雑記

江戸の「刻(とき)」と現在の「時間」

投稿日:

memo1228
歌舞伎や落語など、江戸時代に成立した芸能に接するとき、
当時の「刻(とき)」の観念を知らないと、混乱することがあります。

現在は24時間、江戸時代は12刻ということはよく知られていますが、
当時は一日を単純な割り算で12にわけたというのではありません。

そもそも「1日」の始まりは、現在は午前零時からですが、
当時は夜明けから1日が始まったのです。

つまり、夜明けから次の夜明けまでが「今日」だったわけです。

これは忠臣蔵の討ち入りを考えるとわかりやすいです。
討ち入りは「12月14日」。しかし、もし同じことが今あって、
それをテレビニュースで報じたとしたら、アナウンサーは、
「12月15日の未明、赤穂浪士が吉良邸に討ち入りました」ということになります。

夜明けから1日が始まった「12月14日」は、次の夜明けまで
続いているからです。

「初夢は1月2日に見た夢」というのもまさにそれです。
今の時間観念からいえばそうなるということであって、江戸時代の
初夢は、やっぱり1月1日の夜に見た夢にちがいなかったのです。

夜明けから日没までを均等に割り算して、「一刻」とした。

ですから当然、夏と冬では「一刻」の長さが違います。
それもかなり違ってきます。われわれも生活実感として、夏至のころと
冬至のころでは、夜明け、日没の時間がずいぶん違うことを知っていますが、
その感覚で江戸時代の1日を想像すると、わかりやすいかもしれません。

今、生活実感といいましたが、1日が夜明けから始まって、夏と冬とでは
時の単位の長さが違ってくる、という考え方のほうが、その実感に実は
即しているのではないでしょうか。

合理的なのはむしろ、江戸時代の「十二刻」のほうであることは、
論を待たないと思います。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

「進撃の巨人」の魅力

このブログなのですが、結構な回数、進撃の巨人関連の キーワードで検索されています。 進撃の巨人という漫画はやはり普通の漫画と異なり 圧倒的人気を持っているということになるんだと 思います。 (他にも漫 …

no image

アイドリングストップのメリット、デメリット

最近では環境を綺麗にとか限りある資源を大切にとかを合言葉に アイドリングストップ機能を搭載している車も増えていますよね。 また、アイドリングストップ機能が搭載されていなくてもドライバーが 自分の意思で …

赤本の買取をするにはどこを利用するのがいい?

受験も無事終わったし、 赤本や参考書、問題集を処分したい!と 考えている方、ただ捨てるだけだと 実はもったいないことになるんです。 その赤本、参考書、問題集は売ることが できるんです。 漫画や専門書等 …

no image

FXにおけるスワップポイントとレバレッジについて

FX投資においては、通貨を売り買いして、その通貨の為替レートの 変動によって利益を取る方法の他に、スワップポイントによって 利益をあげる方法があります。 一般にそれぞれの通貨には政策金利の差があります …

no image

赤ちゃんのおもちゃの掃除法

赤ちゃんのおもちゃって、皆さんはどうやって 掃除をしていますか。 赤ちゃんは、口におもちゃを入れて、舐めたり噛んだりして遊ぶので、 できるならこまめに掃除をしてあげたいですよね。 もちろん、水で濡らし …

アーカイブ