「女性スタッフが活躍中!」という表現が かなり多く見つかることに気づきました。 これってどういう意味なのでしょうか? 女性スタッフが多いから女性の方も安心です。 なの …

no image

ビジネスにおけるブランド戦略の考え方

ブラント戦略は消費者が構築するものではなく、創造者が 中心となり実行すべきものと考えています。 真のブランドとは、ロゴとかマークではなく、創造者の理念と 行動が伴わなければ達成することはないと考えるか …

no image

増え続けるコンビニ

私は街の中心部に住んでいて、移動は徒歩が中心です。週に2-3回は歩いて30分 くらいにある公園まで散歩しています。その間街の様子を見ながら歩くのを楽しみ にしています。そしてここ数年コンビニエンススト …

no image

自己啓発と時間の価値

世の中には「投資」という言葉があります。 今持っている貴重なお金等の資源を投入する代わりに 将来、その投資したものを上回るリターンを得るというものです。 ここには時間の価値というものが存在していて、 …

アーカイブ