雑記

江戸の「刻(とき)」と現在の「時間」

投稿日:

memo1228
歌舞伎や落語など、江戸時代に成立した芸能に接するとき、
当時の「刻(とき)」の観念を知らないと、混乱することがあります。

現在は24時間、江戸時代は12刻ということはよく知られていますが、
当時は一日を単純な割り算で12にわけたというのではありません。

そもそも「1日」の始まりは、現在は午前零時からですが、
当時は夜明けから1日が始まったのです。

つまり、夜明けから次の夜明けまでが「今日」だったわけです。

これは忠臣蔵の討ち入りを考えるとわかりやすいです。
討ち入りは「12月14日」。しかし、もし同じことが今あって、
それをテレビニュースで報じたとしたら、アナウンサーは、
「12月15日の未明、赤穂浪士が吉良邸に討ち入りました」ということになります。

夜明けから1日が始まった「12月14日」は、次の夜明けまで
続いているからです。

「初夢は1月2日に見た夢」というのもまさにそれです。
今の時間観念からいえばそうなるということであって、江戸時代の
初夢は、やっぱり1月1日の夜に見た夢にちがいなかったのです。

夜明けから日没までを均等に割り算して、「一刻」とした。

ですから当然、夏と冬では「一刻」の長さが違います。
それもかなり違ってきます。われわれも生活実感として、夏至のころと
冬至のころでは、夜明け、日没の時間がずいぶん違うことを知っていますが、
その感覚で江戸時代の1日を想像すると、わかりやすいかもしれません。

今、生活実感といいましたが、1日が夜明けから始まって、夏と冬とでは
時の単位の長さが違ってくる、という考え方のほうが、その実感に実は
即しているのではないでしょうか。

合理的なのはむしろ、江戸時代の「十二刻」のほうであることは、
論を待たないと思います。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

クリックしたくなる広告

広告といっても、その効果はさまざま。 ここではインターネット広告の話になりますが、 クリックしたくなる広告とそうではない広告と いうのがあると思います。 そうではない広告というのは、それは内容が下手と …

no image

交番と派出所、駐在所の違い

テレビの刑事ドラマで「交番」だとか、「駐在所」がよく画面に出てきますが、 その役割の違いを知らない人が多いようです。 交番とはその名のごとく、「交」代で「番」をするところで、 警官が24時間体制で詰め …

no image

クレジットカードの利点と落とし穴

大人であれば誰でも一人一枚くらいはクレジットカードを持っていると思います。 クレジットのカードなんて、誰が考えたのか便利な時代になりました。 ご老人の方々に話を聞くと「月賦の事か?」などと言う人がいま …

no image

ジーユーのチェックシャツが気にいってます。

私の一番のジーユーのお気に入りは真紅と白のチェックのシャツブラウスです。 冬場はユニクロのヒートテックのシャツの上に着たり、 春、秋にも薄手なので一枚で着られます。 洗濯を何回着ても色落ちもしないし、 …

no image

クリスマスケーキは冬至の風習

クリスマスの時に クリスマスケーキをは食べますが これは何の言われから来ているのだろうかと 考えた事はありますか。 クリスマスとケーキはいつもセットだったから 考えた事もないというのが、大半の方の意見 …

アーカイブ