雑記

シンメトリーを嫌う日本人

投稿日:

memo1228
昨年末歌舞伎役者中村勘三郎が57歳の若さで亡くなりました。
ちょうど京都の南座では息子の中村勘九郎の襲名公演が開かれており、
あわせて話題にのぼりました。次男の七之助も襲名公演に出演していました。

ここで初めて気づいたのですが、親子の名前に三、九、七が入っています。
いずれも奇数です。五はないかと探しますと尾上菊五郎の五、坂東玉三郎の三
と歌舞伎役者の名前には奇数が多いことに気がつきました。(松本幸四郎、
市川団十郎の偶数もありますが)

ここでまた話は変わりますが、ヨーロッパや中国は左右対称のシンメトリーを
大事にします。それぞれの国の歴史ある建物はほとんど全部がシンメトリー
にできています。一方日本はもちろんシンメトリーの建物はありますが、
そうでないものも多く、また内部空間にはシンメトリーを明らかに嫌っている
と考えられる造作があります。その典型が和室の床の間です。例えば8帖
の和室に床の間がある場合は真ん中ではなく、片側にありもう一方には違い棚
があるのが普通です。

建築でも有名な桂離宮はシンメトリーを完全にはずしたすばらしい例でしょう。
また庭園についても、フランスのベルサイユ宮殿の庭園に代表されるように
ヨーロッパの庭園はシンメトリーです。一方日本庭園はシンメトリーではありません。
こういう例はいくつも見出すことができます。

日本建築には数奇屋づくりがありますが、この数寄は奇数と関係があります。
2で割れない奇数はシンメトリーではありません。ここにも日本人の感性が
現れています。冒頭の歌舞伎は日本の伝統芸能です。奇数を好む日本の
文化と関係がありそうです。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

スパムコメントを送るくらいならきちんと書けばいいのに

今日もスパムメールのコメントがたくさん 送られてきて、全て削除しました。 一時期ありましたスパムコメントですが また激しくなってきたみたいですね。 自分自身はなかなか人のブログにはそう交流していない人 …

no image

三島由紀夫が愛した女形たち

作家の三島由紀夫は、生涯で何人かの女形役者をひいきにし、 愛してもいました。昨年の紅白歌合戦に喜寿にして初出場と なった美輪明宏もその一人です。 美輪の生い立ちは割愛しますが、戦後、長崎から東京へ出て …

no image

「終末の日」も終わり

古代マヤ暦に基づく週末の日が本日12月21日 とのことで、海外では本当に大騒ぎになっていますね。 事件が起きないように予防線を張っていたり 中国の方では取り締まりもあったりしているようです。 日本の中 …

no image

免許取得にかかる時間が短い合宿免許

運転免許を取得する場合、その方法は三つあります。 まず、一つ目が、直接運転免許センターへ赴いてそこで 試験を受ける方法です。これは、最も難しい方法です。 練習も何もなしにいきなり試験を受けることになり …

no image

若いうちに海外へ行くことの重要性

若者の海外離れが叫ばれて久しいですが、その原因としては海外へ 行くことがそう難しいことではなくなっただけに海外に特別な 憧れや希望を抱かない若者が増えたこと、不況の影響で経済的に 余裕がないこと、ゆと …

アーカイブ