雑記

江戸の「刻(とき)」と現在の「時間」

投稿日:

memo1228
歌舞伎や落語など、江戸時代に成立した芸能に接するとき、
当時の「刻(とき)」の観念を知らないと、混乱することがあります。

現在は24時間、江戸時代は12刻ということはよく知られていますが、
当時は一日を単純な割り算で12にわけたというのではありません。

そもそも「1日」の始まりは、現在は午前零時からですが、
当時は夜明けから1日が始まったのです。

つまり、夜明けから次の夜明けまでが「今日」だったわけです。

これは忠臣蔵の討ち入りを考えるとわかりやすいです。
討ち入りは「12月14日」。しかし、もし同じことが今あって、
それをテレビニュースで報じたとしたら、アナウンサーは、
「12月15日の未明、赤穂浪士が吉良邸に討ち入りました」ということになります。

夜明けから1日が始まった「12月14日」は、次の夜明けまで
続いているからです。

「初夢は1月2日に見た夢」というのもまさにそれです。
今の時間観念からいえばそうなるということであって、江戸時代の
初夢は、やっぱり1月1日の夜に見た夢にちがいなかったのです。

夜明けから日没までを均等に割り算して、「一刻」とした。

ですから当然、夏と冬では「一刻」の長さが違います。
それもかなり違ってきます。われわれも生活実感として、夏至のころと
冬至のころでは、夜明け、日没の時間がずいぶん違うことを知っていますが、
その感覚で江戸時代の1日を想像すると、わかりやすいかもしれません。

今、生活実感といいましたが、1日が夜明けから始まって、夏と冬とでは
時の単位の長さが違ってくる、という考え方のほうが、その実感に実は
即しているのではないでしょうか。

合理的なのはむしろ、江戸時代の「十二刻」のほうであることは、
論を待たないと思います。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

法律から見た小銭の使い方

最近、スーパーマーケット等のレジで「小銭は20枚までの使用をお願いします」 といったメッセージを見かけることが多くなりました。 確かに、混雑時に何十枚も小銭を出して会計するのは、お店にはもちろん、 後 …

no image

お金、物、時間の3つのエネルギーをバランス良く使いこなす事

いかにスムーズに人生を渡り歩いていかといった時に、 バランス感覚がとても重要になってきます。 それは、お金、物、時間の3つのエネルギーを操る力です。 そして、この3つのエネルギーを上手に操っていくため …

no image

ブレーキの無いピスト

以前、あるお笑い芸人が後輪にブレーキの付いていない自転車で 公道を走っていたことから、道路交通法違反の容疑で取り締まりを 受けたことがニュースに流れていました。 道路交通法では自転車の両輪にブレーキを …

no image

白血病をHIVウイルスが治す!?

海外の話になりますが、開発中の新たな治療法として 白血病の人に対してエイズの原因となるHIVウイルスを 使って治すという技術が開発されているそうです。 参照元) http://www.gizmodo. …

no image

本当はパンダは笹を食べたくない

白黒の、あのパンダはとても愛くるしいですね。 子供の時は、もう動くぬいぐるみっていう感じです。 でも、このパンダ。中国語でも大熊猫と書かれます。 一応、獣です。そしてほんと肉食獣なんですね。 どういう …

アーカイブ