社会

結婚相手に必要なこと

投稿日:

walkS
結婚相手に必要なこと、という内容で投稿していただいた
記事を紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・

私は主婦ですが、結婚なんて出来ないと思っていました。

30歳を過ぎ、過去にそれなりの相手がいたものの、未だ独身の女性は、
相手より自分の自由を選んでいると思われます。

それで良いのであればそのままで構わないのですが、いつかは
結婚したいと思っている方は、それなりの覚悟を持って相手と
お付き合いしなければなりません。

結婚は、2人の共同生活です。
当然我慢する事もあるでしょうし、自分の思い通りに行かない事もあります。そ
れでも一緒にいたいと思える相手でないと結婚まで至りません。

私は今の主人と出会って、この人と一緒になりたいと強く思いました。
合わない所もありましたし、我慢する事もありましたが、
それは当然出てくる問題で、そこで受け止め合える気持ちが
お互いにあったからです。

どちらか1人だけが、「どうして私だけ」と、何の妥協もせず
我慢出来ないようであれば、一緒に生活をする事はとても難しいです。

ですから、「この人と一緒になりたい」と思った相手と出会った時は、
色々な話をして、ちゃんと自分と向き合ってくれる人か、しっかり
確認してみて下さい。

そこがズレていては、話し合いをしても良い答えがなかなか出ませんし、
トラブルが多くなると思います。

収入や地位は、将来性を考えて結婚相手としての判断になるかと思いますし、
外見も好みがあって良いと思います。

ですが、どんなにそれらが理想の形であっても、
心がお互い相手に向いていなければ、そこから何も生まれません。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

公共事業で経済は潤うのか

衆院選が近く、各政党がさまざまな経済政策を披露していますが、 「国土強靱化計画」を標榜して公共事業に力を入れる政党もあります。 震災復興のための堤防整備や先日のトンネル崩落事故もあり、災害対策の 意味 …

no image

握手権偽造で逮捕 犯罪の認識が薄れている?

SKEの握手権偽造・窃盗容疑ということで 高校3年生が逮捕されたということが報道されています。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ SKE握手券を偽造・窃盗容疑=100枚カラーコピー―高3男子を逮捕 …

no image

わずかな得票で一国を牛耳るうまい商売

誰がこんなうまいシステムを考え出したのでしょう。 今の総選挙のシステムは有権者が投票に参加しなくても、 その時のナンバ-ワン政党が候補者を一網打尽に かっさらえられるように作られています。 このシステ …

no image

金融円滑化法の問題

4年前、リーマンショックが起き、多くの企業の経営が難しくなりました。 そこで政府は平成21年、金融円滑化法という金融機関に対し、借金返済の 猶予を作る法律を作りました。 借金返済の額を先延ばしにする代 …

no image

ノンアルコール飲料の急増と社会

ノンアルコール飲料ですが、その勢力は ますます大きくなってきているように 思います。 ノンアルコール飲み会なんてものも 現在は開かれているとニュースでも出ています。 出費が抑えられますしよいとの話が出 …

アーカイブ