健康

コレステロール治療薬とその分類

投稿日:

009640
高コレステロール血症、その言葉よりももしかすると
高脂血症とい言葉の方が聞き覚えがあるかもしれません。

世の中、食事の欧米化が進み、血中コレステロール値が
高くなってきている傾向にあります。
血中コレステロールが高くなるとどうなるのか、それは
多くのメディアを通してたくさんの方が把握されているとおり、
動脈硬化・心筋梗塞などのリスクが大幅に高まってしまうのです。

さて、高脂血症の治療は基本的には運動療法、食事療法と
言われていますが、その2点をしっかり行っていても、
もしくは生活スタイルの関係で改善が難しい場合には薬物治療が行われます。

高脂血症の治療にはいくつもの種類の薬がありますが、現在の治療で
一番使われている薬はスタチン系といわれる薬です。

商品名としては、リバロ・クレストール・リピトール・
メバロチン・ローコール・リポバスなどが挙げられます。

薬の良さとしては前の3つか強スタチン・後ろ3つが弱スタチンと
呼ばれています。これらスタチン系薬は主にLDLコレステロール、
所謂悪玉コレステロールを主に下げてくれる薬になります。

次に多く使われている薬といえば、フィブラート系と呼ばれる薬です。
商品名としてはベザトール・リピディル・トライコアなどが挙げられます。
これらの薬はスタチン系とは異なり、LDLよりも中性脂肪を
下げやすいという特徴があります。

場合によっては、これらスタチン系とフィブラート系の薬を
併用することもありますが、横紋筋融解症(筋肉が溶けてくるような副作用)の
リスクが高まると言われているため、使用は慎重に行わなければなりません。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

仕事で疲れた時のストレス発散法

もう、50才が近づいてきた。毎年の健康診断では腹囲まで測られる。 いくら年配の看護師さんにだって気恥ずかしい。 ビール腹の完璧なメタボ腹をさらけ出すことの惨めさは、当人ではないと 分からないだろう。 …

no image

サプリメントを飲み忘れず、習慣的に口にするコツ

美や健康のためにサプリメントを買ったはいいものの、 最初は一生懸命飲んだが、気がついた時に飲む程度になって、 結局は戸棚に眠ることになる・・・。 こうしてお金を無駄にしてしまった経験は無いでしょうか? …

no image

中性子治療が新たながん治療の切り札となるか

がん細胞だけを狙い撃ちして破壊する先端技術「ホウ素中性子捕捉療法」 (BNCT)が、本格的な普及に向けて動き出したという記事を見ました。 今までも重粒子線というものを使った治療は行われていたそうですが …

no image

中性脂肪とエネルギー源

脂肪・・と聞くといいイメージがないのが 普通だと思いますが、私たちのからだには ある程度の脂肪組織が必要です。 その脂肪組織の中でもっとも多く分布しているのが 中性脂肪です。 中性脂肪はトリグリセライ …

no image

グルテンフリーダイエットで痩せる

数あるダイエット法のなかで、最近かなり注目されている方法を紹介します。 グルテンフリーダイエットです。 グルテンとは炭水化物に多く含まれている成分で、大量に 摂取しすぎると、カロリーオーバーを起こしや …

アーカイブ