雑記

平面の日本、立体の欧米

投稿日:

memo1228
東京オリンピック誘致のため、東京国立競技場の大規模なお化粧直しのための
国際コンペが開かれ、ロンドン在住の女性建築家の案が一等に選ばれました。
日本人の有名な建築家も応募しています。その案と当選案を見比べると、日本人
の案は3次元の造形能力で劣っているというのが正直な感想です。

日本文化と欧米の文化を比較するとき、平面的思考と立体的思考という違い
が指摘されます。たとえば日本の下駄と欧米の靴、日本の着物と欧米の洋服、
日本の風呂敷と欧米の鞄です。いずれも日本のものは平面的であるのに対し
欧米のものは立体的です。顔のつくりや体のつくりも、日本人が平面的である
のに対し、欧米は立体的なのは象徴的です。

建築においては、平面的・立体的という違いではなく、直線的・曲線的という
みかたが可能です。日本には竪穴式住居など簡素な建造物を除き、円形
の平面をした建築が非常に少ないのが特徴です。一方欧米では、ローマ
時代のコロッセオ・パンテオンをはじめ円形の平面を持つ建物が少なく
ありません。

また立体的にみても、日本の建築の屋根はむくりを除けばほぼ直線的
であるのに対し、欧米ではヴォールトやドーム型の曲線的な屋根形状
がたくさん見受けられます。日本の内部空間は約0.9×1.8mの畳を基準
としてきました。この平面・直線的な思考の遺伝子が日本人の造形感覚
に今でも影響を与えている気がします。

欧米との比較をしてきましたが、アジアの中国や韓国その他の諸国も
このような平面・直線の文化なのかもにも興味があるところです。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

クリスマスケーキは冬至の風習

クリスマスの時に クリスマスケーキをは食べますが これは何の言われから来ているのだろうかと 考えた事はありますか。 クリスマスとケーキはいつもセットだったから 考えた事もないというのが、大半の方の意見 …

no image

どんな逆境にも負けない心の姿勢

毎日いろいろな人と関わり合いながら生きていたら、 人生いろいろな壁にぶつかる事があるかと思います。 おそらく誰でも、「どうして自分だけがこんなひどい目に 合わないといけないのか」とか、「自分ではこんな …

no image

冬をあたたかく過ごす、ペットボトル湯たんぽの作り方

今回はペットボトルで作る湯たんぽの話です。 冬になるとあたたかさが恋しくなりますね。湯たんぽのような お湯の自然なあたたかさはペットの動物たちに続いて、本当に 魅力的です。 しかし、今やなかなかお家に …

no image

本当はパンダは笹を食べたくない

白黒の、あのパンダはとても愛くるしいですね。 子供の時は、もう動くぬいぐるみっていう感じです。 でも、このパンダ。中国語でも大熊猫と書かれます。 一応、獣です。そしてほんと肉食獣なんですね。 どういう …

no image

野良猫の対策

一戸建てにお住まいの方ならば一度は悩んだことがあるのではないでしょうか? 野良猫のフン。 冬場は臭いが気になりにくいですが、暖かくなってくると気になりますよね。 我が家が実施している野良猫対策を紹介し …

アーカイブ