社会

精子の老化、DNA配列の変異増加

投稿日:

021935
最近は結婚年齢が高まり女性の高齢出産が増加傾向にあり、
高齢の女性が流産をしたりダウン症の子供が生まれたりという、
いわゆる卵子の老化の問題が指摘されていますが、男性の側にも
精子の老化の傾向が見られるという記事がありました。

胎児の状態で既に精子や卵子の”元”はできており、そこから
染色体の本数を減らす細胞分裂を繰り返します。

何故「卵子の老化」が問題になるかというと、卵子は精子と
違い女性の年齢とほぼ同等の年数を重ねていると考えられ、
一定以上の年数を経た卵子はこの染色体を減らす細胞分裂の
機能が若い卵子より劣っていると考えられ、そのため染色体数が
変異した子供が生まれるなどすると見られています。

一方の精子は思春期以降随時作られており、男性についても
高齢化により染色体を減らす細胞分裂に影響はあるようですが、
女性の卵子に比べるとデータとしてはっきりと提示できるほど
明確な結果は今まで出てはいませんでした。

ただアイスランドでの研究で、高齢の男性から生まれた
子供ほど統合失調症や自閉症になる確立が高いという
調査結果が出て、「精子の老化」というのも可能性としては
ありうるということです。

しかし、これは胎児の状態というよりは出生後の育ち方が
多分に影響を与えている可能性が高いのではと私は思います。

いずれにしろ、もちろん夫婦とも若いうちに出産できれば
それに越したことはないのでしょうが、それぞれに事情は
あるでしょうし、高齢出産が必ず胎児に異常をきたすわけでも
全然ないわけで、最終的には本人達が判断することではないでしょうか。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

厚切りジェイソンのいうように日本文化は凄くないのか?

厚切りジェイソンが凄くない日本の文化に 凄いと言わなければいけないというような 発言をして、それが話題になっています。 確かに日本を褒める番組って増えましたよね。 こんな日本は凄い!というようなものが …

no image

ワーキングマザーが経験する最初の壁とは

男女雇用機会均等法が施行されてもう20年以上がたちますが、結婚、出産しても 女性が仕事を辞めずに働き続けられるようにすることは企業の義務であり、 出産後も育児休暇を経て仕事復帰する女性が増えています。 …

no image

裁判員裁判制度の検証はどうなっているのか

時折、ふと思うこと、裁判員裁判制度に関する事件の行方は、 たまに報道されるのですが、裁判員制度自体に対する検証は、 どこへ行っているのでしょう。 かなり昔、メンタルケアは、やはり欠かせない、というよう …

no image

山間部での除雪方法

私は豪雪地帯である新潟県の山間部に住んでいます。 県外の方と話す機会によく話題に登るのが、豪雪地帯の 雪の話ですが、よく相手からこう言われることがあります。 「雪のあまり降らない地域に住んでいると、雪 …

no image

ネット使用が2時間以内になれば正常

プライベートのインターネット使用が2時間以内であれば 正常で、そうでない場合はインターネット依存症の 可能性があるようです。 参考) 「ネット依存症」深刻化 スマホなど携帯型端末も要因 http:// …

アーカイブ