雑記

快適生活のための「手放す」精神と作業

投稿日:

011733
部屋がものであふれて、なかなか片付かない方、掃除しても、
いまいち空間がスッキリしない方は、世の中多いのではないでしょうか?

居心地のよい、好まれる空間というのは、
十分なスペースが確保され、片付いているものです。

今年こそモノを整理し、快適な住まいづくりをしたいという方は、
2・3日の、じっくりした時間をとって、
まず、勇気をもって手放す作業をすることです。

モノが多い生活をしている方というのは、往々にして
捨てることができない性質を持っています。

捨てることがなかなか出来ないのであれば、「手放す」と
いう精神になり、片付ける選択しを増やすことです。

たとえば、
「人にゆずるもの」「オークションやリサイクルセンターで売るもの」「捨てるもの」
という具合に、大きなカテゴリーにわけてみましょう。

もう何年も使っていない食器が棚の奥でホコリをかぶっていたり、
どこかの土産物屋で買ったメモ帳が、使うのがもったいなくて
机の奥底に眠ったままになっていたり、そういうものはありませんか?

食器類は、買値よりも高い金額で売れることは、めったにありませんが、
オークションで格安に設定すれば、喜んで買って使ってくれる人が
世の中にはたくさんいますし、メモ帳は、一度思い切ってペンを
入れてしまえば、もったいない精神は消えてどんどん使うようになります。

家を丁寧に整理すると、余計なものというのは、予想外に多く
あふれかえっていることが分かり、驚かされることでしょう。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

スタディプラスで楽しく勉強を続ける

スタディプラスというサイトをご存知でしょうか。 会員数が3万人も突破した、SNSです。 そのコンセプトは、驚くことに「勉強」なんです。 受験生だけでなく、学生や社会人まで勉強に励む人は 多いのではない …

no image

facebookと企業の運用

今の時代、企業がFacebookのページを作成するということも 多いでしょう。 一時ほどのブームは終わりましたが、facebookだからとりあえず やってみようという成り行きで作っていては 十分な効果 …

no image

ネイルは化粧と同じくらい大切なこと

ニューヨークの町には、ネイルサロンがあちこちにあります。 そして、値段も、10ドル前後というリーズナブルな値段で、 通いやすい値段設定ですので、ニューヨークの女性はよくネイルに行きます。 アメリカでは …

no image

法律から見た小銭の使い方

最近、スーパーマーケット等のレジで「小銭は20枚までの使用をお願いします」 といったメッセージを見かけることが多くなりました。 確かに、混雑時に何十枚も小銭を出して会計するのは、お店にはもちろん、 後 …

no image

「千両千両」、酒と詩に生きた奇人

幕末から明治にかけて生きた俳人、井上井月(せいげつ)。 あまり知られた名前ではありませんが、例えば、つげ義春の 『無能の人』の中に登場する放浪の俳人、といえば 漫画好きの人は「ああ、あの人か」と気づく …

アーカイブ