健康

コレステロール治療薬とその分類

投稿日:

009640
高コレステロール血症、その言葉よりももしかすると
高脂血症とい言葉の方が聞き覚えがあるかもしれません。

世の中、食事の欧米化が進み、血中コレステロール値が
高くなってきている傾向にあります。
血中コレステロールが高くなるとどうなるのか、それは
多くのメディアを通してたくさんの方が把握されているとおり、
動脈硬化・心筋梗塞などのリスクが大幅に高まってしまうのです。

さて、高脂血症の治療は基本的には運動療法、食事療法と
言われていますが、その2点をしっかり行っていても、
もしくは生活スタイルの関係で改善が難しい場合には薬物治療が行われます。

高脂血症の治療にはいくつもの種類の薬がありますが、現在の治療で
一番使われている薬はスタチン系といわれる薬です。

商品名としては、リバロ・クレストール・リピトール・
メバロチン・ローコール・リポバスなどが挙げられます。

薬の良さとしては前の3つか強スタチン・後ろ3つが弱スタチンと
呼ばれています。これらスタチン系薬は主にLDLコレステロール、
所謂悪玉コレステロールを主に下げてくれる薬になります。

次に多く使われている薬といえば、フィブラート系と呼ばれる薬です。
商品名としてはベザトール・リピディル・トライコアなどが挙げられます。
これらの薬はスタチン系とは異なり、LDLよりも中性脂肪を
下げやすいという特徴があります。

場合によっては、これらスタチン系とフィブラート系の薬を
併用することもありますが、横紋筋融解症(筋肉が溶けてくるような副作用)の
リスクが高まると言われているため、使用は慎重に行わなければなりません。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

運動していますか?

あなたは運動していますか? おそらく多くの人が「いいえ」と答えると思います。 「時間がなくて。」 「運動が嫌いだから。」 「面倒だから。」 理由は人それぞれだとは思いますが、 上の様な理由がほとんどで …

no image

体重が重い=肥満ではない

今回のテーマは体重が重い=肥満ではないと いうことです。 肥満が健康の敵であるということは、 誰でも知っていることになります。 でも、肥満とはどういう状態をいうのか?と 聞くと、体重が重いことと考える …

no image

マクロビオティックでダイエット

近年、その存在が注目されているマクロビオティック。 女性であればこの名前を聞いたことがある方も 多いのではないかと思います。 マクロビオティックの効果はダイエットだけではありませんが、 これからダイエ …

no image

足の疲れをとるマッサージ

日本人が一日で歩く平均の歩数を統計した調査によると男性では7千歩近く、 女性では6千歩近く歩いていることがわかっています。 毎日の生活で知らず知らずに酷使している足ですが、 疲れがたまってきてこったり …

no image

生活習慣病予防に有効なトレーニングは何か

適度な運動をすることが慢性的な生活習慣病に有効なことは 異論のないところだと思いますが、では筋トレなどの瞬発的な 運動とランニングなどの有酸素運動とではどちらの運動の方が 生活習慣病予防の観点では有効 …

アーカイブ