ビジネス

三日坊主のための読書プラン指南

投稿日:

memoS1
月○冊本を読む!
今年は○○の全集を制覇する!

そのように意気込んで、抱負だおれになった経験は、
多くの人が持っているのではないでしょうか?

忙しい社会生活の中で、自分の時間を確保して、
読書を続けることは、案外難しいことです。

そこでそうした読書の抱負を諦めたくない人のために、
アドバイスしたいと思います。

ある期間にこれだけの本を読みたいと思った時は、
徹底的な具体的な読書プランを練り上げることです。

一番良いのは、1年ないし、3カ月や半年など、
中長期の目線で、読む本を予め決めておくこと。

そして、「今週はこの本、その次は何日までにこの本」というように、
本の質や量を考えながら、締切をきめて、それをスケジュール帳に
書き込むことです。
読んだ本から線を引いて消していくと、達成感もあります。

読むスピードを上げるためには、多少義務感をもって
読む本を先に、本当に読みたい興味がある本を、
あとのほうの計画にもっていくと良いでしょう。

「これを読んだらあの本が楽しめるのだ」という、
いい意味でのプレッシャーを自分にあたえ、面倒な本も
一生懸命読み進めるようになります。

最後に大切なのは、「あまり無茶なプランをたてないこと」です。
よっぽど多読、速読に慣れていなければ、一か月に50冊も
100冊も読むことは至難の業です。
読書の時間は限られています。

欲張りにならず、1週間か2週間に1冊くらいの、比較的余裕を
もったプランで計画すると、着実なステップで読書を
完了していくことができるでしょう。

adsense

adsense

-ビジネス

執筆者:

関連記事

no image

日本のガラパゴス化から見る日本製品の行方

ガラパゴス化という言葉を聞き、多くの日本人がその言葉を 悪い意味として受け取っています。 ガラパゴス化という意味で、多くの日本人が、日本では普及しているのに、 海外では通用しない、つまり自分たちはグロ …

自分でやった方が早い病についての議論

  自分でやった方が早い病という本が以前発売されたことも あり、この内容についての議論が出ています。 要は30代の新人リーダーあたりになると できの悪い部下に仕事を任せずに 「自分でやった方 …

no image

ルミネの100万円お買い物し放題 広告が上手い

ルミネでルミネカードを持っている人が応募して 抽選で1名が100万円分お買い物し放題という キャンペーンをやっていました。 今は新宿ルミネ店での100万円当選が確定して 第二段に入っている状態です。 …

no image

「本当の」ソーシャルゲームとは何か

任天堂・岩田社長が語る本当のソーシャルゲーム、 こちらの発言も非常に興味深いものがあります。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 任天堂・岩田社長が語る“本当の”ソーシャルゲーム http://www …

no image

化学品メーカーの営業方法は

化学品メーカーの営業と言うと、一般の単なる営業と どの様な特徴があるのかどうかを説明しましょう。 先ず一般家庭に販売する消費材営業とことなり、お客様は 化学を中心とした会社が相手様になります。 通常自 …

カテゴリ

アーカイブ