雑記

江戸の「刻(とき)」と現在の「時間」

投稿日:

memo1228
歌舞伎や落語など、江戸時代に成立した芸能に接するとき、
当時の「刻(とき)」の観念を知らないと、混乱することがあります。

現在は24時間、江戸時代は12刻ということはよく知られていますが、
当時は一日を単純な割り算で12にわけたというのではありません。

そもそも「1日」の始まりは、現在は午前零時からですが、
当時は夜明けから1日が始まったのです。

つまり、夜明けから次の夜明けまでが「今日」だったわけです。

これは忠臣蔵の討ち入りを考えるとわかりやすいです。
討ち入りは「12月14日」。しかし、もし同じことが今あって、
それをテレビニュースで報じたとしたら、アナウンサーは、
「12月15日の未明、赤穂浪士が吉良邸に討ち入りました」ということになります。

夜明けから1日が始まった「12月14日」は、次の夜明けまで
続いているからです。

「初夢は1月2日に見た夢」というのもまさにそれです。
今の時間観念からいえばそうなるということであって、江戸時代の
初夢は、やっぱり1月1日の夜に見た夢にちがいなかったのです。

夜明けから日没までを均等に割り算して、「一刻」とした。

ですから当然、夏と冬では「一刻」の長さが違います。
それもかなり違ってきます。われわれも生活実感として、夏至のころと
冬至のころでは、夜明け、日没の時間がずいぶん違うことを知っていますが、
その感覚で江戸時代の1日を想像すると、わかりやすいかもしれません。

今、生活実感といいましたが、1日が夜明けから始まって、夏と冬とでは
時の単位の長さが違ってくる、という考え方のほうが、その実感に実は
即しているのではないでしょうか。

合理的なのはむしろ、江戸時代の「十二刻」のほうであることは、
論を待たないと思います。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

第六感を鍛えるには

あの人は勘がいい、霊感がある、予知能力があるといった人が、 あなたの周りもいませんか? では、どうして彼らはそんなに勘がいいのでしょうか? そして勘とはいったいどんな能力なのでしょうか? 今回は、そん …

no image

ジーユーのカーディガンはさっと羽織るのに便利

秋ごろに、ジーユーのカーディガンをお手頃価格で購入しました。 カーディガンは、基本的なワードローブとなりますので、 色や素材で数種類持っていますが、ジーユーで購入したのは、 もっともベーシックなタイプ …

no image

パワーラーニングの口コミは?

最近、英会話教材を調べるということが 多くなっています。 その中で新しく気づいたものとしては パワーラーニングというものがありましたので 紹介します。 英会話教材ではあるのですが、この教材の 特徴が完 …

マックのコーラグラス 100周年記念版の口コミ・評判は?

マクドナルドが100周年記念ということで コーラグラスの販売を行うようです。 今回はプレゼントではなく「販売」ということで セットにプラスで100円を追加して購入することに なるか、もしくはグラスだけ …

no image

キーシンの「ショパン前奏曲」はジェットコースター

生涯のすべてをピアノに捧げたともいえるフレデリック・ショパン。 当然数多くの傑作があります。 専門家の評価はいろいろですが、「前奏曲」の評価は際立っているようです。 ほかにも「練習曲」「ソナタ3番」「 …

アーカイブ