ビジネス

三日坊主のための読書プラン指南

投稿日:

memoS1
月○冊本を読む!
今年は○○の全集を制覇する!

そのように意気込んで、抱負だおれになった経験は、
多くの人が持っているのではないでしょうか?

忙しい社会生活の中で、自分の時間を確保して、
読書を続けることは、案外難しいことです。

そこでそうした読書の抱負を諦めたくない人のために、
アドバイスしたいと思います。

ある期間にこれだけの本を読みたいと思った時は、
徹底的な具体的な読書プランを練り上げることです。

一番良いのは、1年ないし、3カ月や半年など、
中長期の目線で、読む本を予め決めておくこと。

そして、「今週はこの本、その次は何日までにこの本」というように、
本の質や量を考えながら、締切をきめて、それをスケジュール帳に
書き込むことです。
読んだ本から線を引いて消していくと、達成感もあります。

読むスピードを上げるためには、多少義務感をもって
読む本を先に、本当に読みたい興味がある本を、
あとのほうの計画にもっていくと良いでしょう。

「これを読んだらあの本が楽しめるのだ」という、
いい意味でのプレッシャーを自分にあたえ、面倒な本も
一生懸命読み進めるようになります。

最後に大切なのは、「あまり無茶なプランをたてないこと」です。
よっぽど多読、速読に慣れていなければ、一か月に50冊も
100冊も読むことは至難の業です。
読書の時間は限られています。

欲張りにならず、1週間か2週間に1冊くらいの、比較的余裕を
もったプランで計画すると、着実なステップで読書を
完了していくことができるでしょう。

adsense

adsense

-ビジネス

執筆者:

関連記事

自分でやった方が早い病についての議論

  自分でやった方が早い病という本が以前発売されたことも あり、この内容についての議論が出ています。 要は30代の新人リーダーあたりになると できの悪い部下に仕事を任せずに 「自分でやった方 …

no image

ソニー凋落とアマゾン、アップルの台頭 日本企業の「発想の限界」

英紙がソニーの凋落とアマゾン、アップル等の台頭について 述べています。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 英紙フィナンシャルタイムズでジリアン・テット氏がソニーについて書いている。「Why …

no image

今後のための後輩育成のすすめ

会社員人生ではいくつか難関が自分の前に立ちはだかると 思いますが、入社後すぐの混乱状態を抜け出すと次に 差し掛かる大きな問題が後輩育成だったりします。 別に後輩育成なんて誰でもやっていることだし、 時 …

no image

スマホにして支払いが高額安定に

スマートホンにしてから支払い料金が 結果として高くなっている人って多くないでしょうか。 毎月何もしなくても、スマホであれば9000円程度の 支払いにはなるんじゃないかと思います。 少し別キャリアの端末 …

no image

健康診断を受けないと上司もペナルティに

コンビニのローソンですが、部下の社員が 健康診断を受けなかった場合に、部下のペナルティだけではなく、 上司もペナルティとしてボーナス減額を受けるという ことが発表されています。 健康診断受けぬ社員、上 …

アーカイブ