社会

結婚相手に必要なこと

投稿日:

walkS
結婚相手に必要なこと、という内容で投稿していただいた
記事を紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・

私は主婦ですが、結婚なんて出来ないと思っていました。

30歳を過ぎ、過去にそれなりの相手がいたものの、未だ独身の女性は、
相手より自分の自由を選んでいると思われます。

それで良いのであればそのままで構わないのですが、いつかは
結婚したいと思っている方は、それなりの覚悟を持って相手と
お付き合いしなければなりません。

結婚は、2人の共同生活です。
当然我慢する事もあるでしょうし、自分の思い通りに行かない事もあります。そ
れでも一緒にいたいと思える相手でないと結婚まで至りません。

私は今の主人と出会って、この人と一緒になりたいと強く思いました。
合わない所もありましたし、我慢する事もありましたが、
それは当然出てくる問題で、そこで受け止め合える気持ちが
お互いにあったからです。

どちらか1人だけが、「どうして私だけ」と、何の妥協もせず
我慢出来ないようであれば、一緒に生活をする事はとても難しいです。

ですから、「この人と一緒になりたい」と思った相手と出会った時は、
色々な話をして、ちゃんと自分と向き合ってくれる人か、しっかり
確認してみて下さい。

そこがズレていては、話し合いをしても良い答えがなかなか出ませんし、
トラブルが多くなると思います。

収入や地位は、将来性を考えて結婚相手としての判断になるかと思いますし、
外見も好みがあって良いと思います。

ですが、どんなにそれらが理想の形であっても、
心がお互い相手に向いていなければ、そこから何も生まれません。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

独身が考えるべき一生のお金 ~本当に独身はお金に困るのか?~

独身の場合、お金が裕福で困らないという考えを 抱きがちだが一生というライフスパンで見た場合、 お金に困る可能性があるという内容の記事を 見ました。 ・お金にゆとりがあると贅沢になりがち、ファミリー世帯 …

no image

新聞は軽減税率の対象となるか

消費税増税が現実味を帯びる中、日本新聞協会が新聞・書籍・雑誌には 軽減税率を適用すべきとの声明を発表した、という記事がありました。 軽減税率を適用すべきとの根拠として、知識への課税強化は国の力を 衰退 …

脱ゆとりの自信 方向性はあっているのか?

ニュースを見ますと 「2015年の国際数学・理科教育動向調査(TIMSS)で 小中学校の理数全てが過去最高点」と なったということで文科省が脱ゆとりに ついて自信を深めていると いうことです。 点数が …

no image

裁判員制度の裁判員の仕事

テレビや新聞でも時々「裁判員裁判」のことがニュースに 出るようになったこともあり、裁判員制度は国民の間に 定着してきています。 しかし、「何をするのか」、「何をしてはいけないのか」など、 具体的なこと …

no image

居酒屋で働いていたときの経験

私は以前、都内のある居酒屋で働いていました。 居酒屋で働くのはあまり好きではありませんでした。 何しろ、酔っ払いの客に応対せねばならず、酔客というのは いったいどんなことを言い出すのか分からないからで …

アーカイブ