雑記

名前の持つ力をきちんと認識する大切さ

投稿日:

memoS1
最近では子供が生まれた時に、よく当て字のような奇妙な
名前を付ける親御さんが多いようですが、彼らは名前が持つ力と
いうものをきちんと理解して名付けているのでしょうか?

音韻学など専門的な知識はなくとも、その文字(漢字)が持つ意味、
力というものは、高校を卒業していたらある程度は理解できているはずです。

見て、読んで違和感のある名前を平気で付ける親達。

そして、芸名やセカンドネームなどを簡単に付ける人達。

古代の人々は、見知らぬ人には簡単に自分の名前を名乗ることはしませんでした。

それは、呪をかけられるのを恐れていたからです。

名前というものは、生まれてから死ぬまで自分に
ずっとついて回る物なので、実はとても大切な物なのです。

そして人は、その名前の通りに生きようとする傾向があります。
これは自分がいつも呼ばれる名前、書く名前が潜在的に
脳へと働きかけている効果なのです。
 
だから響きの良い名前、縁起の良い名前、バランス感覚の良い名前、
力のある名前等を子供が生まれた時に付けてあげると、
自然と子はその名前の通りに育っていくものなのです。

そしてもし途中で名前を変える、芸名を付けるという方は、
自分の長年親しんできた名前の自分と新たな名前の自分との
2つの人格が混乱しないように(気が狂わないように)、注意しないといけません。

もし今、自分がどう生きていいのかわからないといった方は、
まず自分の名前の通りに生きてみてはいかかですか?

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

日々の生活での時間の作り方

時間がない、忙しいという方の多くは本当に 時間がないのではなく、実は時間の使い方で損をしています。 そこで、日々忙しいと嘆く方々にお勧めする ちょっとした時間の作り方をご紹介します。 方法は以下のとお …

no image

芥川賞直木賞と本屋大賞

出版関係の賞というのはいろんなものがあります。 特に有名なのは芥川賞と直木賞だと思います。 芥川賞は、「蜘蛛の糸」「藪の中」などで有名な芥川龍之介の 名前を冠して菊池寛が創設した文学賞で、純文学作品を …

no image

クリスマスの由来

クリスマスはイエス・キリストが生まれた日だと思っている人が多いけれど、 クリスマスはあくまでもイエス・キリストの降誕を祝う日であって、 イエス・キリストが実際に生まれたのは9月15日か、あるいは10月 …

no image

玉三郎の「ふるあめりかに袖はぬらさじ」

正月3日に、NHKが舞台「ふるあめりかに袖はぬらさじ」をオンエアします。 これは2012年に赤坂のACTシアターで上演された舞台の録画放送です。 この作品は有吉佐和子が文学座の杉村春子(いずれも故人) …

no image

猫と一緒に暮らすのに最低限おぼえておくこと。

気まぐれで自由に動き回る猫達と快適に一緒に暮らすには、 どういったことに心掛ければよいでしょう。 可愛い愛猫との上手な暮らし方をお教えします。 猫たちは飼い主の事を格上の存在だとは思っていません。 大 …

アーカイブ