雑記

隠棲の俳人尾崎放哉、と山頭火

投稿日:

memo1228
尾崎放哉は明治、大正期の自由律の俳人です。荻原井泉水門下で、
同門下には放浪の俳人として今も人気の高い種田山頭火がいます。

帝大を出て生命保険会社に就職、支店長まで行きましたが、
酒乱の傾向があり、辞職してしまいます。

職を失い奥さんとも別れ、一人になった放哉は寺男など、それまでの
キャリアからはかけはなれた境遇に身を投じます。
プライドの高い彼にとって、それはやむをえない人生の流れとはいえ、
自責は強かったはずです。

持病だった肺の病が悪化し、体力の衰えた彼は、井泉水と俳句の同人の世話で、
小豆島に渡ります。そこの西光寺の奥の院「南郷庵」の庵主として、
なんとか命長らえようとの思いでした。

けれど、島の天候に悩まされ、病んでなお酒にたよって泥酔しては酒乱ぶりを発揮。
世話になっている人にも迷惑をかけるという生活はあらたまりませんでした。

当然体も衰弱死、翌年4月に41歳の生涯を終えます。

山頭火は文字通り放浪の詩人でした。西行以来の伝統ある日本の
「漂白の詩人」の流れにある人です。

けれど放哉はそうではありません。たしかに各地を転々としましたが、
それは彼の望んだことではなく、運命に翻弄されつつ、渡り歩いたといった
印象が強いのです。

ほんとうは静かなところで静かにじっと暮らしていたかった、というのがその本音では
なかったでしょうか。彼は漂白、放浪とは違う「隠棲の詩人」だったといっていいでしょう。

ですから、実は彼と山頭火は、作風は似ているけれどむしろ対照的な人だったわけです。
二人はおたがいのことをもちろん知っていましたが、ついに放哉生前に
会うことはありませんでした。

彼の没後、山頭火はその墓を詣で、一句読みます。
「烏ないて私もひとり」。
これは放哉の代表作「咳をしてもひとり」に和したものです。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

時代の変遷と悪の組織

今年でシリーズ42周年を迎える、石ノ森章太郎氏の 原作による大人気テレビドラマシリーズ『仮面ライダー』シリーズ。 このシリーズに登場する、仮面ライダーの敵たちも時代によって 大きく変遷しました。そして …

no image

空中浮揚がインチキだと証明

例の空中浮揚写真がインチキだと証明され、 殺害計画を出されたという弁護士が テレビで話しているのを見ました。 4度も危険な目にあったということです。 このような内容を今はテレビで暴露しても 大丈夫なの …

no image

ためになって忘れないパスワードの決め方について

インターネットを利用しているとログインIDやパスワードを取得し、 ウェブ上の様々なサービスを利用する機会が何度も登場します。 サイトに登録する時やフリーメールのアカウントを取得する時、 ネットバンキン …

no image

掃除や片付けを確実にするために

掃除や片付けが苦手だという人は少なくありません。 しかしやらなければ突然の来客で恥ずかしい思いを することになりかねません。 家の中の汚れで見るたびに気になっている部分、 いつか掃除しよう、いつか洗お …

no image

g.u.のあったかUネックTシャツ

g.u.のあったかUネックTシャツ(8分袖)、色違いで5枚もってます。 はじめ試しに黒を一枚購入したのですが、薄いのに暖かいので その上にタートルやニットカーデを二枚くらい重ね着しても 全然着ぶくれし …

アーカイブ