雑記

昭和30年代の落語界。文楽、志ん生に、圓生が加わって。

投稿日:

memo1228
10年くらい前からでしょうか。「落語ブーム」ということが
しばしば言われるようになりました。

林家正蔵襲名、銀座落語会、あるいはテレビドラマ
「タイガー&ドラゴンん」など、落語が若い人にも身近になって、
たしかにテレビの露出も増え、話題になることも多くなりました。

その影響もあるのでしょう。落語家の人数は増え続け、特定の人気者の
独演会など、チケットがなかなか取れないということも起きています。

おそらく、この「チケットが取れない」という現象は、亡き古今亭志ん朝の
独演会から始まったのではないかとい思われます。

その志ん朝は、古今亭志ん生の息子です。志ん生は昭和の名人と謳われる人。
ライバルに桂文楽がいます。まったく対照的な芸風で頂点を極めたふたりの
全盛時代は昭和30年代。二人を頂点に、名手が群雄割拠した時代です。

金馬、圓生、可楽、三木助、正蔵、小さん、などなどなど。
そこにテレビの人気者、林家三平、三遊亭歌奴という異色の若手も
加わってきたのです。

これを称して「落語全盛時代」と称するのが、常識のようになっているようです。
二人を頂点にといいましたが、30年代後半から、そして40年代に入るとはっきり、
そこに三遊亭圓生が「張り出し横綱」の格で、加わっていきました。
圓生は先代圓楽の師匠、その圓楽の弟子が現在の圓楽です。

圓生という人は、子供のころから寄席に出て、初めは義太夫語り、体を悪くして
落語家に転向したという大変長いキャリアを持っていました。

持ちネタの数がずば抜けていて、人物描写の達人。当然芸域は広く、
本領の人情噺のほか、ほかに真似てのいない音曲噺、怪談噺、落とし噺。

演じる人物も武士から町人、職人、与太郎、さらには上方の人物まで
巧みに表現しました。

際立ってよかったのが女。色気があって、あざとくならずに、
女をあれだけ女として描いた落語家は、もしかすると空前絶後かもしれません。

現在でも、TBSラジオのパーソナリティで、「ラジオの人間国宝」とも
称すべき大ベテラン、大沢悠里氏が、しばしば圓生演ずる女の物まねをして、
人気のネタとなっています。それくらい、圓生の「女」は魅力があったわけです。

文楽、志ん生の時代に、圓生が加わったという構図は、野球で言えばちょうど、
王、長嶋の後から、張本が割って入ったのと似ています。

張本の広角打法と圓生のオールラウンドプレイヤーぶりにも不思議な共通点があります。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

気のめぐりを良くするための波動修正法

この世界には目には見えないけれど、気(波動)といったエネルギーが流れています。 人間の体内にも、経絡といって気、血、水が絶えず体全体を 巡りながら、生命を維持しているのです。 今回は、そんな気のめぐり …

no image

法律から見た小銭の使い方

最近、スーパーマーケット等のレジで「小銭は20枚までの使用をお願いします」 といったメッセージを見かけることが多くなりました。 確かに、混雑時に何十枚も小銭を出して会計するのは、お店にはもちろん、 後 …

no image

ブルーレイディスクは画像が綺麗

ブルーレイディスクの映画はDVDのものより綺麗、とよく言われますが、 それは解像度が違うからです。 DVDの解像度は720×480ドットですが、ブルーレイディスクの解像度は 1920×1080ドットに …

no image

旅に出ることのすすめ

よく10代20代の若者が日曜日はゲームセンターに 入り浸っていたり家でゲームやネットに夢中になっている人が 多いと思いますが、オタクを見るたびに「旅に出ろ」と言いたくなります。 私自身は20代前半から …

no image

ホテルの予約はホームページから

私は仕事柄頻繁に国内出張をします。 大体1月の間に10日前後です。その際いつも ビジネスホテルを利用するのですが、以前は「じゃらん」などの ホテル予約サイトを利用していました。 例えばじゃらんの場合宿 …

アーカイブ