社会

通信販売はクーリングオフができません

投稿日:

komatta_shainS
クーリングオフ制度があることは周知されていますが、その内容を
熟知している人はそれほど多くはありません。

クーリングオフというのは、いったん購入や契約をした後でも、
一定の条件を満たせば、消費者から一方的に契約を破棄できる制度のことです。

ただし、クーリングオフができるのは、訪問販売や電話勧誘販売、
キャッチセールス、特設会場での販売など、主に、固定の販売店や
事務所以外の場所で勧誘されて購入、契約したケースです。

自分の意思で判断して購入したものはクーリングオフができません。
従って、自分から販売店に行って購入する店舗販売や、カタログなどを見て
購入の申し込みをする通信販売はクーリングオフの対象外です。

通信販売にはカタログショッピングの他、テレビショッピング、ネット通販、
ネットオークションなどが該当します。通信販売では、販売店に行かずに
商品を購入できるという利点を消費者が選択しているため、商品を
手に取って見ることのできないリスクは消費者の自己責任となり、
クーリングオフは適用されません。

ちなみに、通信販売には、返品特約(返品の可否・返品期間等の条件・
返品の送料負担の有無など)に関する事項を広告に記載することが
義務付けられています。

もし、この義務を守らず、返品特約を広告に表示していない場合には、
商品の受け取り後8日以内であれば、返品(契約の解除)ができることになっています。

なお、インターネット通販の場合は、広告への掲載に加えて、
最終申込み画面にも返品特約を表示しなければなりません。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

みんな平等に緩やかに貧しくなっていけばいいという世の中はよくない

社会学者の上野千鶴子氏が中日新聞の インタビューで 「みんな平等に緩やかに貧しくなっていけばいい」 ということを言ったことが話題になって いるようです。 GDP維持、増加をしていくことをあきらめて み …

no image

円安は日本を救うのか

自民党が優位ということが世論調査などで 明らかになってくるに従って円安が進んできています。 自民党の総裁などは否定していますが、やはりどう考えてみても 自民党の総裁の発言が今の円安を誘導しているとしか …

no image

PPPという公害における責任費用について

PPPとはPolluter Pays Principleの頭文字からとった略語であり、 企業がもし公害的なものを排出しているのであれば、それを費用で責任を負う 「汚染者支払いの原則」をさします。 自動 …

no image

新聞は軽減税率の対象となるか

消費税増税が現実味を帯びる中、日本新聞協会が新聞・書籍・雑誌には 軽減税率を適用すべきとの声明を発表した、という記事がありました。 軽減税率を適用すべきとの根拠として、知識への課税強化は国の力を 衰退 …

no image

愛知県蟹江町母子殺害事件が解決

未解決事件は存在しますがそのまとめサイトなどがあるように 未解決事件に注目している人も多くいるようです。 私も気になっていた未解決事件のひとつであった 愛知県蟹江町の母子殺害事件が非常に気がかりでした …

アーカイブ