ビジネス

一人勝ちココイチの秘密

投稿日:

021935
値下げ合戦で疲弊する牛丼チェーン店や、100円ハンバーガーなどで
攻勢をかけるもここにきて売上や利益とも前年割れになりそうな
ハンバーガーチェーン店などを尻目に、カレーチェーン店のココ壱番屋が
一人勝ちであるという記事を見つけました。

ココイチは全国で1200店舗以上を誇り、他のカレーチェーン店の
追随を許さず、まさに独走状態の感があります。

そんなココイチの強みは次の3つの点にあると記事には
書いてあります。

1つ目はカレールーをハウス食品から調達していること、
2つ目は値下げをしないこと、そして3つ目は独特な
フランチャイズ制度だそうです。

1つ目のカレールーをハウス食品から調達しているというのは
始めて知ったので驚きでした。

ハウス食品は壱番屋の大株主であり、両社の結び付きは強固で、
そこからくる安定したカレールーの供給というのがココイチの
強さの最大の要因のようです。

2つ目は値下げをしないことで、これは牛丼屋チェーン店で
値下げ合戦で皆が競争力を低下させたように、安易な値下げは
自分の首を締めることになります。

その点ココイチは徹底して値下げをしないという姿勢を貫いています。

3つ目の独特のフランチャイズ制度ですが、一般的な
コンビニなどのFC制度と異なり、一般からの募集はなく
全て暖簾分けの形態で従業員がそのまま新規店舗を
オープンするという形で、また研修期間も2~5年と
長いこともココイチの経営がしっかりしている理由の1つかもしれません。

独走するココイチですが、個人的にはもっと競合する店が増えて
価格がもう少し下がってくれると嬉しいのですが。

adsense

adsense

-ビジネス

執筆者:

関連記事

no image

圧迫面接は企業にとって効果があるのか?

圧迫面接についての記事がありました。 圧迫面接というのはわざと応募者、に対して いやなこと、きついことを言ってその反応を 見るというような面接です。 ・参照 就活「圧迫面接」の真意とは? 怒鳴る、全否 …

no image

第二次産業から第三次産業に代わる経緯

日本企業はかつて高度経済成長期において大量生産という 第二次産業スタイルで栄光を築いてきました。 しかし、今は韓国や中国における海外勢におされ、 経営難に陥る形へと至っています。 このことから今後新し …

no image

三日坊主のための読書プラン指南

月○冊本を読む! 今年は○○の全集を制覇する! そのように意気込んで、抱負だおれになった経験は、 多くの人が持っているのではないでしょうか? 忙しい社会生活の中で、自分の時間を確保して、 読書を続ける …

no image

日本のガラパゴス化から見る日本製品の行方

ガラパゴス化という言葉を聞き、多くの日本人がその言葉を 悪い意味として受け取っています。 ガラパゴス化という意味で、多くの日本人が、日本では普及しているのに、 海外では通用しない、つまり自分たちはグロ …

自動車教習所が食べ放題付き。この方法で本当にいいの?

自動車教習所で食べ放題付きのものが あるということが話題になっているそうです。 大阪の箕面自動車教習所に なるそうですが、食べ放題、飲み放題が ついていて、自動車教習のときでなくても 食事だけでも良く …

アーカイブ