雑記

江戸の「刻(とき)」と現在の「時間」

投稿日:

memo1228
歌舞伎や落語など、江戸時代に成立した芸能に接するとき、
当時の「刻(とき)」の観念を知らないと、混乱することがあります。

現在は24時間、江戸時代は12刻ということはよく知られていますが、
当時は一日を単純な割り算で12にわけたというのではありません。

そもそも「1日」の始まりは、現在は午前零時からですが、
当時は夜明けから1日が始まったのです。

つまり、夜明けから次の夜明けまでが「今日」だったわけです。

これは忠臣蔵の討ち入りを考えるとわかりやすいです。
討ち入りは「12月14日」。しかし、もし同じことが今あって、
それをテレビニュースで報じたとしたら、アナウンサーは、
「12月15日の未明、赤穂浪士が吉良邸に討ち入りました」ということになります。

夜明けから1日が始まった「12月14日」は、次の夜明けまで
続いているからです。

「初夢は1月2日に見た夢」というのもまさにそれです。
今の時間観念からいえばそうなるということであって、江戸時代の
初夢は、やっぱり1月1日の夜に見た夢にちがいなかったのです。

夜明けから日没までを均等に割り算して、「一刻」とした。

ですから当然、夏と冬では「一刻」の長さが違います。
それもかなり違ってきます。われわれも生活実感として、夏至のころと
冬至のころでは、夜明け、日没の時間がずいぶん違うことを知っていますが、
その感覚で江戸時代の1日を想像すると、わかりやすいかもしれません。

今、生活実感といいましたが、1日が夜明けから始まって、夏と冬とでは
時の単位の長さが違ってくる、という考え方のほうが、その実感に実は
即しているのではないでしょうか。

合理的なのはむしろ、江戸時代の「十二刻」のほうであることは、
論を待たないと思います。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

鏡餅とのし餅、小餅の硬さの違い

東京の武道館にある大きな鏡餅は よくニュースに流れますが この鏡餅は、普段私達が食べ小餅やのし餅と 硬さが違うようにつかないといけないのです。 最近の市販されている小餅は 餅粉が入っているために ゆで …

九十八で「にたらず」さんと読むか?

今週号の少年マガジン新連載の CHARON(カロン)では主人公の苗字が 九十八で「にたらず」と読ませるというものでした。 そんな苗字があるんだ! 九十九でつくもであればよくありますが にたらずさんとい …

no image

Wikipedia日本語版で2012年に最も読まれた記事 日本人はエンタメ好き?

wikipedia日本語版で2012年に最も読まれた 記事がまとめられていましたので掲載してみます。 ◆日本語版 トップ100 第1位 1856万9543:AV女優一覧 第2位 713万3542:AK …

正月の栗きんとんのおすすめ

クリスマスがもうすぐですが、クリスマスの準備は当然 終わっていますよね。 クリスマスは大イベントですがその次に待っているのが お正月。 ここも早く準備をしておきたいところです。 (といってもクリスマス …

no image

王様も楽ではなかった?

王様、といってぱっと浮かぶイメージといえばどんなものでしょう? でっぷり太ってて、王冠を被って、威張ってそうで、庶民とは一切 触れあわない雲の上の人……そんなイメージをお持ちではないですか? でも、実 …

アーカイブ