雑記

昭和30年代の落語界。文楽、志ん生に、圓生が加わって。

投稿日:

memo1228
10年くらい前からでしょうか。「落語ブーム」ということが
しばしば言われるようになりました。

林家正蔵襲名、銀座落語会、あるいはテレビドラマ
「タイガー&ドラゴンん」など、落語が若い人にも身近になって、
たしかにテレビの露出も増え、話題になることも多くなりました。

その影響もあるのでしょう。落語家の人数は増え続け、特定の人気者の
独演会など、チケットがなかなか取れないということも起きています。

おそらく、この「チケットが取れない」という現象は、亡き古今亭志ん朝の
独演会から始まったのではないかとい思われます。

その志ん朝は、古今亭志ん生の息子です。志ん生は昭和の名人と謳われる人。
ライバルに桂文楽がいます。まったく対照的な芸風で頂点を極めたふたりの
全盛時代は昭和30年代。二人を頂点に、名手が群雄割拠した時代です。

金馬、圓生、可楽、三木助、正蔵、小さん、などなどなど。
そこにテレビの人気者、林家三平、三遊亭歌奴という異色の若手も
加わってきたのです。

これを称して「落語全盛時代」と称するのが、常識のようになっているようです。
二人を頂点にといいましたが、30年代後半から、そして40年代に入るとはっきり、
そこに三遊亭圓生が「張り出し横綱」の格で、加わっていきました。
圓生は先代圓楽の師匠、その圓楽の弟子が現在の圓楽です。

圓生という人は、子供のころから寄席に出て、初めは義太夫語り、体を悪くして
落語家に転向したという大変長いキャリアを持っていました。

持ちネタの数がずば抜けていて、人物描写の達人。当然芸域は広く、
本領の人情噺のほか、ほかに真似てのいない音曲噺、怪談噺、落とし噺。

演じる人物も武士から町人、職人、与太郎、さらには上方の人物まで
巧みに表現しました。

際立ってよかったのが女。色気があって、あざとくならずに、
女をあれだけ女として描いた落語家は、もしかすると空前絶後かもしれません。

現在でも、TBSラジオのパーソナリティで、「ラジオの人間国宝」とも
称すべき大ベテラン、大沢悠里氏が、しばしば圓生演ずる女の物まねをして、
人気のネタとなっています。それくらい、圓生の「女」は魅力があったわけです。

文楽、志ん生の時代に、圓生が加わったという構図は、野球で言えばちょうど、
王、長嶋の後から、張本が割って入ったのと似ています。

張本の広角打法と圓生のオールラウンドプレイヤーぶりにも不思議な共通点があります。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

一週間の料理献立を楽しく正しくたてよう

主婦が一週間の献立を考えるのは、案外難しいものです。 家族の好きなものを取り入れながらも、栄養には 配慮しなくてはなりません。 好き嫌いのない夫婦二人分ならそう苦労もないですが、 三世帯同居ともなると …

no image

アニマルセラピーの普及を希望します

アニマルセラピーという言葉。 動物たちと触れ合うことによってストレスを解消するというものに なります。 確かに私の場合、犬と触れ合っていると心が落ち着くということが あったりします。 最近のアメリカの …

no image

日本代表 オマーン戦の感想

日本代表のオマーン戦も終わりましたね。 ほんと見て良かったです。 1対0で優位に進んで後半に入りましたが 後半戦でオマーンにFKでシュートを決められてしまうと いう状態。 盛り上がるアウェーのサポータ …

no image

Dr.デュオの感想

Dr.デュオ(ドクターデュオ)という漫画を 知ってますか? 今、少年マガジンで連載中の漫画でその名前の とおり医療系の漫画になります。 デュオということで2人の主人公的なものなんですが 1人が有名な医 …

no image

歌舞伎花形役者「三之助」評

歌舞伎花形役者を将来の展望を含めながら見ていきます。 「花形」は若手の人気役者を表した言葉ですが、 ここではかつて「三之助」と呼ばれた三人に限って、取り上げたいと思います。 市川海老蔵。稀有なスケール …

アーカイブ