健康

コレステロール治療薬とその分類

投稿日:

009640
高コレステロール血症、その言葉よりももしかすると
高脂血症とい言葉の方が聞き覚えがあるかもしれません。

世の中、食事の欧米化が進み、血中コレステロール値が
高くなってきている傾向にあります。
血中コレステロールが高くなるとどうなるのか、それは
多くのメディアを通してたくさんの方が把握されているとおり、
動脈硬化・心筋梗塞などのリスクが大幅に高まってしまうのです。

さて、高脂血症の治療は基本的には運動療法、食事療法と
言われていますが、その2点をしっかり行っていても、
もしくは生活スタイルの関係で改善が難しい場合には薬物治療が行われます。

高脂血症の治療にはいくつもの種類の薬がありますが、現在の治療で
一番使われている薬はスタチン系といわれる薬です。

商品名としては、リバロ・クレストール・リピトール・
メバロチン・ローコール・リポバスなどが挙げられます。

薬の良さとしては前の3つか強スタチン・後ろ3つが弱スタチンと
呼ばれています。これらスタチン系薬は主にLDLコレステロール、
所謂悪玉コレステロールを主に下げてくれる薬になります。

次に多く使われている薬といえば、フィブラート系と呼ばれる薬です。
商品名としてはベザトール・リピディル・トライコアなどが挙げられます。
これらの薬はスタチン系とは異なり、LDLよりも中性脂肪を
下げやすいという特徴があります。

場合によっては、これらスタチン系とフィブラート系の薬を
併用することもありますが、横紋筋融解症(筋肉が溶けてくるような副作用)の
リスクが高まると言われているため、使用は慎重に行わなければなりません。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

乾燥肌とフケについて

冬場になると、白い雪のようなフケに悩まされている方は、意外に多いそうです。 これは、乾燥肌によるフケかもしれません。 典型的な症状としては、手やブラシで髪をとくと、白い雪や白い粉の ようなフケがハラハ …

no image

冬の暖房による乾燥

冬の乾燥と言うと、肌の渇きなど、美容系、皮膚系に 特化しがちですが、外側が乾くということは、当然、 体の中も乾燥状態になるのです。 そういう理由により、実は高齢者の水分補給は、 夏より冬を、より気を付 …

ほぐれっち

体のコリの悩みに「ほぐれッチ」通販 ~体をほぐす~

体がこってしかたがない、体全体が 硬くなって困っている人は結構多いと 思います。 一時的なものなら湿布を貼ってとかで 対策も出来ますが、慢性的なものだと どうしようもなくて参っていたりすることも ある …

no image

乾燥肌対策「手」について

秋から冬にかけては、手の乾燥でお悩みの方も多いかと思います。 毎日の家事などで手がカサカサになったり、しもやけやアカギレで血がにじんできたり、 空気が乾燥する季節は手の乾燥肌対策として、ハンドクリーム …

no image

ストレスは中性脂肪を増やす

今、ストレスが全く皆無です、なんてことを言える人は ほとんどいないというくらい現代はストレス社会になっています。 ストレスも一時的なものであれば、それほど問題には ならないと思いますが、それがずっと続 …

アーカイブ