雑記

「私の青空」日本オリジナルは「流行歌の鼻祖」二村定一

投稿日:

memo1228
現在オンエア中のフジカラーのCМで、スタンダードナンバー
「私の青空」が使われています。

歌詞を変えていますが、オリジナルの日本版は
「夕暮れに仰ぎ見る、輝く青空。~狭いながらも楽しい我が家」と
いう歌詞で、文字で見ても自然にメロディが浮かんでくる人も、
特に中高年には多いはずです。

スタンダードナンバーは数あれど、この歌ほど長寿の曲は珍しい。
オリジナルは1927年、といいますから昭和2年、いまから
88年前に発表され、大ヒットしました。歌手はジーン・オースティン。

日本でカバーされたのは翌、昭和3年。その「輸入」の速さには
驚かされますが、時まさに昭和モダニズム、「モボ、モガ」の時代。

時代を象徴する音楽でもあったのです。日本版の歌唱は二村定一と天野喜久代。
二村は、作家の色川武大が「流行歌の鼻祖」と称したように、
日本の歌謡曲歌手の先駆者です。

当時音楽学校の学生だった藤山一郎(のちの、国民栄誉賞受賞歌手)が、
二村にあこがれ、クラシックの声楽家ではなく流行歌手になった、
というエピソードがあるくらい、二村は大変なスターでした。

二村はその後榎本健一(エノケン)と一緒に一座を組んで、
浅草の興業界を席巻します。しかし、しだいにエノケン人気が高まり、
二村は添え物のようになって行きました。
呼称も「エノケン一座」というように変わっていきます。

かつては頂点にあった二村は二番手に甘んじ、そのストレスから酒におぼれ、
自堕落になっていったのでした。エノケン主演の映画でははっきり脇役になって、
けれど舞台には立ち続けました。

しかし、結局、昭和23年舞台で倒れ、帰らぬ人に。48歳という若さでした。
独身だった二村の葬儀は、彼がかわいがっていた慶応大学の男子学生たちが
とりしきったといいます。

不遇な後半生を送った「日本流行歌の先駆者」は、最後の最後で、
もっとも幸せな旅立ちをした、といっていいかもしれません。

ちなみに、昭和36年の日本レコード大賞曲の「君恋し」も、オリジナルは
二村定一です。フランク永井が悲劇的な後半生を送ったことを思えば、
なにか因縁めいたものを感じさせられます。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

バッグに使用される帆布

バッグと言えば、革製のものか、ナイロン製のものが多くなっていますが、 最近は、帆布で作られたバッグを持っている若い女性をよく見かけます。 帆布は明治の頃にはすでに使われており、丈夫さを生かして人力車の …

no image

ベランダ菜園の土作り

マンションやアパート等、庭の無い住宅環境でも、実現が可能な ガーデニングや家庭菜園が人気を集めている様です。 これらは俗に、「ベランダ菜園」、「ベランダガーデニング」と呼ばれています。 狭いベランダで …

no image

Windows8発売と一般層の影響

Windows8が発売しましたね・・。 と詳しい記事を期待して見た方はごめんなさい。 正直、今回のOSについてよくわかっていません。 タブレット想定ということは分かっていたり デスクトップ画面が変わっ …

no image

レオパレスの壁は本当に薄いのか?

レオパレスといえば、家具付ですめる マンスリーマンションとして有名で便利そうな イメージがあったのですが、壁が薄くて隣の 生活音が聞こえるという話がネット上にたくさん あります。 最近レオパレスに引っ …

no image

大相撲の「引き分け」は日本の精神文化

現在ではちょっと考えられませんが、昔は大相撲に「引き分け」がありました。 大相撲の歴史は古く、遠くさかのぼれば「日本書紀」の野見宿祢と 当麻蹴速の力比べにまで行き着きますが、これは伝説。 職業相撲は江 …

アーカイブ