健康

コレステロール治療薬とその分類

投稿日:

009640
高コレステロール血症、その言葉よりももしかすると
高脂血症とい言葉の方が聞き覚えがあるかもしれません。

世の中、食事の欧米化が進み、血中コレステロール値が
高くなってきている傾向にあります。
血中コレステロールが高くなるとどうなるのか、それは
多くのメディアを通してたくさんの方が把握されているとおり、
動脈硬化・心筋梗塞などのリスクが大幅に高まってしまうのです。

さて、高脂血症の治療は基本的には運動療法、食事療法と
言われていますが、その2点をしっかり行っていても、
もしくは生活スタイルの関係で改善が難しい場合には薬物治療が行われます。

高脂血症の治療にはいくつもの種類の薬がありますが、現在の治療で
一番使われている薬はスタチン系といわれる薬です。

商品名としては、リバロ・クレストール・リピトール・
メバロチン・ローコール・リポバスなどが挙げられます。

薬の良さとしては前の3つか強スタチン・後ろ3つが弱スタチンと
呼ばれています。これらスタチン系薬は主にLDLコレステロール、
所謂悪玉コレステロールを主に下げてくれる薬になります。

次に多く使われている薬といえば、フィブラート系と呼ばれる薬です。
商品名としてはベザトール・リピディル・トライコアなどが挙げられます。
これらの薬はスタチン系とは異なり、LDLよりも中性脂肪を
下げやすいという特徴があります。

場合によっては、これらスタチン系とフィブラート系の薬を
併用することもありますが、横紋筋融解症(筋肉が溶けてくるような副作用)の
リスクが高まると言われているため、使用は慎重に行わなければなりません。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

夜寝る前の部屋と体(喉)の乾燥対策

部屋の乾燥対策は、エコを考えると 暖房にエアコンを使ったり 加湿器を使うことは、あまり考えたくないのです。 布団をまず、布団乾燥機で温めておきます。 ない人は、掛け布団をめくっておくことが大切です。 …

no image

中性脂肪とエネルギー源

脂肪・・と聞くといいイメージがないのが 普通だと思いますが、私たちのからだには ある程度の脂肪組織が必要です。 その脂肪組織の中でもっとも多く分布しているのが 中性脂肪です。 中性脂肪はトリグリセライ …

no image

ペットボトルの飲み残しと細菌の問題

ペットボトルの飲み残しに注意と ヤフーのトップニュースで出ています。 ニュースで取り扱った内容のようで、 この猛暑の中でペットボトルに直接口を つけて飲むと8時間経ったあとの ペットボトルから細菌が検 …

no image

はちみつ紅茶の効果は?

今、季節柄といいますが風邪をひいて喉を痛めて しまっています。 そんなわけで普段は紅茶を結構飲んでいるのですが、 喉を癒すためにはちみつを買ってきて、はちみつ紅茶と いうのも作ってみました。 といって …

no image

口臭を消す方法は歯磨き・唾液・乾燥防止

口臭の悩みというのは尽きないもので 頻繁に口臭対策、口臭を防止する方法というのが 特集されます。 気にしすぎはよくなくて、他の人はそれほど 届かないという声もあり、確かに気にしすぎに よるストレスは余 …

アーカイブ