社会

敷金は返還してもらうべきです

投稿日:

memoS1
多くの人が経験していると思いますが、賃貸のアパートやマンションを
引っ越す時に悩みの種となるのが「敷金の返還」です。

畳やカーペット、壁などが薄汚れてきているため、敷金を放棄したり、
大家さんから張り替え代を要求されたりした人も少なくありません。

通常、敷金というのは、賃借人が借りた家屋を賃貸人に返還するまでの
「一切の債権」に対する担保です。

一切の債権の主なものは、未払賃料債権と損害賠償債権の二つです。
そして、損害賠償債権というのは、原状回復義務から発生します。

賃借人は賃借物を賃貸人に返還するまで、善良な管理者としての注意を払って、
その賃借物を保管しなければならない義務を負っています。
これを「善良なる管理者の注意義務」、略して「善管注意義務」と言います。

従って、不注意や間違った使用方法によって賃借物を汚したり壊したりすれば、
義務を怠ったことによる債務不履行となり、賃貸人に対して損害賠償義務を
負うことになります。
この場合は、賃貸人は敷金を修理代にあてることができます。

しかし、損害賠償義務を負うのは、賃借人に責任のあった場合だけです。

国土交通省のガイドラインでは、原状回復というのは、
「賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の範囲を
超えるような使用による損耗等を復旧すること」と定義されています。

つまり、通常の状態で使用していて汚れたり、年数が経ったために
損耗したりした自然損耗に対しては、原状回復義務は無いということです。

従って、賃借人がしなければならない原状回復というのは、
エアコンを外したり、家具を撤去したりすることです。

未払い賃料が無く、過失での損傷が無ければ、敷金の返還は
賃借人の正当な権利です。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

仕事に学歴は関係ないという林修氏の発言は本当?

林修の仕事原論 [ 林修 ] 人気講師、タレントの林修氏が 仕事に学歴は関係ないと発言したことが 話題となっていますね。 学歴の高い低いに関係なく仕事が 出来る人はいますし、できない人はできないと い …

no image

M&Aと少子高齢化の関係

経済用語のM&A。日本国内でも有名になってきています。 この言葉が一般的になったのは、2005年のライブドアによるフジテレビ 買収騒動前後かもしれませんが、それで若干悪い印象を持った人も い …

no image

定年の年齢を65歳まで引き上げる取り組みについて

現在の定年制限は60歳と法律で決められています。 しかし政府は今後の五年間、段階的に定年制限を上げていき、 65歳まで引き上げていくよう法律を改正しています。 医療技術の進歩により平均寿命があがり、6 …

no image

GPSを利用しているカーナビ

最近の刑事ドラマは、GPSを使って犯人の逃走経路を追跡したり、 人質の居場所を探しあてたりというシーンがよく出てきます。 GPSとは、グローバル・ポジショニング・システム(全地球測位システム)のことで …

成人式で未だに暴れる茨城県

茨城県つくば市で開かれた成人式に ついてニュース記事として出てきていますね。 式典が一時中断するような状態の 暴れた状態になったということ。 成人式では毎年こういった 若者の非常識な行動が出てきますが …

カテゴリ

アーカイブ