雑記

マリリン・モンローの魅力

投稿日:

021935
アンディ・ウォーホルのイラストで有名な女優さんです。
ハリウッド歴史の中のスターですが
彼女の映画は、この頃では再放送もされません。

1950年代のトップスターであり、いわゆるSEXシンボル的女性でしたね。
リアルタイムで知ってるわけではなく、何度か再上映されたり、
テレビ放送の映画しかしりません。

初めて見た映画は「7年目の浮気」だったかな、吹き替え版、
あまり面白いと思わなかったです。吹き替えの声優さんが、
いかにもオツムの悪いアバズレ風に甘ったるい声を演じたせいですね。
でも、その時もはやこの世を去っていたんですね。

今で言う「エロ可愛い」という立ち位置でしょうか、でも、
同じ映画を字幕版で見たときは、とっても可愛く健康的に美しく魅了されました。

「帰らざる河」という映画では、西部の酒場の婦という、姉御風で
せつない女を演じていました。これはもう、かっこいい森曜子さんが言うハンサムウーマンです。

50年代では、女性の支持は得られなかったかもしれない、
マドンナやレデイ・ガガの先輩みたいな感じがします。

ふわふわした綿菓子みたいな金髪と、グラマーなのだろうけれど華奢というか、
セクシーで明るく無垢な、相反する魅力を持った女性だと思うのです。

不幸な生い立ちで、愛を知らないから愛されても、愛し方をしらない家庭人と
しての常識がなく、結局は愛を失うという人生だったようです。

保守的な時代でセクシーだけが売りで演技力を認めてもらえなかった、
確かにセクシー以外の役は想像もできないけれど、彼女程のセクシーは他にないはず。

マドンナのように堂々とこれが自分の魅力と胸を張れば、もっと時代を
モノにすることができたのではないだろうかと思うのです。

けれど、モンローがいたからこそマドンナもスターになれたのかもしれない。
セクシーを女性にも支持される魅力とするパイオニアだったんですね。
事故か自殺か、または陰謀説まである孤独な死は彼女の人生をドラマチックにしました。

輝きの代わりに孤独を背負う、まさにハリウッド・スターです。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

クリスマスの由来

クリスマスはイエス・キリストが生まれた日だと思っている人が多いけれど、 クリスマスはあくまでもイエス・キリストの降誕を祝う日であって、 イエス・キリストが実際に生まれたのは9月15日か、あるいは10月 …

no image

金持ち父さんでも倒産する

「金持ち父さん」の本で有名なロバート・キヨサキ氏の 会社が倒産したとニュースになり、ちょっとした騒ぎに なりましたが、知っていますか? 実態は、複数経営している会社の賠償金支払いに対する 計画倒産でロ …

no image

料理がいまいちうまくいかない方へ

調理師の視点から見ていると料理下手と言われている人の、 ある欠点に気付くそうです。 それは料理がうまくいかない人達は共通して、味覚は おかしくないのにレシピがあっても所々で無視する、 あるいは勝手なア …

no image

パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉 感想

今更の時期になるかもしれませんが、 パイレーツ・オブ・カリビアンの4作目、「生命の泉」を 借りてみてみました。 他のところを見ると良い評価も多いみたいですが、 個人的にはう~ん・・・という感じがありま …

no image

DMは受け取り拒否できる!?

DMを受け取り拒否することができるという話が あるのをtwiiter経由で発見しました。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ “届いたダイレクトメールは開封せずに赤いペンで受取拒否と書き認 …

アーカイブ