社会

敷金は返還してもらうべきです

投稿日:

memoS1
多くの人が経験していると思いますが、賃貸のアパートやマンションを
引っ越す時に悩みの種となるのが「敷金の返還」です。

畳やカーペット、壁などが薄汚れてきているため、敷金を放棄したり、
大家さんから張り替え代を要求されたりした人も少なくありません。

通常、敷金というのは、賃借人が借りた家屋を賃貸人に返還するまでの
「一切の債権」に対する担保です。

一切の債権の主なものは、未払賃料債権と損害賠償債権の二つです。
そして、損害賠償債権というのは、原状回復義務から発生します。

賃借人は賃借物を賃貸人に返還するまで、善良な管理者としての注意を払って、
その賃借物を保管しなければならない義務を負っています。
これを「善良なる管理者の注意義務」、略して「善管注意義務」と言います。

従って、不注意や間違った使用方法によって賃借物を汚したり壊したりすれば、
義務を怠ったことによる債務不履行となり、賃貸人に対して損害賠償義務を
負うことになります。
この場合は、賃貸人は敷金を修理代にあてることができます。

しかし、損害賠償義務を負うのは、賃借人に責任のあった場合だけです。

国土交通省のガイドラインでは、原状回復というのは、
「賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の範囲を
超えるような使用による損耗等を復旧すること」と定義されています。

つまり、通常の状態で使用していて汚れたり、年数が経ったために
損耗したりした自然損耗に対しては、原状回復義務は無いということです。

従って、賃借人がしなければならない原状回復というのは、
エアコンを外したり、家具を撤去したりすることです。

未払い賃料が無く、過失での損傷が無ければ、敷金の返還は
賃借人の正当な権利です。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

エンジョイライフのために、、、紙おむつのススメ

紙おむつの需要は、今や乳幼児より成人に多くあるようで、 今年は大人用の紙おむつが子供用の生産を上回る勢いなのだそうです。 少子高齢化がますます深刻化するのに伴い、大人用紙おむつは ドラッグストア等の棚 …

no image

横浜市の待機児童ゼロについて

今朝のニュースで横浜市の待機児童がゼロになる 見通しについて報道されているのを見た。 かつては待機児童数日本一という不名誉な称号を掲げた 横浜市であるが、3年前今の女性市長に変わってから 大きくその問 …

no image

65歳の定年制と40歳の定年制はどちらが良いのか?

先ほどワールドビジネスサテライトで 65歳の定年制と40歳の定年制は どちらが良いのか?なんて質問が出ていました。 実に良い質問だと思います。 65歳定年制、もっと働ける世の中を、という動きに 疑問を …

no image

社会人になると勉強がしたくなるということ

10代は勉強したくないのが普通なのに30代に なると勉強したいとなるのは何故かという内容が まとめブログで語られているのを見ました。 10代は嫌いな教科も含めやらされている勉強をしていると いうのと、 …

no image

高学歴ワーキングプア問題 もっと就職を考慮するべきでは?

高学歴ワーキングプア問題は昔からありましたが 最近その状況がさらに加速しているようです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 高学歴プア 東大院卒就職率56%、京大院卒はゴミ収集バイト …

アーカイブ