ビジネス

「本当の」ソーシャルゲームとは何か

投稿日:

news05
任天堂・岩田社長が語る本当のソーシャルゲーム、
こちらの発言も非常に興味深いものがあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

任天堂・岩田社長が語る“本当の”ソーシャルゲーム
http://www.nikkei.com/article/DGXZZO50298050V00C13A1000000/?df=5

 「私には私なりに思うことは当然あります。自分の商道徳から考えて絶対に受け入れられないことをやっている方たちがいるのも事実です。ですが、私の今の立場でそれを外に向かって発言できるかっていうのは、また別の話でね。しかも、今うちの業績が何の問題もないならいざ知らず、ずっと長いあいだ続いていた記録を途絶えさせてしまった張本人である私が他社さんのサービスについてあれこれいうのは、これは違うだろうと思っている」

・・・・・・・・・・・・・・・・・

任天堂はアイテム課金には否定的でその結果、
今このような結果になり、苦戦という状態になっています。

そして、アイテム課金をしてきた各社は
コンプリートガチャが規制した今でも
実態として高額課金トラブルが続いていることが
明らかになっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
ネットゲーム高額課金トラブル コンプガチャ規制後も減らず 中学生で24万円
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130106-00000063-san-soci

昨年5月に消費者庁はコンプガチャが景品表示法違反に当たると判断、業界各社は順次サービスを停止した。しかし、未成年のトラブルはほぼ横ばい。平均購入金額は小学生で約16万円、中学生で約24万円だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

この勝負は最終的にどこに向かっていくのでしょうか?

勝てば官軍ということで、利益を出したものが勝ちであると
いうのは資本主義上は当然のことであり、その意味ではアイテム
課金側が有利な状況だとは思いますが、課題があまりにも深刻な
状況になってきました。

コンプリートガチャが規制されても、この状況であれば、
そのうち、さらに規制が強化され、収益源を絶たれてしまうという
リスクもはらんでいるのではないでしょうか。

短期的に勝っていても、これらのビジネスモデルが今後永久的に
続くかというと極めて微妙なところがあるように思えます。

課金する額がせいぜい通常のゲームセンターレベルであれば
問題はないのでしょうが、あまりにも射幸心を煽りすぎ、異常な
額になりすぎています。

またそうしないと事業の収益性が成り立たないというものであれば
異常なビジネスともいえるのではないでしょうか。

3年後どうなっているかの見通しすら危ないと感じてしまいます。

もっとゲームって楽しめて健全ではなかったでしょうか?

adsense

adsense

-ビジネス

執筆者:

関連記事

no image

無知と貧乏からの脱出

自分が年齢を重ねてきたから特に思うのかもしれません。 今の若い人ってほんと新聞を読まないんですね~ 驚いてしまいます。 インターネットでニュースは読めると思っているかも しれませんが、新聞とネットでは …

no image

FXで利益を出せない人に共通していること

FXというものをご存知でしょうか。 FXは、外国為替証拠金取引の略のことを言います。 つまり、外貨の取引のことを言っているのです。 現在、このFX以上に人気のある資産運用はないと 言っても過言ではない …

no image

第二次産業から第三次産業に代わる経緯

日本企業はかつて高度経済成長期において大量生産という 第二次産業スタイルで栄光を築いてきました。 しかし、今は韓国や中国における海外勢におされ、 経営難に陥る形へと至っています。 このことから今後新し …

激安・自販機で50円で飲み物を売れる理由は?

激安50円自販機の裏側なんて記事が 出ているのを見つけました。 50円はさすがに一部商品になるのでしょうけど 普通に街中を見ても今は1本80円であったり 1本100円で定価よりも安く販売している よう …

no image

化学品メーカーの営業方法は

化学品メーカーの営業と言うと、一般の単なる営業と どの様な特徴があるのかどうかを説明しましょう。 先ず一般家庭に販売する消費材営業とことなり、お客様は 化学を中心とした会社が相手様になります。 通常自 …

アーカイブ