健康

早食いは禁物

投稿日:

014480
中性脂肪やコレステロールが気になる人が
やってはいけないものとしては早食い、朝食抜きと
いうものがあります。

早食いかどうかということは自分ではあまり
わからないということも多いと思います。

何分くらいで食事を終えているか測って
見るのもいいかもしれません。

もし10分以内であれば、見直しする必要が
あります。食べ物をゆっくりと噛むように
していけば自然と食事時間は長くなって
いくはずです。

食欲をつかさどる脳の視床下部が満腹の
サインをキャッチするまでにかかる時間は
15分~20分程度と言われています。

早食いをすると満腹感が得られる前に
食べてしまうので、どうしても食べすぎという
ことになってしまいます。

お腹いっぱいにならないので、食べられる、
満腹となったときには既にその限界点を超えていて
脂肪に蓄積していくという構造です。

そんなに食べていないのに、普通の量しか食べていない、
これ以上減らすことはできない、等思う前に
まず食べている時間を見直してみてください。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

体を中からメンテナンスできる「半日断食」

忘年会・お正月に続き、新年会等で体重増加された方、 胃腸が何となく弱っていると感じる方が多いのではないでしょうか。 また寒さも加わり、体中の血の巡りも滞っている状態かもしれません。 増加した体重を元に …

no image

マンデーブルーを解消する方法

日曜日の夕方ごろになって、 「ああ明日は月曜日・・・また満員電車に乗って会社に行かなくてはならない」 と思って、メランコニックになったことはありませんでしょうか? 俗に言う、「マンデーブルー」と呼ばれ …

no image

乾燥肌とワセリン

結婚してから手指の乾燥がとんでもないことになりました。 ハンドクリームは、添加物でかえって荒れてしまうので、 オイルばかり塗っていましたが、いくら塗っても追いつきません。 指紋認証機能が全部使えなくな …

no image

肥満が引き起こす病気

最近、肥満ということが非常に気になってきています。 まだ明らかな肥満というわけではありませんがお腹が ぽっこりしてきています。 そこで、肥満が引き起こす病気ということで調べてみました。 ・脳血管疾患 …

京都大学の研究グループがアトピーを改善する物質を発見

京都大学の研究グループがアトピーを改善する 物質を発見したということが報道されていました。 人間の皮膚には外界からの異物を防ぐバリア機能が あるが、それが入ってしまうとアレルギーとして 異常反応を起こ …

アーカイブ