ビジネス

LCCの料金は公平性の上に成り立っています

投稿日:

PC!S
日本でピーチというLCC(格安航空会社)が設立されて以来、
LCCを利用する旅行者が急激に増加しています。

日本の航空会社の系列のLCCも増え、海外からも次々と
参入していることから、顧客の争奪戦も始まっています。

LCCの最大の魅力はその価格です。

例えば、成田・新千歳間の航空運賃は通常の
航空会社だと14,000円はしますが、LCCだと5,000円程度で
収まります。

その安い価格のベースになっているのが、
サービスの利用に対する「公平性」です。

従来、航空会社は利用者に対して色々なサービスを
提供してきました。
サービスを提供するためには、人手がかかりますし、
設備も用意しなければなりません。

要するに経費が掛かります。
その経費は運賃に含まれることになり、結果的に利用者が
負担することになっていました。

LCCはサービスに対する負担を顧客に転嫁することで、
運賃を下げるシステムを取っています。

例えば、LCCの航空券の購入はオンライン予約が原則で、
人の手をわずらわす電話予約の場合は、料金を取る会社が
多くなっています。
電話予約を受け付けない会社さえあります。

手荷物のチェックインは有料で、オンラインでなく、
空港カウンターで決済するとより高い料金が掛かります。
座席は早い者順で決まり、指定する場合には別途料金が
必要となります。機内の飲食も有料の会社がほとんどです。

このように、サービスを利用する人はそれに見合う代金を支払い、
利用しない人は支払う必要がありません。

こうすることで、同じ飛行機を利用する人の公平性を保ち、
価格を下げることができたわけです。

LCCの価格設定の理念は受益者負担です。

adsense

adsense

-ビジネス

執筆者:

関連記事

no image

カンブリア宮殿 シリコンバレー 感想

カンブリア宮殿を何となく見てしまいました。 アメリカのシリコンバレーで小さいガレージから 企業が生まれた話はわくわくしますね。 優秀な学生ほど大手企業に目を向けず 起業する。 素晴らしい姿だと思います …

no image

ワタミの理念と現実

ワタミ(和民)といえば、居酒屋でもちろん有名ですが、 社長がマスコミに頻繁に出てくることでも有名になっていますよね。 今は実質的な利益を上げているのは介護事業とのことで かなりの多角化を進めているよう …

no image

ホテルマンが持つボールペン 実はこれには隠された秘密があった

さわやかで清潔感のある身だしなみがモットーのホテルマン。 彼らは所作のひとつひとつ、それこそ足運びからおじぎの 角度まで徹底的に叩き込まれた、言わば接客のプロフェッショナルです。 そのプロに相応しい応 …

no image

第二次産業から第三次産業に代わる経緯

日本企業はかつて高度経済成長期において大量生産という 第二次産業スタイルで栄光を築いてきました。 しかし、今は韓国や中国における海外勢におされ、 経営難に陥る形へと至っています。 このことから今後新し …

no image

やはりmixiは迷走しているのか?

本日もmixiについて迷走mixi、SNS再編の火種というような 内容が報道されていたりします。 参考) 迷走ミクシィ、SNS再編の火種 業績低迷、ユーザー停滞…消えない噂 http://headli …

アーカイブ