雑記

シンメトリーを嫌う日本人

投稿日:

memo1228
昨年末歌舞伎役者中村勘三郎が57歳の若さで亡くなりました。
ちょうど京都の南座では息子の中村勘九郎の襲名公演が開かれており、
あわせて話題にのぼりました。次男の七之助も襲名公演に出演していました。

ここで初めて気づいたのですが、親子の名前に三、九、七が入っています。
いずれも奇数です。五はないかと探しますと尾上菊五郎の五、坂東玉三郎の三
と歌舞伎役者の名前には奇数が多いことに気がつきました。(松本幸四郎、
市川団十郎の偶数もありますが)

ここでまた話は変わりますが、ヨーロッパや中国は左右対称のシンメトリーを
大事にします。それぞれの国の歴史ある建物はほとんど全部がシンメトリー
にできています。一方日本はもちろんシンメトリーの建物はありますが、
そうでないものも多く、また内部空間にはシンメトリーを明らかに嫌っている
と考えられる造作があります。その典型が和室の床の間です。例えば8帖
の和室に床の間がある場合は真ん中ではなく、片側にありもう一方には違い棚
があるのが普通です。

建築でも有名な桂離宮はシンメトリーを完全にはずしたすばらしい例でしょう。
また庭園についても、フランスのベルサイユ宮殿の庭園に代表されるように
ヨーロッパの庭園はシンメトリーです。一方日本庭園はシンメトリーではありません。
こういう例はいくつも見出すことができます。

日本建築には数奇屋づくりがありますが、この数寄は奇数と関係があります。
2で割れない奇数はシンメトリーではありません。ここにも日本人の感性が
現れています。冒頭の歌舞伎は日本の伝統芸能です。奇数を好む日本の
文化と関係がありそうです。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

昭和30年代の落語界。文楽、志ん生に、圓生が加わって。

10年くらい前からでしょうか。「落語ブーム」ということが しばしば言われるようになりました。 林家正蔵襲名、銀座落語会、あるいはテレビドラマ 「タイガー&ドラゴンん」など、落語が若い人にも身近になって …

no image

算数の疑問「+の数が=をまたぐと-の数になるのはどうして?」

子供が学校で習ったことがわからなくて先生に聞いても よく分からず親の自分に聞いてきた、そんなときにビシッと 答えられたら親の株は急上昇です。 そこで、よくある算数の疑問をうまく説明する方法をご紹介しま …

no image

部屋さがしで見えてくるもの

ただいま引っ越しシーズンですね。 テレビを見てもネットサーフィンをしていても、不動産会社や引越し業者の バナーが乱立しています。 引っ越しシーズン真っ盛りの今、住みたいと思う物件があっても 見学後に冷 …

no image

甲殻類・エビも痛みを感じる可能性あり

エビやカニなどの甲殻類。 私たちは調理するときに、普通に生きたままの仕入れてきて それをさばく、茹でる等を行っていますが、実は痛みを 感じている可能性があるなんてことが発表されたようです。 ・・・・・ …

no image

部屋の家具の配置について

部屋の家具の配置は新居に引っ越してきた時に 一番悩むことだと思います。 今持っている家具が新しい部屋に入るのか、足りない 家具を買い足すならばどのような寸法のものならばおけるのか、 またそもそもどうい …

アーカイブ