雑記

ベランダ菜園の土作り

投稿日:

011733
マンションやアパート等、庭の無い住宅環境でも、実現が可能な
ガーデニングや家庭菜園が人気を集めている様です。

これらは俗に、「ベランダ菜園」、「ベランダガーデニング」と呼ばれています。
狭いベランダでも、プランターや鉢などで栽培をする事で、キュウリやゴーヤなどの
野菜類から始まり、ブドウやミカン等の果樹までも栽培が可能と言うのですから驚きです。

栽培目的は様々ですが、基本的には「安全性を重視して」と言う方が
多いのではないでしょうか。

小さな子どもさん等の家族の為に、採算度を度外視して手間暇をかけ、
無農薬、有機栽培にチャレンジしていると言うケースを、よく見かけます。

ところが、この様なケースでも、栽培する土壌の安全性に関しては、
割に無意識です。

何が配合されているか判らない、市販の培養土をそのまま
使用している方がほとんどです。

確かにこの様な培養土は、製造メーカーによって、肥料やその他の土壌を
オリジナルに配合している為、購入してからすぐに使用する事ができます。

しかしその成分を、詳しく公開しているメーカーはほとんど無いのが現状です。

せっかく安全性にこだわるのなら、自分で独自配合をしてみては如何でしょうか。
基本となる土壌は赤玉土です。

栽培する品種や鉢やプランターの大きさによって、大粒、中粒、小粒を選択します。

使用前には、ふるいを使用して、粉状態になっている土を取り除いて下さい。
これに3割程度、腐葉土を混ぜるだけで、オリジナル培養土の出来上がりです。

好みで、有機肥料等を混ぜ合わせても良いでしょう。
配合レシピを記録しておいて、植物の成長の違いを記録する楽しみも産まれます。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

耐火金庫の熱を防ぐ手段は水

お金は銀行に預けるのが当たり前になっているので、 「金庫」を見かけることはめっきり少なくなりました。 金庫とは耐火性能と防盗性能を有するものを言い、 どちらかが欠けても金庫とは呼びません 。どちらに重 …

no image

「終末の日」も終わり

古代マヤ暦に基づく週末の日が本日12月21日 とのことで、海外では本当に大騒ぎになっていますね。 事件が起きないように予防線を張っていたり 中国の方では取り締まりもあったりしているようです。 日本の中 …

no image

小さな楽しみ

私たちは日々社会の中で生活しているうちに やっぱり仕事関係や人間関係等など理由はともあれ 何らかのストレスを感じていると思います。 やっぱりストレスがたまると胃が痛くなったり溜め込みすぎると 頭痛がひ …

no image

一人暮らしの彼に「カビ」の怖さを知らせる方法

彼のワンルームマンションを訪れた時、「うっ、カビ臭い」と思わず おののいてしまった経験はありませんか? マンションの低層階に住んでいたり、ベランダから玄関へ風が 通り抜けない間取りだったりする場合、カ …

no image

クレジットカードでムリなくポイントを貯めるひと手間

クレジットカードの特典といえばなんといってもポイントですよね。 ポイントが貯まれば、そのポイントで欲しい商品や商品券に交換できるので ちょっとお得な気分になりますよね。 しかし、ポイントのためにショッ …

アーカイブ