雑記

大相撲の「引き分け」は日本の精神文化

投稿日:

memo1228
現在ではちょっと考えられませんが、昔は大相撲に「引き分け」がありました。

大相撲の歴史は古く、遠くさかのぼれば「日本書紀」の野見宿祢と
当麻蹴速の力比べにまで行き着きますが、これは伝説。

職業相撲は江戸になって、大名お抱えの力士が登場して興行としての
相撲が成立しました。

寛政年間、4代横綱谷風とライバルの5代横綱小野川、
そして相撲史上最強と謳われる雷電為右衛門が競って、
一つのピークを迎えます。

江戸時代の錦絵(浮世絵)に3人のまったくタイプのちがう
人物を並べて描いた異色の一枚があって、それは「花魁と役者と力士」。

この三つが江戸町人の娯楽三傑だったわけです。
ちなみに、寄席も江戸で流行りましたが、ピークはむしろ明治・大正に
なってからです。

さて、その大相撲、戦前までは「引き分け」はふつうにありました。

江戸時代はいうに及ばず、昭和戦前の双葉山の時代でも、
たとえばひと場所の成績が「9勝1負1分け」ということは、
ごく普通のことだったようです。

なお今のように1場所15日制になったのは戦後、大鵬の時代くらいからです。

その先輩にあたる初代若乃花(「若貴」の伯父さん)くらいまでは
まだそうではありませんでした。

これはもともと、野天興行だったため、その日の興行の成否が
天気に左右されたためでしょう。

今でも行司は懐剣を持っていて、それは「軍配差し違え」を
したら自ら腹を切る、という心構えを表しているといわれますが、
その行司の「勝負預かり」ということも昔ありました。

勝負の決着つかないまま、「この勝負は私があずかります」と行事が裁くのです。

この「引き分け」「勝負預かり」は、なにがなんでも、どちらかが
死ぬまで戦わせて決着をつける、という西洋のスポーツ(古代オリンピックがその例です)とは
正反対の、日本的「精神文化」と言っていいと思います。

外国人力士が中心になった現在は、「水入り」すらほとんどなくなってしまい、
「引き分け」などもはや伝説の領域に入ってしまったようです。

「最後の引き分け」は昭和49年9月の秋場所「三重ノ海、二子岳」戦でした。
水入りを繰り返し、取り直しとなってそれでも決着がつかずついに
引き分けたという、そんな熱戦は今では望むべくもありません。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

牡蠣の食べ放題

最近牡蠣の特集が雑誌などでよく組まれています。 そんな私も牡蠣が好きです。 毎年、冬になると牡蠣を食べる機会が増えると思います。 しかし私は定食屋さんんなどではなく、オイスターバーや 牡蠣の産地で食べ …

no image

格安だけど、着こなし抜群のg.u.

  ちょっと前までは、しまむらが、格安でギャルファッションを 購入できるファッション店でした。 ところが、それよりも格安で、ちょっと落ち着いた大人の 雰囲気をかもし出しつつ、しっかり着こなせるのがg. …

no image

日本でハロウィンが広がっている!?

日本でハロウィンってこんなに騒いでたっけ?と いうような書き込みを見つけました。 確かに、以前に比べて妙に普及した、騒ぐように なったと思います。 少なくとも10~20年前にハロウィンだから どうとい …

no image

スマホは高齢者にとって難しい?

スマホは徐々に世の中に普及し、従来の携帯電話と 入れ替わっているという状況だと思います。 スマホユーザーの9割がPCサイトの閲覧に不満–急速に浸透するLINE http://japan.c …

no image

神様の言うとおり弐が少年マガジンで始まりました。

神様の言うとおり弐が新連載として 少年マガジンで始まりました。 これはかなり期待です。 神様の言うとおりはもともと別冊少年マガジンで 連載されていて、それが週刊に移ってきたということです。 週刊連載か …

アーカイブ