社会

音楽教室という習い事

投稿日:

yorokobiS
経済的な不況が続いて長くなりますが、お子様やご自身の
余暇の使い方の一つとして、習い事をなさっている方もいらっしゃると思います。

お子様の習い事の中でも人気なのは英会話教室や塾でしょうし、
大人の方だと最近ではパソコン教室に行かれたりして
スキル取得に精を出される方もいらっしゃいますね。

特にお子様の習い事などは、将来の能力にもつながってくるため
慎重に選ばれる方が多いです。

そんな中で、音楽教育についてのお話をさせていただきます。

音楽教育、なんて聞くと、まず思うのはピアノ教室ですね。
特に女性の方の中には、幼い頃にピアノを経験された方も
おられるのではないでしょうか。

印象的には、音楽教室に通うというのは趣味の範囲のものに見えます。
少なくとも、英会話教室のように一朝一夕で成果が目に見えるものでは
ありませんから、なおさら趣味のもののように思う方が多いです。

確かに趣味の域を出ないと言えば出ませんが、音楽、特に鍵盤楽器に
触る教室というのは、実は幼児教育において非常に良い影響を
与えるものの一つなのです。

ピアノを両手で演奏するというのは、実は繊細な作業であるため、
脳の活性化や集中力の向上、平行作業における能力の向上が見込めます。

電話で話しながらメモを取るのが苦手な人は、平行作業が苦手なために
陥る状態ですので、両手を同時に別々に動かすという練習は、実は良い
訓練にもなるのです。

また音という変化の難しいものを使ってさまざまなことを表現するため、
表現力や感受性も一層の磨きがかかります。

特に幼児期は多感なため、多くの表現能力や感受性、創造性が培われます。

またどの音楽教室でも行われる聴音は、一音に対する集中力と判断力を
鍛えるため、情報の整理や解答を導きだす能力もともに向上します。

また普通に生活をしていては鍛えにくい右脳部分を多大に刺激するため、
思考力や論理力などによい影響を与えます。

目に見える結果ではないので好まれない方もおられると思いますが、
音楽を聴くことによるリラックスもかねて、音楽教室を検討されることもお勧めします。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

スポーツの指導方法について

最近は学校での部活動における体罰が非常にピックアップされる 出来事が多くなっています。 わたしも中学、高校、大学とずっと 体育会系の部活動に所属してそこで青春を謳歌してきたものと して個人的な意見があ …

no image

2050年の未来予測

先ほど本屋に行きましたら 2050年の世界、なんて本が平積みで思いっきり 宣伝されていました。 英エコノミストの予測ということで 非常に気になるところです。 2013年をいよいよ迎えるというときに 2 …

no image

65歳雇用の是非

先ほど、報道でNTTグループが社員を65歳まで 働かせるために賃金の上昇を抑える新賃金制度を 2013年度に導入するというものがありました。 結果的には、40~50代でもらえる賃金が 減るということに …

no image

ソーシャルゲーム業界は給料が高い!?

ソーシャルゲーム業界の給料は高いと 言われています。 DeNAなんていきなり年収500万円が貰えるとか。 他の企業も高そうなところが多そうです。 ただこの給料、基本的には学生視点で見ると 初任給しか見 …

no image

お金をためよう

「先立つものは金」。 どんなに綺麗事を言っても、お金がなければ何も出きないのが この世界の悲しいルールの一つです。 お金はあればあるほどいいし、稼げば稼ぐほどいいのですが、 たくさんお金を稼いでいるの …

アーカイブ