社会

日本「民主主義」の本当の姿がわかったここ数年

投稿日:

komatta_shainS
2009年の民主党による政権交代は、始めて55年体制を国民の投票に
よって打ち破ったという点で、新しいエポックをつくる出来事でした。

ところが意外にも、これが日本「民主主義」の本当の姿を
ここまでみせてくれることになりました。

まずは政権交代の立役者、小沢一郎氏に対する、検察と検察審査会、
マスコミによる冤罪・ネガキャン攻撃です。

最近ようやく小沢氏本人の無罪が確定しましたが、最終的には
政治資金報告書記載のちょっとしたズレをネタに、よくもまあ、
あれだけ騒いだものです。

マスコミ報道を鵜呑みにする方は今でも信じていると思いますが、
一番肝心な西松建設からのワイロというのは、裁判でこそ川村元社長らは
証言しましたが、そのご本人が、ワイロ受け渡しの日、別の所に行っていた
という「逆アリバイ」が出ております。

そんな新しいニュースを一切沈黙し、いまだに「政治とカネ」とか、
それに近いニュアンスで小沢氏のことを悪し様に報道するのが
大手マスコミの決まりのようです。

次に、上記のことと関係しますが、野田前首相の「本籍自民党」ぶりです。
 
そもそも公約を破って消費増税をやり、子ども手当など主要政策を
引っ込めたこと自体が自民党ですが、その上12月の解散などは、
ふつうはとても理解できない行動でした。

あのタイミングでは、民主党が大敗するのはもちろん、もっとも
大切な兵糧である政党助成金を、民主党ではなく主に自民党・公明党に
譲ることになります。

別に解散は、12月も1月以後も大差ないはずです。とっくに憲法違反と指摘された、
一票の格差を是正するための区割りなどもできておりません。

せめてそれぐらいすませてから解散するのが、国民のため、
民主党のためではないでしょうか。

こんなことも大手マスコミは一切批判や解説をしません。
すべて裏金や地位のために動いていて、民主主義ポリシーなど
ない方ばかりが、日本を牛耳っているようです。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

再チャレンジができる世の中に

橋下徹・日本維新の会代表代行の演説で以下のような ものがあったとされています。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 公共工事を増やしたところで日本の製品、商品は売れない。不景気 …

no image

嫁姑問題と同居

嫁姑の問題は永遠です。 現在の嫁姑は意外と仲が良いと思われます。 肉体的な作業で嫁をいじめるようなものもあまりないし、 嫁もそれをさらりとかわせる技を持っているものと思われます。 そんな中でよく聞く問 …

no image

タブレットを教育に使用

本日のワールドビジネスサテライトでは タブレットを使った教育を使うという内容の特集が されていました。 情報系の学校の場合、1人1題iPad購入が義務付けられて いるところもあるとか。 これは凄く効果 …

接客

「おもてなし」を中国は真似できるのか?日本のマニュアルが流出

日本のおもてなしの接客マニュアルが流出して中国で見られているという話が出ています。 読売新聞の記事で出ていました。 流出というと何か大変なことのようにも思えてしまいますが、これは企業秘密というよりは、 …

no image

定年の年齢を65歳まで引き上げる取り組みについて

現在の定年制限は60歳と法律で決められています。 しかし政府は今後の五年間、段階的に定年制限を上げていき、 65歳まで引き上げていくよう法律を改正しています。 医療技術の進歩により平均寿命があがり、6 …

アーカイブ