健康

ビオチンとアレルギー疾患の治癒効果

投稿日:

014480
アトピー性皮膚炎などの、アレルギーが原因の疾患は、
治療が困難だといわれています。

アレルギーは、ひとつの要因だけでなく、あらゆる
アレルゲンが混雑して発症することが多いのです。

ですから、アレルゲンをつきとめるところから始まり、
その治療法もさまざまで、個人の体質によって異なることから、
治療に時間がかかります。

アレルギー疾患の患者に共通していることは、慢性的な症状と、
治療の長期化、それから体内の栄養の偏りがあげられます。

治療中に、医師から食生活の指導があると思いますが、ビタミンが
不足していることを指摘されるケースが少なくありません。

体内の栄養バランスが崩れると、免疫力が弱くなり、
アレルギー疾患を招く原因のひとつになるのです。

そこで、アレルギー疾患をもっている人に、ぜひ注目して
もらいたいものがあります。

個人差があるものの、患者のなかで極端に少ないと
いわれているものが、ビオチンという栄養素です。

ビオチンは、本来ならば体内で形成されますが、アレルギー疾患を
もっていると、形成されにくくなるのです。

ビオチンが不足すると、皮膚や粘膜の健康状態が悪くなり、
アレルゲンの侵入を防ぐことができなくなります。

不足状態が続くと、疲れやすくなり、体の抵抗力が弱くなったりします。
即効性があるわけではないですが、サプリメントなどで補うことで、
体内でビオチンの働きを活発化されることが可能だと思います。

続ければ、アレルギーの症状が緩和される可能性も高いので、
試してみてはいかがでしょうか。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

青汁の飲み方

ここでは青汁のいろいろな飲み方について紹介したいと思います。 青汁はそのままだとどうしても苦い、味そのものが苦手という人も いると思います。おいしく飲むにはどうしたらどうしたらいいのか?と 考えたとき …

no image

乾燥肌と入浴剤

冬になると、空気が乾燥しているために、どうしても肌が 乾燥してしまいます。 その乾燥肌対策にと、今年は、室内の加湿器を新たに購入しました。 が、一番大事なのは、お風呂かなと最近思っています。 ゆったり …

no image

あせもとアトピーの違いと治療法

あせもとアトピー、その違いは、簡単に書くと、 あせもは、夏に汗をかいたときに、主に乳幼児の皮膚に出来る 湿疹のようなものです。 乳幼児に多いのは、大人に比べて汗をかきやすいからです。 また、夏に限らず …

no image

ウォーキングで心身ともにリフレッシュ

運動不足解消のためにウォーキングを行っているという人は 少なくないはずです。 もちろんタラタラと歩くだけではダイエット効果につながることは 少ないようですが、以前は家から出て歩くことは全然なかったと …

no image

筋トレより有酸素運動の方が痩せやすい!?

ダイエットに関しては筋トレをするより有酸素運動の方が 効果がある、痩せやすいという話が出ています。 有酸素運動と筋トレを併用したグループ、 有酸素運動を行ったグループを比較したところ 実態の差はそんな …

アーカイブ