健康

ビオチンとアレルギー疾患の治癒効果

投稿日:

014480
アトピー性皮膚炎などの、アレルギーが原因の疾患は、
治療が困難だといわれています。

アレルギーは、ひとつの要因だけでなく、あらゆる
アレルゲンが混雑して発症することが多いのです。

ですから、アレルゲンをつきとめるところから始まり、
その治療法もさまざまで、個人の体質によって異なることから、
治療に時間がかかります。

アレルギー疾患の患者に共通していることは、慢性的な症状と、
治療の長期化、それから体内の栄養の偏りがあげられます。

治療中に、医師から食生活の指導があると思いますが、ビタミンが
不足していることを指摘されるケースが少なくありません。

体内の栄養バランスが崩れると、免疫力が弱くなり、
アレルギー疾患を招く原因のひとつになるのです。

そこで、アレルギー疾患をもっている人に、ぜひ注目して
もらいたいものがあります。

個人差があるものの、患者のなかで極端に少ないと
いわれているものが、ビオチンという栄養素です。

ビオチンは、本来ならば体内で形成されますが、アレルギー疾患を
もっていると、形成されにくくなるのです。

ビオチンが不足すると、皮膚や粘膜の健康状態が悪くなり、
アレルゲンの侵入を防ぐことができなくなります。

不足状態が続くと、疲れやすくなり、体の抵抗力が弱くなったりします。
即効性があるわけではないですが、サプリメントなどで補うことで、
体内でビオチンの働きを活発化されることが可能だと思います。

続ければ、アレルギーの症状が緩和される可能性も高いので、
試してみてはいかがでしょうか。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

股関節ストレッチ

股関節が堅くなると老化のスピードが速くなるといわれます。 老人歩きと俗に言われる歩き方は前傾姿勢で足を擦るように 短い歩幅での歩き方です。 これは股関節が堅くなっていて、歩幅が広くとれないのが 原因の …

no image

アロマテラピーでストレス解消

アロマテラピーは、注目度が高い リラックス方法となっています。 草花から抽出した天然オイルを使い、香りに よってからだの緊張をほぐすというもので ヨーロッパでは17世紀ごろから用いられてきたと いう歴 …

no image

市の特定健康診査を受ける

毎年11月ごろに市の特定健康診査を受けています。 いつも決まった開業医で受けているのですが、健康診断と言えど 医師の先入観が入るといけないと思い今年は市の健康センタ-で受診しました。 専門ですので、診 …

no image

赤ちゃんのあせも対策

赤ちゃんというのは汗を大量にかきます。 そうした時に適切な対処をしていないと、 あせもに発展してしまう事があります。 対処というのは赤ちゃんのかいてしまった汗を綺麗にするという事で、 すぐに適切な方法 …

no image

陰部に出来るあせも

あせもの原因は汗を大量にかいた時に汗が皮脂の中に たまってしまうのが原因です。 水ぶくれや炎症を起こし、激しいかゆみを伴うこともあります。 特に夏になると警戒しなければならない皮膚の病気のひとつです。 …

アーカイブ