雑記

三島由紀夫が愛した女形たち

投稿日:

memo1228
作家の三島由紀夫は、生涯で何人かの女形役者をひいきにし、
愛してもいました。昨年の紅白歌合戦に喜寿にして初出場と
なった美輪明宏もその一人です。

美輪の生い立ちは割愛しますが、戦後、長崎から東京へ出て
「命がけの自立」を体験します。

今でいうホームレスのような生活を送り、やがて銀座の
「ブランズウィック」という喫茶店で、ボーイとして働くようになります。
これが彼のターニングポイント。

その店は、今のゲイバーの魁となった店で、当時の著名人の江戸川乱歩や
三島由紀夫、さらには高名な歌舞伎役者なども出入りしていました。

美輪はそこで多くの著名人と知りあい、わけても、三島由紀夫の偏愛を
受けながら、成功していったのでした。

それより以前に、三島には思春期から傾倒していた女形がいました。
それは六代目中村歌右衛門。その前名の時代から、ひいきにしていたことは、
三島の残した「芝居日記」からもわかります。

三島には別に七代目宗十郎という偏愛の女形がいましたが、
この人すでに老優でしたから「恋人」にはなりえませんでした。

さて、歌右衛門です。彼が歌右衛門をいかに愛したかを知るには、
「女形」という短編小説を読むに限ります。

三島は、「仮面の告白」以来、自身のすべてを、作品でおしげもなく
表した作家だと、見ます。彼の自己へのすさまじい情熱が、意志とは
関係なく、正直に自己を語らせてしまう。
その頸木から逃れられなくなっていたのだろうとも思います。

作家の韜晦、ということから、実は彼はもっとも遠く離れた
人だったのではないでしょうか。

彼は韜晦から離れていた。韜晦と世間が思う、そのことを十分計算に
入れて、だからこそあえていつわらざる「自己」を描いたのではないでしょうか。

三島が最後に愛した女形こそ、坂東玉三郎です。三島45歳、その年自決する
三島は、自作の「椿説弓張月」の舞台で、当時10代の玉三郎を抜擢します。

そしてそれが、三島最後の、「女形役者へのラブレター」となりました。
去年、その玉三郎が人間国宝の指定を受けましたが、
泉下の三島が聞いたらどう思うか。

「おれははじめから、こうなることはちゃーんと、わかっていたんだよ」、と、
テネシー・ウィリアムスの戯曲よろしく(「欲望という名の電車」)、
言い切って、かっかっかっと、快活に笑ってみせるのかもしれません。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

東京圏にまだ新駅ができる!?

JR東日本は30日、2020年までの 経営構想を発表ということで在来線で新たな需要が 開拓できる場所に新駅が設置するという話が出たそうです。 既にもう場所もなければこれ以上変わらないと思っている 東京 …

no image

「当日最大料金」と「24時間最大料金」の違い

街中にあるコインパーキングなどの時間貸し駐車場の多くは、 駐車料金に最大料金制をとっています。 最大料金とは、その金額以上は課金されない料金のことです。 例えば、10分100円・最大料金2,000円の …

no image

2013年 梅雨入りの時期について

梅雨入りということが先日東京でも 5月29日ごろに発表されて平均より 10日も早いということで発表されていました。 梅雨になるとじめじめしてイヤだなあと 思ったり、今は自転車を使っているので 自転車を …

no image

大相撲の「引き分け」は日本の精神文化

現在ではちょっと考えられませんが、昔は大相撲に「引き分け」がありました。 大相撲の歴史は古く、遠くさかのぼれば「日本書紀」の野見宿祢と 当麻蹴速の力比べにまで行き着きますが、これは伝説。 職業相撲は江 …

no image

有田焼の万華鏡の挑戦

有田焼は日本を代表とする焼き物ですが、平成2年のピーク時と比べ、 現在はその時の7分の1まで売り上げが減っています。 このことから有田焼や化粧品などの高級品を梱包する業者に携わっている人が、 有田焼の …

カテゴリ

アーカイブ