社会

アジアの中の日本

投稿日:

021935
最近日本周辺では中国と尖閣諸島、韓国と竹島の領土問題が
大きく取り上げられています。民主党政権の両国に対する
対応が弱腰であるとの主張をくりかえしてきた自民党安倍総裁が首相になり、
今後の動向が注目されています。

それにしても中国・韓国・ロシアの領土に対するこだわりは、我々日本人からみると
異常にさえ感じます。そしてどうしてわが国と比べてこの3カ国が領土に対して
これほどまでにこだわるのかを考えてみたいのです。尖閣も竹島も国際法上は
明らかに日本の領土とされているわけですから、石原前都知事や安倍首相が
言っていることは、正論です。譲歩するような態度を見せれば、相手は必ず
権利の拡大を主張してきます。

ここでもし逆の立場であった場合、日本が中国や韓国に自国の領有権を主張
するかといえば、あくまで想像ですがしないと思います。そうすると中国・韓国
・ロシアとわが国はやはり領土に対するこだわりの強さが違うと考えても
いいのではないかと思います。

そしてその原因のひとつは、大陸で陸続きの国と島国との違いにあると推察
したくなります。歴史的に常に隣国と領土をめぐる戦争を繰り返した国と
そうではない国との違いです。日本もたしかに過去には満州や朝鮮に進出
したことはありますが、領土をめぐる直接的な戦争は歴史上経験していません。

このように地理的にアジアをみていくと、まとまった列島で国家を形成している
のは日本と台湾・インドネシアくらいです。(フィリピンは島が多い)

日本はアジアの中でリーダーとしての振る舞いが期待されていますが、
地理的な国の成り立ちが違うことは、認識しておく必要がありそうです。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

藻における日本の可能性

2010年、日本の大学教授が従来の植物より20倍以上の石油生産力をもつ藻がある事を発表しました。 これにより日本は将来石油産油国として生まれ変わる可能性が出たのです。 この藻は、深さ1メートル、広さ1 …

no image

金融円滑化法の問題

4年前、リーマンショックが起き、多くの企業の経営が難しくなりました。 そこで政府は平成21年、金融円滑化法という金融機関に対し、借金返済の 猶予を作る法律を作りました。 借金返済の額を先延ばしにする代 …

no image

新聞は軽減税率の対象となるか

消費税増税が現実味を帯びる中、日本新聞協会が新聞・書籍・雑誌には 軽減税率を適用すべきとの声明を発表した、という記事がありました。 軽減税率を適用すべきとの根拠として、知識への課税強化は国の力を 衰退 …

no image

日銀の独立性

最近、自民党政権になってから、「日本銀行の独立性」が よくニュースの話題にのぼるようになりました。 日本銀行は「日銀」と略されていますが、1882年に設立された 日本で唯一の中央銀行であり、銀行券を発 …

no image

為替介入の効果

為替介入とは、日銀などの当局が、通貨の売買を行なうことで 外国為替市場に影響を与えることを言います。 ほとんどの場合、過度な円高を抑制するために円を売って ドルを買うことで円売り介入をします。 多くの …

アーカイブ