雑記

大相撲の「引き分け」は日本の精神文化

投稿日:

memo1228
現在ではちょっと考えられませんが、昔は大相撲に「引き分け」がありました。

大相撲の歴史は古く、遠くさかのぼれば「日本書紀」の野見宿祢と
当麻蹴速の力比べにまで行き着きますが、これは伝説。

職業相撲は江戸になって、大名お抱えの力士が登場して興行としての
相撲が成立しました。

寛政年間、4代横綱谷風とライバルの5代横綱小野川、
そして相撲史上最強と謳われる雷電為右衛門が競って、
一つのピークを迎えます。

江戸時代の錦絵(浮世絵)に3人のまったくタイプのちがう
人物を並べて描いた異色の一枚があって、それは「花魁と役者と力士」。

この三つが江戸町人の娯楽三傑だったわけです。
ちなみに、寄席も江戸で流行りましたが、ピークはむしろ明治・大正に
なってからです。

さて、その大相撲、戦前までは「引き分け」はふつうにありました。

江戸時代はいうに及ばず、昭和戦前の双葉山の時代でも、
たとえばひと場所の成績が「9勝1負1分け」ということは、
ごく普通のことだったようです。

なお今のように1場所15日制になったのは戦後、大鵬の時代くらいからです。

その先輩にあたる初代若乃花(「若貴」の伯父さん)くらいまでは
まだそうではありませんでした。

これはもともと、野天興行だったため、その日の興行の成否が
天気に左右されたためでしょう。

今でも行司は懐剣を持っていて、それは「軍配差し違え」を
したら自ら腹を切る、という心構えを表しているといわれますが、
その行司の「勝負預かり」ということも昔ありました。

勝負の決着つかないまま、「この勝負は私があずかります」と行事が裁くのです。

この「引き分け」「勝負預かり」は、なにがなんでも、どちらかが
死ぬまで戦わせて決着をつける、という西洋のスポーツ(古代オリンピックがその例です)とは
正反対の、日本的「精神文化」と言っていいと思います。

外国人力士が中心になった現在は、「水入り」すらほとんどなくなってしまい、
「引き分け」などもはや伝説の領域に入ってしまったようです。

「最後の引き分け」は昭和49年9月の秋場所「三重ノ海、二子岳」戦でした。
水入りを繰り返し、取り直しとなってそれでも決着がつかずついに
引き分けたという、そんな熱戦は今では望むべくもありません。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

レトルト食品は常温で保存できます

最近はレトルト食品の種類が豊富になり、味も良くなっているので、 時間の取れない食事の時には非常に重宝します。 レトルト食品の「レトルト(retort)」とは、高圧加熱殺菌釜の ことを指しています。 調 …

no image

カップ焼きそばはカップラーメンよりカロリーが高い

一日ほとんど水とカップ焼きそばしか食べてないけど 体重が全然減らない・・なんていう書き込みを見つけたので、 気になってカロリーを調べてみました。 日清食品 日清 ソース焼そば カップ 104g 501 …

no image

免許取得にかかる時間が短い合宿免許

運転免許を取得する場合、その方法は三つあります。 まず、一つ目が、直接運転免許センターへ赴いてそこで 試験を受ける方法です。これは、最も難しい方法です。 練習も何もなしにいきなり試験を受けることになり …

no image

手軽に発熱下着

衣服の裏に吹き付けて着ると暖かくなるスプレーというものをご存知でしょうか。 成分には唐辛子の成分として有名なカプサイシンなども含まれているため、 一見するとただ体感的に暖かくなるだけの物なのかと思って …

no image

「私の青空」日本オリジナルは「流行歌の鼻祖」二村定一

現在オンエア中のフジカラーのCМで、スタンダードナンバー 「私の青空」が使われています。 歌詞を変えていますが、オリジナルの日本版は 「夕暮れに仰ぎ見る、輝く青空。~狭いながらも楽しい我が家」と いう …

アーカイブ