ビジネス

増え続けるコンビニ

投稿日:

021935
私は街の中心部に住んでいて、移動は徒歩が中心です。週に2-3回は歩いて30分
くらいにある公園まで散歩しています。その間街の様子を見ながら歩くのを楽しみ
にしています。そしてここ数年コンビニエンスストアが散歩する大きな通りの両側
にどんどん増えていることに気づきました。

現在コンビニの大手3社はセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートです。
最初のころは、この3社のコンビニが一店舗づつあったのが、セブンイレブン
とローソンは増え続けて最近は100m-200mおきにあるのではないかと
思います。

フランチャイズ制をとっているので、このような出店もあるのかもしれませんが、
常識では考えられない商圏設定になっています。同じ会社のコンビニは
扱っている商品はほとんど同じです。また違う会社のコンビニも商品に大差
はありません。

これだけ増えると競合してすぐつぶれそうですが、今のところその気配はなく
コンビニ各社は最高利益を更新しています。どうしてこれだけ競争が激しい
状況でも、お客が入って採算がとれるのか不思議でなりません。

たぶんつぶれないのは、コンビニを利用する人がたくさんいるからでしょう。
確かに日常生活に必要なものがほとんど買えて、銀行と同様にATMが
使えます。しかし便利だからどんどん増えるというのは、少し考えてみる
必要があるのではないでしょうか。

これらのコンビニはだいたい24時間営業です。たしかに消費者にとって
これは便利なことです。しかしこの便利さの追求が大事なものを見失う
ことにつながることを懸念します。真夜中に煌々と光るコンビニの店舗
がいくつも並んでいる風景は不気味です。

adsense

adsense

-ビジネス

執筆者:

関連記事

no image

篠原塾 2期がスタートするようです。

アフィリエイト塾として有名な 篠原塾の2期がスタートするようです。 無料動画である程度情報を流して 信用を勝ち取って最後に入塾案内をするという お決まりのプロダクトローンチ手法という ところでしょうか …

no image

LCCの料金は公平性の上に成り立っています

日本でピーチというLCC(格安航空会社)が設立されて以来、 LCCを利用する旅行者が急激に増加しています。 日本の航空会社の系列のLCCも増え、海外からも次々と 参入していることから、顧客の争奪戦も始 …

サンリオが著作権違反のサービスと提携してはダメ

サンリオがMERYとのコラボを 撤回したということがニュースに なっています。 サンリオが「MERY」とのコラボを撤回しました。記事の非公開が相次ぐ中、「お客様に迷惑になりかねない」と判断しました。 …

ベストライセンス社のPPAP商標出願 出願乱発はいいのか?

ベストライセンス社がPPAPの商標を先に 出願していてAVEXに警告書を送ったと いうことで話題になっています。 先に出願したものがその商標権を得ると いっても、なんでも流行りになったものを 先に送っ …

no image

新しい会社法の設立背景

過去、一国一城の主を夢見て、自分の会社を設立することを 目指した人が大勢いました。 ただ、株式会社を設立するためには、1,000万円という大金が 必要だったために、資金を集められずに断念した人も数多く …

アーカイブ