社会

何事にも囚われずに常に成長し続ける方法

投稿日:

memo1228
何事にも囚われずに日々成長し続けられたら、
どんなにすばらしいでしょう。

日本のような先進国で生活していたら、そんなにお金をかけなくても
何かしらの方法で、日々様々な事を学びながら、100歳まで
ノンストップで成長し続ける事は、実は可能なのです。

現在では調べたい事、学びたい事があったら、インターネットや
本、新聞、カルチャースクール等ですぐにでも学ぶ事ができます。

人間の体の成長は思春期で止まってしまいますが、
能力だけはずっと生涯磨き続ける事が可能なのです。

でも、多くの人はいつも何かに囚われて、自分の心と体を
自由自在に動かす事、能力開発をしていく事を放置して、
毎日をイライラした気持ちで過ごしています。

いったい何に囚われ、成長するのを怠っているのでしょうか?

それは、嫉妬、我欲、プライド、執着心等です。

もともと他人と自分は全く違う生き物で、もし他人が自分の
持っていない才能を持っていたとしても、それに費やされた時間、
努力などの過程をきちんと理解する事ができて、他人を認めながら、
他人の優れたところを上手に自分に取り入れていく事ができたら、
あなた自身もっと飛躍して成長していく事ができます。

そしていらないプライドがなければ、無駄な物にお金や時間を
費やす事もなくなり、本当に自分に必要なものにだけに時間や
お金を費やすようになるので、スムーズに成長していけるのです。

簡単な事のようで、実は嫉妬や我欲、プライド、執着心をリセットするのが
できないのが、過多な情報に惑わされている現代人のデメリットなのです。

自分の頭の中が、いつも自分の持っていない能力を持っている誰かに
勝ちたいと思うその心は、実はその誰かに支配されてしまった脳なのです。

もともと自分とは全く違う生き物に嫉妬したりするのは、時間の
無駄だという事に早く気が付いて、自分を見つめなおしながら
日々成長し続けてくださいね。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

企業が排出するゴミ問題に対し、消費者が責任を負う理由

企業がゴミに対する社会的責任を果たすためにも、 ゴミ発生を抑制したり、適性に処理する事を効率的にしていかなければなりません。 この効率性を追求するためにも、消費者もそのゴミに対する負担を 背負う事が結 …

「なめんなジャンパー」生活保護受給者の実態は?報道は正しいのか?

「なめんなジャンパー」を着たくもなるような 現場があるということでニュース記事が 上がっていました。 実際の受給者のところに行くと 元暴力団員が麻雀をしていたりするような 現場があるということです。 …

no image

依存心を克服する方法

日本人って何かを習得しようとする際に、すぐに習い事やスクールに通ったり、 高額な通信教育セットの購入をしたりと、何にでも依存心が強い方が多いですよね。 例えば子供の成績を上げるためには、塾に通うか家庭 …

no image

学生時代のアルバイト経験は大切

私は51歳になりますが、今から30年以上前に いろいろな職業のアルバイトをしていました。 貧乏学生だったので生活費をアルバイトでまかなっていました。 当時は世の中の仕組みも全く分からない学生でしたが、 …

no image

世論調査と選挙結果との乖離

自民党 36.4 31.6 31.4 33.4 34.3 30.2 31.8 27.7 27.4 32.8 34.0 31.5 (31.9) 民主党 14.8 13.3 13.9 12.0 13.0 …

アーカイブ