雑記

江戸の「刻(とき)」と現在の「時間」

投稿日:

memo1228
歌舞伎や落語など、江戸時代に成立した芸能に接するとき、
当時の「刻(とき)」の観念を知らないと、混乱することがあります。

現在は24時間、江戸時代は12刻ということはよく知られていますが、
当時は一日を単純な割り算で12にわけたというのではありません。

そもそも「1日」の始まりは、現在は午前零時からですが、
当時は夜明けから1日が始まったのです。

つまり、夜明けから次の夜明けまでが「今日」だったわけです。

これは忠臣蔵の討ち入りを考えるとわかりやすいです。
討ち入りは「12月14日」。しかし、もし同じことが今あって、
それをテレビニュースで報じたとしたら、アナウンサーは、
「12月15日の未明、赤穂浪士が吉良邸に討ち入りました」ということになります。

夜明けから1日が始まった「12月14日」は、次の夜明けまで
続いているからです。

「初夢は1月2日に見た夢」というのもまさにそれです。
今の時間観念からいえばそうなるということであって、江戸時代の
初夢は、やっぱり1月1日の夜に見た夢にちがいなかったのです。

夜明けから日没までを均等に割り算して、「一刻」とした。

ですから当然、夏と冬では「一刻」の長さが違います。
それもかなり違ってきます。われわれも生活実感として、夏至のころと
冬至のころでは、夜明け、日没の時間がずいぶん違うことを知っていますが、
その感覚で江戸時代の1日を想像すると、わかりやすいかもしれません。

今、生活実感といいましたが、1日が夜明けから始まって、夏と冬とでは
時の単位の長さが違ってくる、という考え方のほうが、その実感に実は
即しているのではないでしょうか。

合理的なのはむしろ、江戸時代の「十二刻」のほうであることは、
論を待たないと思います。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

誰でも簡単にできる幸せになるためのトレーニング法

幸せになりたい、恋愛を成就させたい、恋がしたい、 もっとイキイキと生活したい、そんな方にとっておきの 誰にでも簡単にできるトレーニング法があります。 それは夢や希望に満ちた唄、感動的なラブソング、 ノ …

no image

ニコニコ動画で生きていくこともできる世の中

ニコニコ動画で生計を立てている歌い手がいると いうような記事をみました。 今は本当にいろいろなことができるように なりましたよね。 歌い手として動画をアップロードして再生回数等に よって報酬がもらえる …

no image

ブログのインデックスが始まりました

このブログのwordpressについても 無事インデックスが始まってきました。 今確認したもので18時間前に投稿した 記事のインデックス。 やはり、いくらwordpressといえども 最初は投稿後すぐ …

no image

老齢厚生年金とは

年金の中でも会社員は老齢厚生年金に当たるという話を しています。 では、具体的に老齢厚生年金とはどのようなものなのかに ついてお話します。 日本の老齢年金は2階建て構造となり、1階部分は 全員が当ては …

no image

玉三郎の「ふるあめりかに袖はぬらさじ」

正月3日に、NHKが舞台「ふるあめりかに袖はぬらさじ」をオンエアします。 これは2012年に赤坂のACTシアターで上演された舞台の録画放送です。 この作品は有吉佐和子が文学座の杉村春子(いずれも故人) …

アーカイブ