社会

嫁姑問題と同居

投稿日:

fd879d06
嫁姑の問題は永遠です。
現在の嫁姑は意外と仲が良いと思われます。

肉体的な作業で嫁をいじめるようなものもあまりないし、
嫁もそれをさらりとかわせる技を持っているものと思われます。

そんな中でよく聞く問題が同居するかしないかという話
だったりします。

別々に世帯を持っていたのに、何かの拍子、例えば子供が
生まれた、子供が学校に入る、義父が退職する、など
色々な要素で同居という話が出てくるということなのですが、
これがとても難しいのです。

まず同居となると二つの文化がまたひとつになるための
ストレスがかかるということになります。

夫婦が暮らすことになって、文化の違いに色々と戸惑うことが
あるその戸惑いを恋愛の末友になると決めた相手なので、
手探りながら二人で新しい文化を気付いていくことになるのですが、
そこに、相手方の実家に入るとなれば文化はそちらよりに
濃くなるわけですし、基本は3対1の構図になるわけです。

今までこうしていた、これがうちの文化なのだといわれて
しまえば、それに従わざる得ない状態になります。

しかし、その中に自分たちに子供がいるという状態になると、
守るものがあるという意識が働き、そうではないのだ! 
という形になってしまうのです。

つまりは、寝る時間起きる時間や、食事時間や食事の内容。
たとえ二世帯住宅で暮らしていても、それはお互いに
見聞こえしてしまう中での出来事ですから、気になって
くるものになってしまいます。

これは本当に大変で、難しい問題になります。
互いの世帯が認め合っていて、同居となれば、どちらかが
乗せたいが弱った時に、吸収するような形が、より穏便な
同居になるのではないかなと思うのです。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

フランスの食文化・日本の食文化

フランス料理は高級料理として知られます。その発祥の地フランスは世界で最も 食文化の発達した国といっていいでしょう。それは高級料理がおいいしいという だけでなく、普段庶民が食べているものがおいしいという …

no image

わずかな得票で一国を牛耳るうまい商売

誰がこんなうまいシステムを考え出したのでしょう。 今の総選挙のシステムは有権者が投票に参加しなくても、 その時のナンバ-ワン政党が候補者を一網打尽に かっさらえられるように作られています。 このシステ …

no image

学生時代のアルバイト経験は大切

私は51歳になりますが、今から30年以上前に いろいろな職業のアルバイトをしていました。 貧乏学生だったので生活費をアルバイトでまかなっていました。 当時は世の中の仕組みも全く分からない学生でしたが、 …

寝不足で生産性が低下するということ

寝不足によって生産性が低下し、 経済損失が起こる。 こんな今更当たり前の内容が 記事として出ていました。 1日の平均睡眠時間が6時間未満の 人の割合が20歳以上で39.5%もいるという ことです。 夜 …

no image

外国人は夏はスーツで働かない!?

外国人は夏はスーツで働かなくて 働くのは日本人だけ?というような記事が ありました。 何故日本人は暑い季節にスーツで働いているんだ? http://zasshi.news.yahoo.co.jp/ar …

アーカイブ