健康

コレステロール治療薬とその分類

投稿日:

009640
高コレステロール血症、その言葉よりももしかすると
高脂血症とい言葉の方が聞き覚えがあるかもしれません。

世の中、食事の欧米化が進み、血中コレステロール値が
高くなってきている傾向にあります。
血中コレステロールが高くなるとどうなるのか、それは
多くのメディアを通してたくさんの方が把握されているとおり、
動脈硬化・心筋梗塞などのリスクが大幅に高まってしまうのです。

さて、高脂血症の治療は基本的には運動療法、食事療法と
言われていますが、その2点をしっかり行っていても、
もしくは生活スタイルの関係で改善が難しい場合には薬物治療が行われます。

高脂血症の治療にはいくつもの種類の薬がありますが、現在の治療で
一番使われている薬はスタチン系といわれる薬です。

商品名としては、リバロ・クレストール・リピトール・
メバロチン・ローコール・リポバスなどが挙げられます。

薬の良さとしては前の3つか強スタチン・後ろ3つが弱スタチンと
呼ばれています。これらスタチン系薬は主にLDLコレステロール、
所謂悪玉コレステロールを主に下げてくれる薬になります。

次に多く使われている薬といえば、フィブラート系と呼ばれる薬です。
商品名としてはベザトール・リピディル・トライコアなどが挙げられます。
これらの薬はスタチン系とは異なり、LDLよりも中性脂肪を
下げやすいという特徴があります。

場合によっては、これらスタチン系とフィブラート系の薬を
併用することもありますが、横紋筋融解症(筋肉が溶けてくるような副作用)の
リスクが高まると言われているため、使用は慎重に行わなければなりません。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

ネガティブな言葉を出してストレス解消

「愚痴をこぼすな」 「文句ばっかり言うな」 など、ネガティブな言葉を使うことはダメだと言われています。 しかし、実際のところはそうでもないのです。 ある心理テストで リストラした人に対して 1.不満を …

no image

肥満が引き起こす病気

最近、肥満ということが非常に気になってきています。 まだ明らかな肥満というわけではありませんがお腹が ぽっこりしてきています。 そこで、肥満が引き起こす病気ということで調べてみました。 ・脳血管疾患 …

no image

風邪を早く治すには?

風邪を早く治すには、十分な休養と睡眠をとることが必要です。 それにバランスのよい食事をとることも大切ですね。 栄養のよい食事をとることで体力が消耗された身体を しっかりともとに戻してしまうということで …

no image

赤ちゃんの便秘と原因

赤ちゃんにはいろいろな健康トラブルがあり、 まだ体がデリケートな状態のためいろいろと気になる ところがあります。 その中でも身近なトラブルとしては「便秘」というものが あります。 赤ちゃんの場合、どれ …

no image

プチ断食とは?

プチ断食・・・完全な断食というわけではなく、 1日のうち1食もしくは2食を抜いたり、 ヨーグルトやジュース等で食事を代用するという ダイエットになります。 ダイエット方法は本当にいろいろな呼び方があり …

アーカイブ