雑記

江戸の「刻(とき)」と現在の「時間」

投稿日:

memo1228
歌舞伎や落語など、江戸時代に成立した芸能に接するとき、
当時の「刻(とき)」の観念を知らないと、混乱することがあります。

現在は24時間、江戸時代は12刻ということはよく知られていますが、
当時は一日を単純な割り算で12にわけたというのではありません。

そもそも「1日」の始まりは、現在は午前零時からですが、
当時は夜明けから1日が始まったのです。

つまり、夜明けから次の夜明けまでが「今日」だったわけです。

これは忠臣蔵の討ち入りを考えるとわかりやすいです。
討ち入りは「12月14日」。しかし、もし同じことが今あって、
それをテレビニュースで報じたとしたら、アナウンサーは、
「12月15日の未明、赤穂浪士が吉良邸に討ち入りました」ということになります。

夜明けから1日が始まった「12月14日」は、次の夜明けまで
続いているからです。

「初夢は1月2日に見た夢」というのもまさにそれです。
今の時間観念からいえばそうなるということであって、江戸時代の
初夢は、やっぱり1月1日の夜に見た夢にちがいなかったのです。

夜明けから日没までを均等に割り算して、「一刻」とした。

ですから当然、夏と冬では「一刻」の長さが違います。
それもかなり違ってきます。われわれも生活実感として、夏至のころと
冬至のころでは、夜明け、日没の時間がずいぶん違うことを知っていますが、
その感覚で江戸時代の1日を想像すると、わかりやすいかもしれません。

今、生活実感といいましたが、1日が夜明けから始まって、夏と冬とでは
時の単位の長さが違ってくる、という考え方のほうが、その実感に実は
即しているのではないでしょうか。

合理的なのはむしろ、江戸時代の「十二刻」のほうであることは、
論を待たないと思います。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

疲れている時に気をつけたい事

疲れている時というのは、一番人間関係のトラブルが起きやすい時だと思います。 イライラするのは自分に余裕がない時です。 そして相手にも余裕がなければ、雰囲気が悪くなるのは当然です。 職場や家庭等、特に同 …

no image

モバイル会員への誘導

最近、モバイル会員へ誘導するようなお店が 増えてきていませんか? メジャーどころであれば、ユニクロ・ジーユーも やっていますし、スーツカンパニー等もやっていますし 飲食店系は知っているだけで数多くあり …

no image

オール電化の代表「エコキュート」のメリット

原発事故以来、電力問題が大きな論争になっているため、オール電化住宅のCMが 流れなくなっています。ただ、安全性や省エネ性から言うと、 メリットが大きいことは事実です。 ちなみに、オール電化住宅の代表と …

no image

日本代表 オマーン戦の感想

日本代表のオマーン戦も終わりましたね。 ほんと見て良かったです。 1対0で優位に進んで後半に入りましたが 後半戦でオマーンにFKでシュートを決められてしまうと いう状態。 盛り上がるアウェーのサポータ …

no image

福袋の醍醐味とは

福袋は買う人と買わない人に別れると思いますが、 私は試しに買ってみるほうです。 それが自分が好きなブランドの福袋でしたら、頑張って買ってしまいます。 福袋は毎年買っていますが、福袋の醍醐味とは何だろう …

アーカイブ