社会

通信販売はクーリングオフができません

投稿日:

komatta_shainS
クーリングオフ制度があることは周知されていますが、その内容を
熟知している人はそれほど多くはありません。

クーリングオフというのは、いったん購入や契約をした後でも、
一定の条件を満たせば、消費者から一方的に契約を破棄できる制度のことです。

ただし、クーリングオフができるのは、訪問販売や電話勧誘販売、
キャッチセールス、特設会場での販売など、主に、固定の販売店や
事務所以外の場所で勧誘されて購入、契約したケースです。

自分の意思で判断して購入したものはクーリングオフができません。
従って、自分から販売店に行って購入する店舗販売や、カタログなどを見て
購入の申し込みをする通信販売はクーリングオフの対象外です。

通信販売にはカタログショッピングの他、テレビショッピング、ネット通販、
ネットオークションなどが該当します。通信販売では、販売店に行かずに
商品を購入できるという利点を消費者が選択しているため、商品を
手に取って見ることのできないリスクは消費者の自己責任となり、
クーリングオフは適用されません。

ちなみに、通信販売には、返品特約(返品の可否・返品期間等の条件・
返品の送料負担の有無など)に関する事項を広告に記載することが
義務付けられています。

もし、この義務を守らず、返品特約を広告に表示していない場合には、
商品の受け取り後8日以内であれば、返品(契約の解除)ができることになっています。

なお、インターネット通販の場合は、広告への掲載に加えて、
最終申込み画面にも返品特約を表示しなければなりません。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

自動ブレーキ義務化を検討。決定が遅すぎです。一刻も早く。

高齢者運転の事故対策、 アクセルとブレーキを踏み間違えるような 事故が多発していますが、その対策として 自動ブレーキを義務化するということを 検討しているそうです。 本当にこれは遅すぎるくらいの話です …

no image

外国為替市場について

外国為替市場を英語で表すならば、Foreign Exchange Marketとなります。 外為市場というように省略されて言われることもある外国為替市場は、 外国為替の取引が交わされるところをまとめた …

no image

生活保護法改正・現物給付案は適切か?

生活保護法を改正して金銭ではなくて 食糧や衣服を現物給付するという案が 出ているそうです。 この案は本当に正しいのでしょうか? 金銭が貰えるとなると不正受給をする人達が 出てくる、お金そのものがもらえ …

no image

日本の和の精神は良いのか?

日本の和の精神についてアメリカ視点で語ったという 記事があったので興味を持って見てみました。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   欧米社会では協調性をあまり重視しない傾向がある …

no image

ゆとり世代 円周率は3ではない?

ゆとり世代の代表的な話といえば 円周率が3.14ではなくおよそ3になってしまうと いう話でした。 こんな適当な計算方法にしてしまって 本当にいいのか? ある意味嘘を教えることになってしまうのに 本当に …

アーカイブ