社会

音楽教室という習い事

投稿日:

yorokobiS
経済的な不況が続いて長くなりますが、お子様やご自身の
余暇の使い方の一つとして、習い事をなさっている方もいらっしゃると思います。

お子様の習い事の中でも人気なのは英会話教室や塾でしょうし、
大人の方だと最近ではパソコン教室に行かれたりして
スキル取得に精を出される方もいらっしゃいますね。

特にお子様の習い事などは、将来の能力にもつながってくるため
慎重に選ばれる方が多いです。

そんな中で、音楽教育についてのお話をさせていただきます。

音楽教育、なんて聞くと、まず思うのはピアノ教室ですね。
特に女性の方の中には、幼い頃にピアノを経験された方も
おられるのではないでしょうか。

印象的には、音楽教室に通うというのは趣味の範囲のものに見えます。
少なくとも、英会話教室のように一朝一夕で成果が目に見えるものでは
ありませんから、なおさら趣味のもののように思う方が多いです。

確かに趣味の域を出ないと言えば出ませんが、音楽、特に鍵盤楽器に
触る教室というのは、実は幼児教育において非常に良い影響を
与えるものの一つなのです。

ピアノを両手で演奏するというのは、実は繊細な作業であるため、
脳の活性化や集中力の向上、平行作業における能力の向上が見込めます。

電話で話しながらメモを取るのが苦手な人は、平行作業が苦手なために
陥る状態ですので、両手を同時に別々に動かすという練習は、実は良い
訓練にもなるのです。

また音という変化の難しいものを使ってさまざまなことを表現するため、
表現力や感受性も一層の磨きがかかります。

特に幼児期は多感なため、多くの表現能力や感受性、創造性が培われます。

またどの音楽教室でも行われる聴音は、一音に対する集中力と判断力を
鍛えるため、情報の整理や解答を導きだす能力もともに向上します。

また普通に生活をしていては鍛えにくい右脳部分を多大に刺激するため、
思考力や論理力などによい影響を与えます。

目に見える結果ではないので好まれない方もおられると思いますが、
音楽を聴くことによるリラックスもかねて、音楽教室を検討されることもお勧めします。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

接遇に込められているもの~人への優しさと配慮~

今や飲食やホテル業界だけでなく、「接遇」は、 人との関わりで大切なこととして重要視されるようになりました。 接遇についての研修や講演会も盛んになり、 人々に浸透してきた言葉ではないでしょうか。 接遇と …

no image

経済学から見る環境問題解決の難しさ

経済学においては通常、生産と消費の2つを観点に進められています。 しかし、先進国においては、生産力の高さから多くのゴミが発生し、 無視できない状態へとなっています。 特に日本においては、リサイクル技術 …

no image

ネットショッピングでのクレジットカード決済増加

ネットショッピングの増加に伴い、クレジットカードでの決済も増加し、 それまでのネットショッピングにおけるクレジットカードでの決済に対する 抵抗感が少しずつ薄れてきている、という記事がありました。 ある …

有休をとる理由を聞いてはいけない マイナビ記事も削除に

有給休暇を取る理由を聞いてはいけない、 というのが法律で決まっている話は 常識にも関わらず守れていない企業が 多いものになっています。 理由の提示の強制はできず 労働者の権利としてとることが できるも …

no image

ネット依存をプラスに利用できないのか?

ネット依存問題が昨今は大きく取り扱われてきています。 PCでも十分に起こり得た話ではありますが、最近の スマホ化の普及によって、オンラインゲームも進み、 高額アイテムを次々購入する等のある意味被害とも …

アーカイブ