雑記

三島由紀夫が愛した女形たち

投稿日:

memo1228
作家の三島由紀夫は、生涯で何人かの女形役者をひいきにし、
愛してもいました。昨年の紅白歌合戦に喜寿にして初出場と
なった美輪明宏もその一人です。

美輪の生い立ちは割愛しますが、戦後、長崎から東京へ出て
「命がけの自立」を体験します。

今でいうホームレスのような生活を送り、やがて銀座の
「ブランズウィック」という喫茶店で、ボーイとして働くようになります。
これが彼のターニングポイント。

その店は、今のゲイバーの魁となった店で、当時の著名人の江戸川乱歩や
三島由紀夫、さらには高名な歌舞伎役者なども出入りしていました。

美輪はそこで多くの著名人と知りあい、わけても、三島由紀夫の偏愛を
受けながら、成功していったのでした。

それより以前に、三島には思春期から傾倒していた女形がいました。
それは六代目中村歌右衛門。その前名の時代から、ひいきにしていたことは、
三島の残した「芝居日記」からもわかります。

三島には別に七代目宗十郎という偏愛の女形がいましたが、
この人すでに老優でしたから「恋人」にはなりえませんでした。

さて、歌右衛門です。彼が歌右衛門をいかに愛したかを知るには、
「女形」という短編小説を読むに限ります。

三島は、「仮面の告白」以来、自身のすべてを、作品でおしげもなく
表した作家だと、見ます。彼の自己へのすさまじい情熱が、意志とは
関係なく、正直に自己を語らせてしまう。
その頸木から逃れられなくなっていたのだろうとも思います。

作家の韜晦、ということから、実は彼はもっとも遠く離れた
人だったのではないでしょうか。

彼は韜晦から離れていた。韜晦と世間が思う、そのことを十分計算に
入れて、だからこそあえていつわらざる「自己」を描いたのではないでしょうか。

三島が最後に愛した女形こそ、坂東玉三郎です。三島45歳、その年自決する
三島は、自作の「椿説弓張月」の舞台で、当時10代の玉三郎を抜擢します。

そしてそれが、三島最後の、「女形役者へのラブレター」となりました。
去年、その玉三郎が人間国宝の指定を受けましたが、
泉下の三島が聞いたらどう思うか。

「おれははじめから、こうなることはちゃーんと、わかっていたんだよ」、と、
テネシー・ウィリアムスの戯曲よろしく(「欲望という名の電車」)、
言い切って、かっかっかっと、快活に笑ってみせるのかもしれません。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

マンション管理組合の主な業務

分譲マンションに居住していると、必ず1度は管理組合の理事に なることになります。分譲マンションには区分所有者を構成員とする 管理組合が設けられており、組合員を代表するものとして理事会があります。 理事 …

no image

DMは受け取り拒否できる!?

DMを受け取り拒否することができるという話が あるのをtwiiter経由で発見しました。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ “届いたダイレクトメールは開封せずに赤いペンで受取拒否と書き認 …

no image

テレビ需要の落ち込みは想定できなかった?

テレビ国内出荷が落ち込み最大というような ニュースが出ていました。 出荷台数が前年46%減という話です。 当然の話だと思います。 地上デジタル放送の切り替えが2011年で完了したわけです。 テレビの買 …

no image

「千両千両」、酒と詩に生きた奇人

幕末から明治にかけて生きた俳人、井上井月(せいげつ)。 あまり知られた名前ではありませんが、例えば、つげ義春の 『無能の人』の中に登場する放浪の俳人、といえば 漫画好きの人は「ああ、あの人か」と気づく …

no image

「日本女優番付」を考えてみました

相撲の番付にならって、江戸から明治のころまでは、いろいろな分野で「 番付」が作られました。たとえば料理屋。 たとえば噺家。この辺は「なるほど」と思いますが、ほかにも、 金魚の番付や「おもと」(江戸時代 …

アーカイブ