雑記

法律から見た小銭の使い方

投稿日:

021935
最近、スーパーマーケット等のレジで「小銭は20枚までの使用をお願いします」
といったメッセージを見かけることが多くなりました。

確かに、混雑時に何十枚も小銭を出して会計するのは、お店にはもちろん、
後ろに並んでいる方に対しても迷惑になりかねません。

しかし、この「20枚」という枚数には、なにか理由があるのでしょうか?
むしろ限度10枚にした方が、数えやすくて楽なのではないでしょうか?

その理由は、「通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律」に書かれています。
同法第7条には「貨幣は、額面価格の二十倍までを限り、法貨として通用する。」とあります。

貨幣とは硬貨の正式な言い方です。(ちなみに紙幣は『銀行券』です)
つまり、硬貨は「額面の20倍までに限って」法的に通用するという条文から、
レジでの使用は「20枚まで」とされているのです。

たとえ30枚、40枚と大量の小銭を出したとしても、お店側はこの法律を根拠に
「20枚まで」とお断りができるのです。

ちなみに紙幣は、「額面の20倍」の規定から除外されていますので、
何百枚でも好きなだけ用いることができます。

世の中には、なぜか財布の中に小銭ばかりが貯まってしまうと
いう方がいるようです。

その方々は、財布の中に大量の小銭があると枚数を数えづらく、
また紙幣を使ってしまい、お釣りを小銭でもらってしまうという
悪循環に陥っているようです。

もしスーパー等で小銭を一気に使ってしまうおうと考えている場合は、
一度に「20枚」までにしておくのが無難です。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

珈琲の扱い方

私は相変わらず珈琲が好きです。 味は勿論の事、香り、珈琲のある雰囲気、なんとも落ち着くひとときです。 珈琲に拘りを持っている方は多いと思います。 そういう方は、ご自身でも拘りのある珈琲豆であったり、 …

no image

図書館利用のすすめ

最近、本を読んでいますか? 日常的に見る活字は雑誌と新聞ぐらい・・・、という方多いのではないでしょうか。 活字離れが取りざたされるようになり久しいですが、 今や大学生でさえ図書館の利用方法がわからない …

no image

吉田秀和と丸谷才一

文学とりわけ評論分野で戦後日本を代表する知識人、吉田秀和氏と丸谷才一氏 が今年亡くなりました。新聞での扱いも特別で、各紙に大きな追悼関連記事が 掲載されました。どちらも亡くなる直前まで現役として活動さ …

no image

冬をあたたかく過ごす、ペットボトル湯たんぽの作り方

今回はペットボトルで作る湯たんぽの話です。 冬になるとあたたかさが恋しくなりますね。湯たんぽのような お湯の自然なあたたかさはペットの動物たちに続いて、本当に 魅力的です。 しかし、今やなかなかお家に …

no image

メッセンジャー対スカイプの決着

windowsメッセンジャーですが、「2013年第1四半期に 提供を完全に終了する」ということが 発表されましたね。 栄枯盛衰といいますか、ついにメッセンジャーも 終わりの時代がきたということです。 …

アーカイブ