雑記

名前の持つ力をきちんと認識する大切さ

投稿日:

memoS1
最近では子供が生まれた時に、よく当て字のような奇妙な
名前を付ける親御さんが多いようですが、彼らは名前が持つ力と
いうものをきちんと理解して名付けているのでしょうか?

音韻学など専門的な知識はなくとも、その文字(漢字)が持つ意味、
力というものは、高校を卒業していたらある程度は理解できているはずです。

見て、読んで違和感のある名前を平気で付ける親達。

そして、芸名やセカンドネームなどを簡単に付ける人達。

古代の人々は、見知らぬ人には簡単に自分の名前を名乗ることはしませんでした。

それは、呪をかけられるのを恐れていたからです。

名前というものは、生まれてから死ぬまで自分に
ずっとついて回る物なので、実はとても大切な物なのです。

そして人は、その名前の通りに生きようとする傾向があります。
これは自分がいつも呼ばれる名前、書く名前が潜在的に
脳へと働きかけている効果なのです。
 
だから響きの良い名前、縁起の良い名前、バランス感覚の良い名前、
力のある名前等を子供が生まれた時に付けてあげると、
自然と子はその名前の通りに育っていくものなのです。

そしてもし途中で名前を変える、芸名を付けるという方は、
自分の長年親しんできた名前の自分と新たな名前の自分との
2つの人格が混乱しないように(気が狂わないように)、注意しないといけません。

もし今、自分がどう生きていいのかわからないといった方は、
まず自分の名前の通りに生きてみてはいかかですか?

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

A-BOUTの漫画の感想

週間少年マガジン連載中の A-BOUT(アバウト)ですが、 いよいよ大詰めを迎えているんでしょうか? 3年生を含めた光嶺高校の中での頂上決戦を 争っていくという激盛り上がりのシーンというところです。 …

no image

将棋対囲碁!?斬新な発想が必要

ヤフーのTOPニュースに「将棋対囲碁」の動画に ついての説明がありました。 くだらないけど、確かに斬新・・・。 実は囲碁のルールを知らないので どちらが有利不利等がわからなく、 また戦局がどうなってい …

no image

義両親との同居はなかなか難しい

先日私は友人からこんな相談を受けました。 「結婚当初、義両親と同居していたが、当時は子どもがいなかったので、 夫婦だけで賃貸アパート暮らしを始めたの。 その後子どもが出来て、小学校に入るタイミングで今 …

no image

知らず知らずに発している自分自身の悪いクセ

人のクセが気になってしまうということは多々あります。 そしてそのクセが不快なものであればあるほど、 喧嘩の原因になったり、叱責の対象になったりもします。 普段自分が不快なクセを披露していないかどうか、 …

no image

音痴はいない?必ず歌が上手になる方法

社会人になると人との付き合いも増え、どうしても誘いを断れないときもあります。 もしその行き先が自分の苦手なカラオケだったとしてもです。 そこで今回は歌が上手になる方法をご紹介したいと思います。 まず最 …

アーカイブ