社会

日本「民主主義」の本当の姿がわかったここ数年

投稿日:

komatta_shainS
2009年の民主党による政権交代は、始めて55年体制を国民の投票に
よって打ち破ったという点で、新しいエポックをつくる出来事でした。

ところが意外にも、これが日本「民主主義」の本当の姿を
ここまでみせてくれることになりました。

まずは政権交代の立役者、小沢一郎氏に対する、検察と検察審査会、
マスコミによる冤罪・ネガキャン攻撃です。

最近ようやく小沢氏本人の無罪が確定しましたが、最終的には
政治資金報告書記載のちょっとしたズレをネタに、よくもまあ、
あれだけ騒いだものです。

マスコミ報道を鵜呑みにする方は今でも信じていると思いますが、
一番肝心な西松建設からのワイロというのは、裁判でこそ川村元社長らは
証言しましたが、そのご本人が、ワイロ受け渡しの日、別の所に行っていた
という「逆アリバイ」が出ております。

そんな新しいニュースを一切沈黙し、いまだに「政治とカネ」とか、
それに近いニュアンスで小沢氏のことを悪し様に報道するのが
大手マスコミの決まりのようです。

次に、上記のことと関係しますが、野田前首相の「本籍自民党」ぶりです。
 
そもそも公約を破って消費増税をやり、子ども手当など主要政策を
引っ込めたこと自体が自民党ですが、その上12月の解散などは、
ふつうはとても理解できない行動でした。

あのタイミングでは、民主党が大敗するのはもちろん、もっとも
大切な兵糧である政党助成金を、民主党ではなく主に自民党・公明党に
譲ることになります。

別に解散は、12月も1月以後も大差ないはずです。とっくに憲法違反と指摘された、
一票の格差を是正するための区割りなどもできておりません。

せめてそれぐらいすませてから解散するのが、国民のため、
民主党のためではないでしょうか。

こんなことも大手マスコミは一切批判や解説をしません。
すべて裏金や地位のために動いていて、民主主義ポリシーなど
ない方ばかりが、日本を牛耳っているようです。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

高齢化社会から見る生活用品サービスの新たな姿勢

生活用品を扱う経営と言えば、印象的なのは生活雑貨を 扱うホームセンターとコンビニの2種類だと思います。 ホームセンターではより多くのお客様のニーズに応える為に、 自社開発をめざし、実際に作った試作品を …

no image

添い寝専門店が流行る

添い寝専門店が流行っていて、既に秋葉原にオープンして 今度は新宿にオープンしたという話がありました。 価格を見ると 20分 3000円 40分 5000円 60分 6000円 120分 11000円 …

no image

為替介入の仕組み

為替介入は日銀が行なうもので、自分の国の通貨を 守るためのものですが、仕組みがどうなっているか 知っているでしょうか。 日本では外国為替平衡操作とも言われることのある 為替介入ですが、これは為替レート …

no image

マンションは悪い噂が流れることがある

マンションの部屋を探しているときに、いろんなチラシを見たり、 インターネットで検索などをして、情報を収集します。 そんな時に、あまりの家賃の安さに驚くときがありませんか? 周囲のマンションの部屋はどこ …

no image

家電リサイクル法の成り立ちとシステム

家電リサイクル法は市民に定着しましたが、 いまだに家電製品の不法投棄が行われています。 過去、家庭から廃棄された家電製品は破砕処理後、鉄などの 一部の金属は回収しますが、残骸のほとんどはそのまま埋め立 …

アーカイブ